Home > ブログ

ブログ

2018.3.12

続!中部地区合格速報(3/12現在)

こんにちは、沖縄受験ゼミナール中部地区の合格速報です♪

(3月12日現在)

 

旧帝大    

県外国公立 28 

琉大医学科   

琉大    74 

県看・名桜  

県外12

県内12①

県内12②

県内12③

※許可を頂いた生徒のみ掲載しています。

 

合格を勝ち取った皆さん、おめでとうございます♪

まだまだ合格者が出ますので、ご期待ください!

19:18 | 沖縄本校
マスキングテープ

2018.2.7

受験勉強と映像授業

「時間割で映像授業の設定があるのは 中2、1年生になってるけど
中3生は利用してはいけないんですか?」と先日尋ねられました。

皆さんこんにちは、映像授業で地理を担当している秀島です。
最近は寒暖の差が激しいですが体調管理は万全ですか?

さてその質問の返事ですが…
「もちろん利用できます。『ただし、…』がつきますが…。」と答えました。
というのも、映像授業の目的は
①予習教材として学校の授業よりも先に受講する
②学校の定期テスト対策として受講する
③定期テスト前だけではない、日頃から理社の学習習慣を身につける
④復習教材として何度でも繰り返し受講できる
⑤受講者の設定は「初級~中級者」である、になっているからです。
これからじっくりと時間をかけて理社の学習をしていく人に向けて
その心構えやコツ、学習の進め方についてヒントになることなどを話しながら
授業をしていく内容になっています。

これは「上級者」つまり受験生にとっては
時間的に「お得」ではない構成になっているということです。
あまり理解できていない単元なら
映像授業を利用するのもいいでしょうが
知識が抜けている部分だけをちょっと補う程度の勉強なら
自分で教科書を使って確認した方が数倍速いはずです。

どんなに良い教材であっても
目的に合わせて使わなければ効果が上がりません。
受験生にとって勉強時間はとても貴重な価値を持つものです。
よくよく考えて映像授業を利用するかしないか決めてください。

2月に入りいろんな試験が本番を迎えます。
「試験」と名のつくものは合格する/しないで人生に大きな影響を与えます。
目標に向かって努力する「勉強」をしなければ突破できません。
そして「勉強」には「時間」が絶対に必要です。
3月6日までの限りある時間は大切に使い
計画的、能率的に受験勉強を進めていきましょう。
中等部の生徒の皆さんはもちろんのこと
沖ゼミ所属の全受験生が試験に合格できるように願っています。

マスキングテープ

2018.1.19

センター試験

 

1月13日(土)・1月14日(日)センター試験が終わり

 

疲れ切ってゆっくり睡眠を取りたいはずの翌日15日(月)

朝7時からのセンターリサーチを終えた生徒のみなさん

本当にお疲れ様でした

 

思うように出来た人・・・

思うように出来なかった人・・・

 

それぞれ色々な思いがあり不安や安堵な気持ちになっていると

思いますが、面談期間に担任の先生と二次対策&後期への事を

しっかり話して、合格への道を進めて行きましょう

 

まだまだ機会&挽回は出来るはずなので

最後まで諦めずに頑張りましょう

16:33 | 沖縄本校
マスキングテープ

2018.1.16

とりあえず…

 

センター明け何かあったら相談においでね

森さんでした

 

マスキングテープ

2018.1.12

☆★☆明日はセンター試験☆★☆

IMG_1250 IMG_1253 IMG_1254 IMG_1257 IMG_1259

 

受験生のみなさん!

 

とうとう明日は、センター試験の1日目です!!

 

これまでの間に多くの苦しいことや楽しいこと、

 

辛いことがあったはず!

 

明日は、正々堂々と、みなさんが出せる全力で

 

やれることを精一杯やってきて欲しいと思います!!

 

月曜日、みなさんの晴れやかな姿を期待しています。

 

沖ゼミ 沖縄本校 staff 一同

22:26 | 沖縄本校
マスキングテープ

2018.1.12

明日はセンター試験!!

