Home > ブログ

ブログ

2017.10.23

今週末は第二回漢字検定

中等部から與儀です

台風が夏を連れていってくれたのでしょうか。

先週末から涼しいというよりも朝夕は冷えますね

クーラーなどの温度調節は気を付けましょう

 

 

 

さて今週末は漢字検定があります

受検者は以下の内容を確認して下さいね

 

 

 

検定日:10月28日(土)

場所:那覇本校3階(中等部)

時間:14:30(2・3・5・7級)

   16:00(準2・4・6級)

 

 

 

まだ勉強時間は取れますので合格点を取るまで

何度も演習を繰り返しましょう

マスキングテープ

2017.10.21

映像授業と単元確認テスト

以前生徒からの声の紹介で
「テスト前だけ勉強していた理・社を定期的に学習するようになり成績が上がった。」
という感想を書きましたがなかなか成績向上につながらない生徒がいるのも事実です。
ただ映像授業を見るだけでは成績は上がりません。
正しい映像授業の「使い方」を
映像授業を見る「正しい心構え」を実践して初めて成績は上がるのです。

 

皆さんこんにちは
映像授業で地理を担当している秀島です。
今年度も早くも折り返して後半に入りました。

 

理・社成績向上のカギは
映像授業を視聴した後受けることになっている「単元テスト」です。
皆さんはどう考えながら受験していますか?
実は単元テストの成績が振るわない生徒は
定期テストの成績も良くないという結果が出ています。
そしてこういう生徒から
「本番のテストではない」から点数が良くなくてもいいと思っていた。
「1回目の学習の確認」だからテスト勉強のときに仕上げればいいという気持ちだった。
という残念な声を聞き取りました。

 

これは部活で
「大会じゃないから(練習は)まじめに取り組まなくてもいいと思っていた。」
と言っていることと変わりません。
普段からまじめに練習するからこそ大会で力を発揮できるのです。

 

まずは授業を集中して見て、暗記すべきことをまとめ、覚えましょう。
次に確認問題で欠点・弱点を補いましょう。
実はこの時が一番大切です。
単元テストで満点を狙えるように精一杯努力しましょう。
最後に単元テストで全力を発揮しましょう。
もちろん正解できなかったところはすぐに復習です。

 

塾で行った学習のその日のうちに出すべき成果は塾で出し
先延ばしにしないように心がけましょう。
その日のうちに塾内でやるべきことは塾にいるときに済ませ
自宅では自宅でやるべきことをやれるようにしましょう。

マスキングテープ

2017.10.16

2学期スタート!!

中等部から與儀です

先週の土曜は県模試10月号を実施しましたが、

自己採点はしたでしょうか?

 

 

昼間はまだまだ暑い沖縄ですが、

夕方からは涼しくなっていますので

勉強の秋と勤しんでほしいものです

 

 

2学期制の学校の多くは本日から2学期がスタートです

短い秋休みでしたが、何か達成したことはありますか?

短い期間なので単元を決めて学習するにはうってつけでしたね

不規則動詞をマスターする、数学ドリル77回を終わらせる

など頑張った生徒はいましたよ~

 

 

頑張る子を応援する環境が沖ゼミにはあります

皆さんも2学期は沖ゼミで一緒に頑張ってみませんか?

マスキングテープ

2017.10.12

桃青忌

こんにちは、中等部那覇教室から前里です。

本日・10月12日は、『おくのほそ道』で有名な俳人・松尾芭蕉の命日で、「桃青忌」「時雨忌」「翁忌」と呼ばれています。厳密に言うと、芭蕉が没した当時は旧暦を使用していたので、現在の日にちと若干のずれはありますが・・・。

芭蕉の忌日が桃青忌と呼ばれるのは、「芭蕉」の名を使う前に「桃青」という俳号を使用していたからだそうです。ちなみに、「芭蕉」というのは俳号で、本名は「松尾忠右衛門宗房」といいます。また、時雨忌と呼ばれるのは、「時雨」を句材として好んで使っていたからだそうです。

