Home > ブログ

ブログ

2018.9.22

数学の歴史

みなさんこんにちは

沖ゼミ首里校から再び登場しました

進路指導を担当しているアドバイザーの池間です

2学期が始まり、約1か月が経とうとしていますが

このブログをご覧の生徒の皆さんはいかがお過ごしでしょうか

2学期は行事尽くしですが、このブログを通して

少しでもいいので皆さんの勉強に役立てて頂ければと思います

では本題へと入っていきましょう

皆さんは数学は好きですか??得意ですか??

僕は大嫌いですし、大の苦手です(数学の先生方、大変申し訳ございません)

特に図形が苦手で、図形に関する問題が出てきたときにはお手上げ状態です

ですが、数学IAだけでもやり直したいなという風に考えています

いつか習得できればいいなあ……

さて、今日は数学の歴史について書いていきます

数学の知識は産業革命以後、ヨーロッパや北アメリカで急速に発達したといわれていますが

数学の研究は何世紀も前に中国で始まっていたのです!!

中国人は2000年も前に数学の研究を始めたのですが、天文学や暦の完成に関するものでした。

紀元前200年には、九章算術と呼ばれる数学の教科書を作っていて、

教科書の内容はすべて中国人独自で考えて導き出した内容となっています。

5世紀までには、中国の数学者はゼロや負の数の概念を持っていたと言われており、13世紀頃にはヨーロッパ人が500年先まで発見できなかった方法を用いて方程式を解いていたのです!!!

いや~~~

お隣の中国で数学が発明されていたなんて、何だか感慨深いものがありますね

さて!!

そんな沖ゼミ首里校では高1高2生向けにテスト対策が始まります

1学期であまり結果が振るわなかった生徒も、しっかり結果を出せることができた生徒も

沖ゼミのテスト対策でしっかり結果を出せるよう、一緒に頑張っていきましょう!!

沖ゼミで

本気の自分に

出会いませんか

入塾説明・無料体験大好評実施中です

お問合せは右記番号まで098-884-3141

マスキングテープ

2018.9.8

BGM(バックグラウンドミュージック)の効果

NEW垂れ幕

みなさんこんにちは

沖ゼミ首里校からアドバイザーの池間です

入り口の垂れ幕も新しくなったという事で

ブログを再び更新していきたいと思います

というのも、、、

実は首里校に在籍している生徒に以前僕が書いたブログを見て頂いてたんです!!!

非常にありがたいことであるのと同時に、定期的に更新していこうかな

なんて気持ちにさせられました。

 

僕のブログでは過去のセンター英語で実際に出題された内容を書いていきます

ですので、大学進学を目指す皆さんは特に読んでみてください

もしかしたら、同じような内容が出るかもしれませんよ……

 

では、表題のお話に入っていきます!!

皆さんはBGMの効果って考えたことありますか

どこかお店に行けば流れていて、知ってる曲だったら口ずさんでみたり…

何気なく聞こえているBGMには、実は人間の精神的な部分と大きく関連しているんです

 

例えば、お店に行けばゆったりとしたサウンドトラックが流れていることが多いかと思いますが

ある研究によると、ゆったりとした音楽ほど客もゆっくりと買い物をし、購入するものが増え、お店の売り上げも上がるという結果が出ている。

仕事場におけるBGMの効果というのは、仕事の処理スピードを変えるのではなく、仕事に関連するストレスを減らし、常に仕事に関心を向けてもらうという効果がある。それによって、勤務中の事故が無くなり会社の業績にも貢献できるようになるのである。

BGMには人々にこれだけ大きな影響を与えているのです

 

これからは皆さんもぜひBGMに耳を傾けてみては如何でしょうか?

 

そんな首里校では後期講習がスタートしています

新学期も始まり、生徒も先生方も校舎も活気に溢れています

沖ゼミ首里校では、高3生はもちろん高1高2生を募集しています

 

高2生は、ほかのライバルたちと差をつけて現役合格を勝ち取るために、今すぐ受験勉強を始めましょう。

 

沖ゼミ首里校では、本気で変わりたいと思っているあなたのご来校をお待ちしています

お問合せは下記番号まで!!

