Home > ブログ

ブログ

2018.11.2

高校1・2年生は英語・数学・国語中心の勉強を

こんにちは。沖縄本校,普天間校で英語を教えている安里です。

 

 今回は,特に高1・高2の合格を目指す受験勉強の重点項目について書きます。

 

 まず,学校での勉強と塾・予備校(つまり沖ゼミ)での勉強に違いについて。

 

 学校では,英語・数学・国語と理科・社会のすべての教科・科目を全部やる。沖ゼミでは高1・高2の間は,英語・数学・国語をやり,理科・社会は高3からスタートする。

 

 つまり,受験という観点からは,高1・高2の間で,英語・数学・国語を先にマスターせよということだ。英語・数学・国語は得点力をあげるには時間がかかるからだ。しかし,一度上がるとなかなか下がらない。理科・社会の本格的な勉強は例外を除いて,高3になってからでいい。

 

 そして,学校での授業はすべての科目に力を入れるようなカリキュラムになっているが,英語・数学・国語に力を入れる勉強をしたい。それ以外は,ついていける程度でよい。それから,学校では,受験にはあまり役には立たない,課題や宿題が多いが,要領よく片付けて,勉強時間の多くを英語・数学・国語にあてる。

 

  加えて注意点。1日の勉強時間で英語・数学・国語をどのような時間配分で勉強するかについて。

 生徒の中には,今日,あるいは3日くらいは数学だけ,またある日英語だけをやって,というように1日に1科目だけ集中する勉強をしている生徒がいるが,その勉強法はダメ。例えば,1日に平日4時間勉強するならば,英語・数学・国語を1時間ずつ。そして,あと1時間を他科目,あるいは学校の宿題・課題にあてる。また,日曜日に10時間勉強(難関大学志望者)するとして,英語・数学・国語を3時間ずつ,残り1時間を他科目,あるいは学校の宿題・課題にあてる。あるいは,日曜日に7時間勉強(琉球大学(医学科以外)・県立看護大学・名桜大学志望者など)するとして,英語・数学・国語を2時間ずつ,残り1時間を他科目,あるいは学校の宿題・課題にあてる。

 

 この勉強時間の配分は,得意不得意で,あるいは志望によって割合を変えればよいが,1日1科目だけに集中する勉強はしないようにしよう。

 

 

16:33 | 沖縄本校
マスキングテープ

2018.10.9

二週続きの台風から

〇 センター試験の出願が始まりました

 

高3生は高校から一括して出願となります。所属する高校の指示に従ってください。

 

過卒生のみなさんは、各自で出願となります。

(もちろん、みんな知っているとは思うけど)

 

必要な書類は、揃っていますか?

検定料は、納入しましたか?

期日までに、忘れずに出願しましょう。

 

※センター試験の出願期間:10月1日(火)~10月12日(金) 最終日消印有効

 

 

〇 秋はじっくりと実力をつけよう

 

夏期講習までに、基礎知識の確認ができた人は、秋=後期講習の間に、しっかりと問題を解いて得点力を上げましょう。

 

そのときまず考えるのは、

 

①志望校に受かるための目標点は何点か?

 

②現在の実力はどれくらいか?

 

③目標点にたどり着くには、どれくらい実力をアップすればよいか?

 

ということです。そして、そのために何をするべきなのかを考えて実行しましょう。

 

満点を目指す前に、まず「合格点」を目指しましょう。

 

 

〇 今 何をすればよいか

 

基礎的な学習がある程度しっかりできた人は、上記①~③をふまえて、自分で考えることができるでしょう。

 

大まかなことを言えば、多くの科目で、「基礎知識」がしっかり身についていれば、それだけでかなりの得点力のはずです。

 

「基礎知識」がしっかりしている科目

⇒入試レベルの問題を解いて、得点力のさらなるアップを目指しましょう。

 

※問題演習の後は、〈できなかったところ・知らなかったこと〉を、すべて解決できるように、復習しましょう。やりっぱなしでは、実力がつきませんよ。

 

「基礎知識」に不安のある科目(範囲)

⇒「基礎知識」の確認をまず行い、得点力を上げましょう。

 

 

特に、高3生の中には、まだまだ「基礎知識」の不十分な科目を抱えている人もいると思います。

 

それは、高3生には珍しくないことなので、あわてずに「基礎知識」の確認をしましょう。

 