こんにちは、沖ゼミ沖縄校の比嘉です。

明日はついにセンター試験です。

 

受験生のみなさん!

まずは深呼吸です。

いつも以上のことをする必要はありません。

いつも通りに取り組めたら自分の力は発揮できます。

今までの努力の成果を発揮できるよう、落ち着いて頑張りましょう!

 

高2生のみなさん!

センター試験まであと一年です。

漠然と過ごすとあっという間に月日は流れてしまいます。

自分の目標を明確にして勉強スケジュールを立てましょう。

何をどうやったらいいか分からない…などありましたら、

アドバイザーや担当の先生に相談してください。

 

みなさんが自分の努力の成果をしっかり発揮できますように。

健闘を祈ります!

19:24 | 沖縄本校
マスキングテープ

2017.12.26

年末年始の予定(沖縄本校・普天間校・読谷校)

こんにちは。中部地区でも昨日から冬期講習が始まりました。

はやいもので、今年も残すところ1週間をきりました

ここで、少し年末年始の予定を確認しておきましょう

12月25日(月)~1月12日(金)

・冬期講習

12月31日(日)~1月3日(水)

・通常授業お休み

12月31日(日)・1月1日(月)

・沖縄本校、普天間校、読谷校ともに完全閉館

1月2・3日(火・水)

・普天間校と読谷校は閉館 ・センター直前模試(申込者のみ)

1月4日(木)

・通常授業再開

1月13・14日(土・日)

・センター試験

1月15日(月)

・センターリサーチ(過卒生)※現役生は学校で実施

1月16日(火)~1月20日(土)

・面談期間 ・私大対策開始

1月22日(月)~

・国公立2次対策開始

 

昨日からまた寒くなってきているので、体調管理には十分に気を付けて

頑張っていきましょう職員皆で全力でサポートしていきます

16:11 | 沖縄本校
マスキングテープ

2017.12.20

ちょっとした数学の話

沖縄本校から吉川です。

 

たまには数学の話でも…

①「数えきれないほどの○○」

数えきれないものってあるのでしょうかね?そもそも数えきれるとは何でしょうか?

数えきれるとは,

「自然数と1対1に対応させることができる(全単射が存在する)」

ことをいいます。

数えきれないほどの宿題ということは,自然数と対応しきれないということです。

ありえないですよね。

※そもそもこの世にあるもののほとんどは有限なので,数えきれないということはないですね

②「素数」

素数は有理整数の範囲では,これ以上分解できません。

ところが、複素数の範囲で考えると,

2=(1+i)(1-i)

5=(2+i)(2-i)

と分解できてしまいます。

※a+biで,a,bがともに整数である複素数をガウス整数といいます。

ガウス整数は2次試験でも、たまに出できたりしますね。(最近では東北大で出題されたかな

このガウス整数を利用すると,ピタゴラス数に関する性質が簡単に証明できたりするんですよ

③「極限」

数学Ⅱや数学Ⅲで「極限」を学習します。この単元では,数学には珍しく曖昧な表現がされてますよね!

「xが0に近づく」とか,「a_nは0に収束する(近づく)」とか………「近づく」ってなんや!!

どこからが近づいて,何が近づいてないことになるんや!って思いませんか?

それは実はε-N論法(ε-δ論法)というもので解決されているんですね

詳しくは…大学生になってから学んでくださいね

 

 

 

 

20:14 | 沖縄本校
マスキングテープ

2017.12.20

「年末」に関する考察

もう12月も後半になりました。
早いもので今年が終わろうとしています。
けれど「年度」の単位が生活に密着している現代の日本人にとっては
「一年の計は…」という昔の言葉は実感が湧かないかもしれません。

 

皆さんこんにちは。
映像授業で地理を担当している秀島です。

 

「年度」は4月に始まり翌年3月に終わるものだと思っていませんか?実は違います。
いろんな「年度」がたくさん存在していて4月から始まるとは限らないのです。

 