 

元禄7年4月に推敲を重ねに重ねて『おくのほそ道』を完成させた芭蕉は、その年の9月に大阪へと旅立ちます。その目的は、不仲になった二人の弟子の間を取り持つことでしたが、芭蕉の説得を受け入れることなく弟子の一人が失踪してしまい、この心労のためか体調を崩し、一月後には逗留先の大阪で息を引き取りました。

病床の中で詠んだ句が、「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」です。これが芭蕉の詠んだ最後の俳諧ですが、最後の最後まで芭蕉は推敲を繰り返していたようです。

 

松尾芭蕉の遺骸は、遺言に従って、滋賀県にある義仲寺の木曾義仲の墓の隣に葬られています。滋賀県に行く際はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

マスキングテープ

2017.10.11

必要なもの②

こんにちは,中等部那覇教室から松島です。以前このブログにて身のまわりの物の必要性について調べてみよう,という趣旨の内容で書き込みを行ったのですが,今日は物の機能について書き込みを行っていこうと思います。

 

前回このブログで身のまわりの物に対して「これ,必要?」という様に質問を投げかけるという事をしてみよう,と書き込みました。この事を行っていくと物が持っている本来の機能について理解が出来る様になってきます。

 

例えば衣服の必要性。本来の衣服の必要性とは,外界の温度変化から身を守るために必要な物です。外界の温度変化に耐えられず死んでしまう恐れがありますからね。また,靴の本来の機能は足を守るためにあります。素足で歩くと痛い目にあいますから。小石を踏む度「いて,いて」と。また,割れたガラスを踏んでしまった日には泣き叫びたい気持ちになるかもしれません。この様に物の本来持っている機能を少しずつ理解が出来る様になってきます。普段,意識をして調べていかないと意外とその様な普段使う物に対して「何故,必要なのか?」「その物の本質的な機能は何か?」といった事が理解出来ていないかと思います。

 

身のまわりの物の機能について考察していこう。色々な発見が出来て面白さを感じると思いますよ。

マスキングテープ

2017.10.2

文章検、締め切り間近!!

中等部から與儀です

 

 

10月に入り、すっかり秋らしく…

となってませんね

洗濯物が絶好調に乾く天気が

相変わらず続いています

装いだけは秋らしくしてますので

私の授業で秋を感じて下さい

 

 

さて前置きが長くなりましたが、

文章検定の締め切りが今週6日(金)

迫っております

受付は各校舎の受付で行っていますので

興味がある方は問題等をお見せしますので

気軽に来て下さい

 

 

去年、4級を受検した中2生は3級取得に向けて

英検の対策と並行して計画的に対策を進めている

ようです

年に一度しか実施しない検定となっていますので

この機会にチャレンジしておきましょう

マスキングテープ

2017.9.25

文章検の申込スタート!!

中等部から與儀です

タイトルにあるように文章検の申込が

スタートしました

 

 

新大学入試に求められる力を養うために

去年から沖ゼミでは取り入れたのですが、

大学入試だけに関わらず、社会人になってからも

必要な力なので目先の入試のことだけではなく、

先々のことも考えてぜひ取得してほしい検定と

なっています

 

 

文章検を人材育成に取り入れている企業もあり、

企画書の作成能力が格段に上がるなど効果が

目に見えてわかるそうです

 

 

取得するといいこと尽くしの文章検、

この機会にぜひ取得しておきましょう

申込締切は10/6(金)です

 

 

 

 

 

マスキングテープ

2017.9.20

映像授業の近況報告②

先日宮古島に大きな被害をもたらした台風18号は
都合の悪いコースを通ってしまったため
沖縄本島にも数日間にわたって影響を与えました。

我が家の影響と言えば
近所の店に買い物(休日の食事担当してます)に行っても
需要と供給のバランスがかなり崩れているのか
野菜も鮮魚も驚くほどの値の高さになっていて
「食べたいものを作る」のではなく
予算に合わせて「作れるものを食べる」日々が
もうしばらくは続きそうです。
台風の被害に遭った方々に比べれば
全く大した問題ではないのですが。