基礎固めができない状態で、入試レベルの問題を解いても、分からないことが多くて、効果が上がらないことが多いと思います。

 

基礎知識が不充分なら、まずあわてずに「基礎固め」をしっかりやりましょう。

 

 

〇 困ったら、アドバイザーや講師に相談しましょう

 

不安なことや困ったことがあれば、アドバイザーや講師に、気軽に相談してください。

 

 

 

2018年10月9日(火)

沖縄校 大石

18:10 | 沖縄本校
マスキングテープ

2018.9.28

「捨て方」で決まる

沖縄校英語科の松本です。

 

今回のテーマは、センター英語の「点数の捨て方」です。

(すでにセンター英語筆記で160点以上が安定して取れている人は読まなくてもかまいません)

 

僕なりの「点数」の定義は、

点数=努力×戦略です。

 

努力が足りているなら、自分に合った戦略があれば点数は上がります。

(努力せずに戦略のみで乗り切ることは不可能)

 

大問ごとの時間配分を守ろうとして焦るなら、それは全問を解くことを優先しているからです。

 

配分時間内に収まらない可能性がある小問をあらかじめ決めておけば、

もともと解く予定のない問題なので、間に合わなくても問題ありません。

 

例えば、間に合わない予定の問題を30点分、各大問に分散させて設定しておくなら、

自分にとっての満点は170点ということです。

そこからさらに30点失点があっても、まだ140点あります。

 

時間配分は絶対に守らなくてはならないので、

決めた時間が経ったら、解いていない問題があってもマークだけして次の大問に進みましょう。

できれば、小問2つが残った段階で時計を確認して下さい。

その時点で何分残っているかで、残りの問いを責めるか撤退するかを決めることができます。

大問が終わった時点で時計を見たら、既に時間オーバーしているかもしれません。

 

時間配分を守れない

=問題の難易度が自分の力より上

=粘っても得点は期待できない

 

目的は得点を上げることであり、

全問に解答することではありません。

 

自分の守備範囲内で解けるものしか解かない。

これが得点の捨て方です。

 

守備範囲(=自分にとっての満点)をいったん狭め、

自信がついてから段階的に200点に近づければOKです。

 

満点 ― 失点 = 得点(満点=80分で解く分量、失点=解いたけど間違えた点数)

Aさん 満点:200点  失点:120点  得点:80点

Bさん 満点:170点  失点:30点  得点:140点

 

80分で170点分しか解かなかったBさんの方がボーダーラインに乗る可能性が高いのは明らかです。

満点は、200点である必要はありません。

140点を取るということは、60点を計画的に捨てることです。

 

手を広げて惨敗するより、守備範囲を狭めてでも得られるものを最大化するべきですね。

マスキングテープ

2018.9.18

沖縄本校から前門です。

 

いつものように数字の話から。

センター試験まであと123日となりました。

123日前は5月18日でした。

5月18日から今日まで、どのように過ごしてきました?

うまくいっている人はこの調子でがんばりましょう!

うなくいっていない人は計画を立て直しましょう。

時間がもったいないですからね。

 

夏休みも終わり、そろそろやる気が落ちてくる時期です。

ダラダラしてしまうときは、先生に相談しましょう。

できることから始めていこうじゃありませんか。

15:39 | 沖縄本校
マスキングテープ

2018.9.14

推薦入試で合格をめざせ!

こんにちは。沖縄本校,普天間校で英語を教えている安里です。

 

今日は,「推薦入試で合格をめざせ!」について書きます。

 

なぜ推薦入試で合格を勧めるかと言いますと,一つには,一般入試で合格するにはプラス1年~2年かかかる(1浪~2浪),あるいは浪人しても受かりっこないような大学・学部・学科に,推薦だと現役で合格する可能性があるからです。おいしいよね。

 

しかし,おいしい推薦入試を敬遠する生徒も多い。理由はたいてい2つ。この2つはたいてい間違った思い込みの場合が多い。

 

推薦入試を敬遠するまちがった理由① 評定が足りない

 

確かに,高2までの評定が3.0とかの場合には,受験資格が得られない場合がある。しかし,これからの中間,期末テストで頑張れば,何とか受験資格が得られる場合は,評定を上げて推薦入試にチャレンジできる。