沖ゼミ首里校:098-884-3141

マスキングテープ

2018.7.4

知識とお金は使わなければ無いのと同じ

沖縄校英語科の松本です。久しぶりの登壇です。

 

いきなりですが、こう言われたらどうでしょうか。

 

「今からあなたの銀行口座に1億円を振り込みます。でも、一生使ってはいけません」

 

口座に1億円があるのに、1円も使ってはいけない。

通帳に9桁の数字が書き込まれただけ。

 

めっちゃ無意味。

 

でも、勉強に関して言えば、多くの受験生が同じことをしているように思います。

 

意味が分からないですね。説明します。

 

知識は、蓄える分には上限はありません。

しかし、使わないと無用の長物です。

 

例えば、200個の英文を例文として暗記したとします。

でも、目の前の文法問題が解けない。

答え合わせをしたら、知っている知識を使う問題だった。

 

ありがちな光景です。

 

これの原因の可能性の一つは、

知識と実践を「比較する」習慣が不足していることです。

(ほかの原因には「反復」不足があります)

 

暗記例文は、覚えた例文の文構造と初見の英文を、比較して理解することに意味があります。

英語が苦手な人の多くは、例文を暗記しただけで満足し、比較する習慣がありません。

 

また、英文を組み立てる際、暗記例文のストックの中から表現したい内容と似たものを検索し、比較して真似ることに意味があります。

英語が苦手な人の多くは、せっかく覚えた例文を検索して比較する習慣がありません。

 

これでは、前述の1億円のたとえ話と同じです。

口座には1億円あるのに、1円も持っていない人と同じです。

 

知識はあるのに、まったく活用できないのは、

何も知らない人と同じ結果しか出ないということです。

 

文法問題を解く時に「これと似た文を覚えたかな?」と記憶をたどる癖をつけるといいでしょう。

その習慣が、長文を復習する時にも継続できれば、初見の文の読みやすさが向上していきます。

 

もちろん、「比較する」習慣はあるのに英語ができるようにならない!という人もいるでしょう。

その場合、習慣自体は正しいので、あとは反復あるのみです。

反復がなければ、あらゆる勉強習慣が台無しなので、今が踏ん張りどころですね。

 

英語に苦手意識がある人は、簡単な英文からで構わないので、

自分の知識と目の前の英文を「比較する」ことが習慣化できれば、大きく化ける可能性があります!

もちろん、すぐに結果が出ることを期待したら、失望感から勉強自体をしなくなるので、焦りは禁物です。

 

お金も知識も、うまく使って初めて生きるものだと思いませんか?

マスキングテープ

2018.2.13

紳士服と婦人服

皆さんこんにちは

首里校からアドバイザーを担当している池間です

今週の前半は特に冷え込みが強くかなり寒かったですね

大学時代は大阪で過ごしていたのですが、空気がひんやりしていて寒いと感じました。

しかし、沖縄は+風が加わり、これまた冷たい風でより一層寒く感じます。

二次試験が迫っている3年生の皆さん、学年末テストを控えている1,2年生の皆さん!!

風邪をひかないように体調管理には気をつけましょう

 

さて、今日は僕が今も愛用している英単語帳から明日使える豆知識になるようなお話を紹介させていただきます

突然ですが、皆さんに質問です!!

紳士服と婦人服でシャツのボタンの位置が違うことに違和感を覚えたことはありますか

なんで紳士服は右側にボタンがあるのに婦人服は左側にボタンがあるのだろうと…

しかし、この英単語帳に出会い謎は解決しました!!!

 

昔、ボタンというものは非常に高価なものだったのでとても裕福な人たちのみ買うことができました

そのような女性のお家では服を着せる召使いがいました

皆さんもうわかりましたね??

その召使いが服を着せるということをやりやすくするためにボタンが左側につけられていたのです

その名残が今もまだ残っているわけですね~

もし知らなかったって人がいたら、明日学校で友達に自慢気に言ってみてくださいね

 

さて、首里校では1,2年生向けに学年末テスト対策2年生向けにセンター試験早期模試対策を行っています!!

今まであまり勉強してこなかったそこの君

この機会に沖ゼミ首里校で一緒に頑張ろう!!

体験授業、科目別の受験相談も行っていますのでぜひお気軽にこちらまで!!