私たちにとってなじみ深い4月開始の「年度」は明治時代に始まりました。
「会計年度」と言って実は税金が関係しています。
平安時代に旧暦での「1月-12月」が制定されて以来
明治維新まで続いていましたが
最初は稲の収穫に合わせるということで「10月-翌年9月」年度に変更になりました。
次に旧暦から新暦への切り替えで「1月-12月」年度になり
それから地租改正による納税期日に合わせて「7月-翌年6月」年度へ
最後に酒税の納期に合わせて現在の「4月-翌年3月」年度制が定着しました。
これらの変化は明治2年から明治22年の間に起きたのですが
度重なる変更の結果21年間に実際には24年間分も納められた税金もあったそうです。
何か計算が合いませんね。

 

税金は行政を行うにはなくてはならないものなので
これに地方自治体や学校のスケジュールを合わせることになり
4月開始の「年度」は生活に定着していったのです。

 

さて年末の話でしたが本格的な受験シーズンの始まりでもあります。
特に受験生の皆さんはクリスマスもお正月も
休憩「オン」の状態で過ごしてください。
そして気持ちを切り替えてから勉強に臨んでください。

 

本当に年末が来るのは合格発表の日の後じゃないでしょうか?
そしてそれは新しい生活の準備が始まる日でもあります。
「オン」アンド「オン」アンド「オン」の考え方で積極的に過ごしてください。

 

映像授業もクリスマスやお正月はありません。
自分にとっての「年末」は2度目の「オン」のところの次の準備です。
もちろん小野先生、新垣先生の新作発表もまだまだ続きます。
これからも映像授業を上手に使って成績を伸ばしてください。

マスキングテープ

2017.12.8

ジョン・レノン、タモリ、宮本亜門、そして批判的思考

沖ゼミ沖縄校英語科松本です。

 

12月8日は、元ビートルズのジョン・レノンの命日。

 

12月によく耳にする、ジョン・レノンの“Happy Xmas(War is Over)”の歌詞から

2つのifを考えてみましょう。

 

“War is over, if you want it.”

 

① if =「~なら」の解釈

it = 前文の内容(War is over)

→「戦争は終わる。あなたがそれ(=終戦)を望むなら」

 

② if =「たとえ~だとしても(=even if)」の解釈

it = 前文の名詞(war)と考える解釈

→「戦争は終わる。あなたがそれ(=戦争)を望んだとしても」

 

上記歌詞の解釈は1通りではないんですね。

 

ところで、ミュージシャンが発言力を持つようになった1960年代後半、泥沼化するベトナム戦争に対する平和運動のスローガンは”Love and Peace”でした。

これにタモリさんは反論しています。

「loveがなければ平和なんだよ」

loveから生まれる強いこだわりや執着がなければ対立は生まれない、という解釈です。

 

ジョン・レノンを特集した昨日の「クローズアップ現代」に出演した演出家の宮本亜門さんの、名曲”Imagine”に対するコメントも印象的でした。

「この曲に色あせて欲しい」

ファン心理を逆なでしそうなコメントですが、「平和を訴える歌が愛されるということは、世界に争いが絶えないということ」というのが真意です。

このコメントだけを切り取って「宮本亜門はジョン・レノンが嫌い」という構図を作ることもできてしまう、ギリギリのコメントと言えるでしょう。

 

情報は、いとも簡単に操作できるものです。

普段見聞きしている情報は、意図的に切り取られたものではないですか?

情報を鵜呑みにせず、一旦立ち止まって

「本当に正しいのか?」

「別の見方はできないか?」

と考えることは大切なことです。

これを「クリティカル・シンキング(批判的思考)」と言います。

 

多角的に考えることで考えの幅が広がります。

視野が狭いと、小論文や自由英作文で大いに困ります。

 

12月に入り、メディアも小売業もクリスマス一色の時期になりました。

この世相を鑑みて、あなたは何を思いますか?

マスキングテープ
1 2 3 4 5 6 10
資料請求はこちら体験指導のお申込みはこちら