一例をあげると,私が担当した生徒の中に,高2終了段階で評定が4.5の生徒で,推薦を受けることをあきらめていた生徒がいました。しかし,高3の一学期にオール5をとれば受かるよと励ました生徒で,がんばって実際に高3の一学期にオール5をとって,学校代表に選ばれ,見事,難関の琉球大学,医学部医学科の地域枠推薦(評定は4.8程度以上は必要)に受かった生徒がいます。

 

推薦入試を敬遠するまちがった理由② 小論とか面接が大変そう

 

 一般入試で,プラス1~2年勉強するほうがはるかに大変です。

 ほとんどの生徒がこれまで小論をやったことがないとか,面接は苦手だといいます。しかし,沖ゼミでは小論,面接対策をやるから,だいじょうぶ!

 これまでにも,多くの先輩たちが推薦で受かっています。

 これも一例をあげます。筑波大学・医学群・看護学類志望で,推薦入試は英語小論と面接の生徒がいました。英語が不得意で,学校からも英語が不得意だから筑波大学には受かりっこない,と言われていたそうです。で,沖ゼミでの対策を徹底してやった。英語小論対策は私がやりました。合格しました。

本人も受かってびっくり。「奇跡だね,先生」と言っていました。奇跡的なことも起こります。

 

以上,志望大学で推薦が受けられそうな場合には,推薦入試を利用するよう強く勧めておきます。

 

安里

19:20 | 沖縄本校
マスキングテープ

2018.9.11

模試

第2回全統マーク模試の結果が返って来て

「良かった~上がってる~」と胸を

撫で下ろしているいる生徒や

「ヤバい~マークミスしてる~」と

嘆く生徒・・・

本番では、ミスの無いよう気をつけて

もらいたいと願うばかりですが・・・

 

河合全統記述模試の申込みが始まっています

申込み忘れのないように掲示物は、しっかり

確認して下さい

沖縄校  野原

17:39 | 沖縄本校
マスキングテープ

2018.9.4

夏期の振り返りをしよう。

こんにちは、沖ゼミ沖縄校比嘉です。

夏期講習も終わり、後期講習が始まりましたね。

 

ところで、みなさんは夏期の振り返りをしましたか?

まだの生徒は、ぜひ早めに夏期の振り返りをしてみてください。

振り返りをしないのは、答え合わせをせず、ひたすら問題を解くだけの状態と同じです。

どこが出来ていてどこが間違えていたか分かれば、次に活かせるので学力もつきます。

 

振り返りを行う際に大事なことは「科目ごとに」「具体的に」考えることです。

例1「なんかイマイチだったかも…」

→これは悪い例です。次に何をすればよいか分かりません。

例2「古文は、文法問題集目標通り終了できた!でも古文単語が終わらなかった!」

→このように具体的に振り返ると、これから何をどのように勉強するかはっきりしてきます。

 

目標達成できた点は、自分をしっかり褒めたたえ、できなかった点は「何を」「どのように」「いつまでに」勉強していくか考えましょう。

 

困っていることなどがあれば、早めに先生やアドバイザーに声をかけてください。

合格に向けて9月もがんばっていきましょう。

 

19:31 | 沖縄本校
マスキングテープ

2018.8.10

杯盤狼藉(はいばんろうぜき)、宴のあと

沖縄校英語科の松本です。
今回は、とっちらかった感じでまいります。


夏目漱石の「彼岸過迄」という作品の中に、こんなセリフが登場します。

「君、教育は一種の権利かと思っていたら全く一種の束縛だね。いくら学校を卒業したって食うに困るようじゃ何の権利かこれ有らんやだ。それじゃ位地はどうでも可いから思う存分勝手な真似をして構わないかというと、矢っ張り構うからね。厭に人を束縛するよ教育が」
(注:文中の「位地」とは、社会的地位のこと)

簡単に言えば
「就職できずにフラフラしてたらバカにされた。ハーバード卒のくせにとか言うなや。どないせえっちゅうねん。」
みたいな感じです。

大学は、アウトプットの為の情報をインプットする場所です。
それを手に入れる為の基本的手段が、大学受験です。

しかし、知識や情報は仕入れただけでは使えません。

しかも、今ある仕事はどんどん人工知能(AI : artificial intelligence)に取って代わられます。

そこで、人間にしか読み取れない「空気感」や「感情の機微」といった側面にアプローチするために、仕入れた知識の融合が役立ちます。

だから、「この情報は何に活かせそうか?」と考える習慣が大切ですね。
その先に、今はまだ存在しない仕事の創造があります。
実際のところは、「興味関心を突き詰めたら結果として今までにない仕事が出来上がった」が正しいと思いますが。