こんにちは。
映像授業で地理を担当している秀島です。
今回も映像授業について書きます。

基本的に予定されている映像授業の撮影の順番は
教科書の順番通りになっています。
しかし、理科と社会は中学校毎に進度に差があるので
生徒の中には自分が今必要としている単元が準備されていない
という人も出てくると思います。
そんなときは映像授業監督の先生に
「○○の単元を学校で次にやる(今やっている)ので準備してください」
と告げてもらえれば
映像授業監督の先生から映像授業撮影担当の先生に連絡が行き
それを聞いた撮影担当の先生は
要望のあった単元の撮影順番を繰り上げるなどして
すぐに対応することになっています。

ただし撮影から全教室に映像教材が準備できるまでに
1週間から10日間ほどの時間がかかるため
余裕をもって早目に要望を出すようにしてください。

映像授業は生徒の皆さんの協力あってのものです。
良い教材として機能するものになるように
今後とも皆さんからの協力を宜しくお願いします。

マスキングテープ

2017.9.11

プレ入試

中等部から與儀です

昨日は久しぶりにツーリングに行きました

そして久しぶりすぎてグローブを忘れたり、

日焼け対策を確実に失敗しました

今この瞬間も首と手の日焼けが痛いです

皆さん、何でも対策は完璧に行いましょう

 

 

さて、タイトルのプレ入試を9/9(土)に

中等部各教室で実施しました

いつもはおきなわ県模試で実施していますが、

今回は久しぶりにプレ入試で実施しました。

 

 

定期テスト明けにすぐに模試だったので

中3生は大変そうでしたが、時間を見つけては

夏期の復習をしていました

 

 

結果がわかるのは2週間後ですが、

みんな夏期講習の成果が出てるといいな

 

 

今週からまた次の模試に向けて走り出してます

 

 

 

 

 

 

マスキングテープ

2017.9.7

五節句

こんにちは。中等部那覇教室から前里です。

今日は、2日後に迫った「重陽の節句」について書きたいと思います。

 

「重陽の節句」は五節句の一つであり、9月9日のことを指します。旧暦では菊の花の咲く季節であることから、「菊の節句」とも呼ばれています。陰陽思想(ありとあらゆるものを陰と陽の2つに分類する思想)では、奇数は陽の数であり、一桁の奇数の中で一番大きな数である9が重なる日のため「重陽」というそうです。昔は奇数が重なる日は陽の気が強すぎて不吉なことが起こると考えられていたことから、厄払いの行事として節句が行われていましたが、それが転じて今では祝い事となっており、長寿を祈って菊の花を飾ったり、菊の花びらや葉を浮かべた菊酒を飲んだりします。

 

他の節句に比べて知名度はダントツに低いですが、私の家では毎年仏壇に菊酒を飾っています。祝い事や厄払いの行事は受け継がれていってほしいものです。

 

ちなみに他の四節句は以下の通りです。いくつ分かりましたか?

 

1月7日 人日(じんじつ)

邪気を払い万病を防ぐための縁起物として七草がゆを食べる。

3月3日 上巳(じょうし)

「桃の節句」とも呼ばれる。雛人形を飾り、女子の健康を願い厄除けを行う。

5月5日 端午(たんご)

「菖蒲の節句」とも呼ばれる。こいのぼりや武者人形を飾り、男子の健やかな成長を祈願する。

7月7日 七夕(たなばた)

元は織女(織姫)にあやかり手芸上達を願う祭りだったが、現在は願い事を書いた短冊を笹飾りにつけている。

 

マスキングテープ
1 2 3 4 5 6 19
資料請求はこちら体験指導のお申込みはこちら