沖縄受験ゼミナール首里校 TEL:098-884-3141

では、本日は以上です

マスキングテープ

2018.2.9

生きた英語を仕入れる。

こんにちは、那覇本校英語科の町田です。

 

先日、生涯何度目かのぎっくり腰になり、最近ようやく通常歩行が可能になりましたが、「あと1週間ほどで42.195kmを走るのか…」と涙ぐんでいます。

 

長時間の着席が可能になったので、先日遅ればせながら「STAR WARS 最後のジェダイ」を鑑賞してきましたよ。僕が生まれた頃に一作目が公開されたわけですから同い年なんですよね。

 

映画を鑑賞しつつ、町田は登場人物の英語を脳内で真似るのです(一人になると実際に口にします)。僕はまだ全然英語ができない頃からずっと、映画で英語を勉強するのが一番しっくりきたんですよ。一応字幕もあるわけだし、どんな人がどんな場面でどんな表情、口調で言ったのかも見えるわけですからね。時間の余裕がなければちょっと難しいかもしれませんが、ぜひ町田の真似をしてみてください!

 

ちなみに…英国人であるトレン先生のいる時に僕が早く口にしてみたい、作品中で必ず誰かが口にする表現は

 

I’ve got a bad feeling about this.「嫌な予感がするな」

 

全然そんな場面が訪れないんですけどね…良いことだけど。

 

マスキングテープ

2018.1.23

 アジアでの英語教育事情について

こんにちは,沖ゼミ沖縄本校の英語科の安里です。

 

 今日は「アジアでの英語教育事情について」書きます。

 

 去年の年末に香港へ行ってきました。20年ほど前にも香港へは行きましたが,今回行って,気がついたのは前回に比べて大きな発展を遂げていたことです。中心街から西側に離れたランタオ島の北に巨大な香港国際空港があり,そこから新しくできた新幹線で街(九龍)までわずか20分程度でした。

 

 今回泊まった九龍や香港島は相当発展しており,マンションやビジネス,ショッピングのビル街があり,モールも数多くあり,世界のブランド品のショップをそろえたような所ばかりでした。

沖縄に帰ってみると,最初はでっかくて圧倒された地元のライカムが実は地方のスーパーのモールに過ぎないと気がついたほどでした。

 

 さて,本題の「アジアの英語教育事情について」。今回,香港を案内してくれた人によれば,香港や中国,韓国などアジアのどの国でも英語教育は保育園からそうです。この話を聞いたときは,びっくりしました。小学校の高学年(5年生)から始まるのは,日本だけか,と。「アジアでの共通語は英語です,中国語ではありません」とも言っていいました。実際,香港の人が話しているのは中国語(とは言っても中国語の共通語(北京語)ではなく,地方語の広東語)ではあるが,ホテルやレストラン,銀行,店などどこでも英語で話が通じました。2つの例外はありました。沖縄へ帰る日に乗ったタクシーの運転手と,空港からホテルまでのバスを確認のため英語で話すと通じなかった女性。この2件でしたが,おそらくその人たちは中国本土から来た人たちで今の英語教育は受けていなかったのでしょう。

 

 日本では,どこへ行っても英語が通じるわけではない。あるいはどちらかと言うと,どこへ行っても英語はほとんど通じない。どうすればいいか。

日本が国際的に発展していくには,日本人が英語を話せる,使える必要があると思う。香港を案内してくれた人の次の提案が,日本人が英語をしゃべれる,あるいは使えるようになる確実な方法でしょう。つまり,「英語教育で成功している香港,中国,韓国などに習い,英語教育を保育園から始めればいいだけですよ」。

 

私も同感です。

 

マスキングテープ

2018.1.22

おめでとう?