そして、これだと思ったら、一心不乱に突き進みましょう。いつか突き抜けます。


ところで、三島由紀夫の「宴のあと」に、こんな一節がありました。

一旦心に念じたことは必ず実現するという彼女の理不尽な確信が、これほど来る日も来る日も心の唯一の支えになったことはない。」

現代社会を取っている高校生は、「宴のあと」をぜひ一度読んでみて下さい。
「プライバシー裁判」または「宴のあと裁判」でおなじみですね。

関係ないですが、この作品でモデルとなった元外務大臣の有田八郎氏は、僕の遠い親戚です。
確かに親戚のあの人と顔がそっくりだわ(笑)
うん、実にまとまりがない。
マスキングテープ

2018.7.27

受験生,高2生は1日何時間勉強したらいい

 こんにちは,沖縄本校,普天間校,読谷校(読谷校は夏のみ)で英語を教えている安里です。

 

 今日は,大学受験生の1日の勉強時間について書きます。

 

 大学受験生(高3生と浪人生)の1日の勉強時間は,琉大・医学部・医学科など医学科や旧帝大,私大なら早稲田・慶応・上智大など難関大学なら1日12時間~15時間(1日の適正睡眠時間が7時間の場合12時間,6時間の場合が13~14時間,5時間の場合が15時間ということ),琉大で医学部・医学科以外の学科や県立看護大学,名桜大学なら1日10時間というのが,標準的な1日の勉強時間と私は考えています。平日は,高3生の学校の授業プラス塾での授業プラス自己学習の時間,浪人生では塾の授業プラス自学自習の時間ですが,わかりやすいのは,授業のない日曜日に何時間勉強しているかです。

 

 それで,特に高2の英語難関クラスや応用クラスで,医学部・医学科とか旧帝大をはじめとする難関大学を目指す場合には,そろそろ,高2で1日10時間勉強をするように話をすると,最初の生徒の反応は「エーーーッ」という悲鳴を上げるか,沈黙するかである。最近は受け入れているようですが。

 

 本土の受験生なら東大,京大などや医学科など難関大学を目指す場合には,小学校の高学年から1日12時間勉強をしている。という,話をしてきた。生徒の反応は「ホントかな」だった。

 

そうすると,去年の春,天才子役女優の芦田愛菜ちゃんが有名私立中学(慶應義塾中等部)に合格,というニュースがあった。やはり,1日の受験勉強時間が12時間だった。それで,1日の勉強時間の話をするときには,今では芦田愛菜も中学受験,つまり小学校6年生のときでさえ1日12時間勉強していたという話をしている。

 

学力,合格力は勉強時間に比例する。

 

琉大・医学部・医学科など医学科や旧帝大学や難関私大など難関大学を目指す場合には,受験生ならば1日12時間~15時間,高2生なら1日10時間の勉強時間を確保しよう。

 

琉大・医学部・医学科以外の学科や沖縄県立看護,名桜大学や同レベルの大学を目指す場合には,1日10時間の勉強時間を確保しよう。高2生なら1日6~7時間の勉強を確保しよう。

 

この勉強時間を毎日続けて,志望校合格を勝ち取るのだ!

 

安里

マスキングテープ

2018.7.24

7月の猛暑

7月も下旬になりました

現役生が夏休みに入りました

朝から来る現役生を見て少しずつ焦りが出てきている

過卒生もいますが・・・

現役生のパワーに負けずに自分のペースを少しずつ

上げて頑張って行きましょう

 

外のギラギラした恐ろしい暑さ・・・

室内のキンキンに冷えたクーラー・・・

出入りでの温度差がある為、体調をとても崩しやすい

時期になっています

熱中症にならないように、しっかり日焼け対策・水分

補給をしっかりして、教室内では羽織る物を必ず常備

するようにして体調管理に気をつけましょう

 

夏バテしないように気をつけて、みなさん頑張って下さい

 

模試の申込みも始まっているので掲示物は

 必ず確認して下さい

 

沖縄本校 受付 野原でした

14:55 | 沖縄本校
マスキングテープ
1 2 3 4 5 6 11
資料請求はこちら体験指導のお申込みはこちら