さてみなさん、新年が明けましたね。毎年思うことなのですが、「新しい年になっただけでいったい何がおめでたいの?」と。アメリカのニューヨークのタイムズスクエアで花火を用いて新年を盛大に祝いますが、おめでたい理由が今一つわかりませんでしたが、今回は英語の側面からこれを見ていこうと思います。よく「おめでとう」の訳語としてCongratulations!と言われますが、「新年あけましておめでとうございます」はA happy new year!ですよね。

 

なぜ、Congratulations on a new year!とは言えないのでしょうか。表現的に違和感がありますが、無理やり訳すと「(学校の)進級おめでとう」でしょうか。自分の行動や努力の結果に対して言う言葉がCongratulations!であり、Happy~!やMerry~!は努力しなくてもとりあえず毎年来るものに対して言う言葉です。自分含め、日本人は英語とその日本語訳を1:1の関係でとらえてしまいがちです。「Congratulations!=おめでとう」と。英語と日本語を1:1の関係性で見ない方が良い好例でしょう。

 

ただ、そういう枠にとらわれず柔軟に考えると、おめでたい部分もあるようです。「一年間無事に過ごせてまた新たな年を迎えられた、こんなに素晴らしいことはない」という意味のようです。一年間無事に過ごすには、ある程度の努力も必要でしょうからね。

 

ところで、自分は「あけましておめでとう」と受験生に対しては言いません。上述の「おめでたい理由が分からない」というのもありますが、「おめでとう(Congratulations! 努力の結果)」は受験生が合格した時に言う時のために“温存”しておきたいのです。まだ合格していないのですから。「今年もよろしくお願いします」も言いません。この世界で「今年もよろしくお願いする・される」ことほど悲しいことはないのですから。

 

ぜひ「今年もお願いする」ことなく、大きな世界や社会へと羽ばたいていってください、決して「おめでたい人」にはならないように。

 

ノブヨシ

マスキングテープ

2017.12.19

会場模試に行ってきました!

こんにちは、那覇本校から佐久間です。

最近めっきり寒くなってきましたが皆さん元気にしてますか?沖縄の冬は寒すぎて、私は体調を崩し気味です・・。なんかこう、沖縄の冬って精神的にきますね!寒さに対する慣れって不思議なもんで、昔アメリカ(寒いところ)から冬に帰国した際、東京の冬がやけに生暖かく感じられた記憶があります。でも今は沖縄の冬にやられて、トースターみたいな電気ストーブの前でブルブル震えています。(家の中で靴下が必須になったのも沖縄に来てからです。)

さて、昨日は琉球大学にて会場模試を行いました。生徒に結果を聞くと、「英語が難しかった・・・」という声がちらほら。

しかし英語の場合、心配無用。この時期、良くも悪くも皆さんの英語のレベルは極度に変わるわけではありません。これまでの勉強量・蓄えた経験が試験で滲み出てくるのみです。難しかったのは問題であり、皆さんの実力が変わったわけではないのです。また英語の模試の長文問題の場合、設問や選択肢が明らかに劣悪な問題があることにも留意しなければなりません。こういった問題は生徒の皆さんは判断ができないかと思いますが、本番のセンター試験には絶対に出題されません。

なので、特に今の時期大事なことは、そういった悪問は「シカト」して、単語や文法問題など、忘れてしまっていた知識を再度思い出しながら復習してみることです。短期間でできるのはそれくらいです。

ただ、設問や選択肢がひどい長文問題が結構あるとはいえ、本文がひどいパターンはまずありません。このため、もし本文でまったく読めない、意味が分からない個所があればしっかりと見直してみて、それでも分からなければ身近にいる先生に聞いてみてください。英語は読むのをやめてしまうと、とたんに読めなくなりますよ!それでは!

マスキングテープ

2017.12.8

ジョン・レノン、タモリ、宮本亜門、そして批判的思考

沖ゼミ沖縄校英語科松本です。

 

12月8日は、元ビートルズのジョン・レノンの命日。

 

12月によく耳にする、ジョン・レノンの“Happy Xmas(War is Over)”の歌詞から

2つのifを考えてみましょう。

 

“War is over, if you want it.”

 

① if =「~なら」の解釈

it = 前文の内容(War is over)

→「戦争は終わる。あなたがそれ(=終戦)を望むなら」

 

② if =「たとえ~だとしても(=even if)」の解釈

it = 前文の名詞(war)と考える解釈

→「戦争は終わる。あなたがそれ(=戦争)を望んだとしても」

 

上記歌詞の解釈は1通りではないんですね。

 

ところで、ミュージシャンが発言力を持つようになった1960年代後半、泥沼化するベトナム戦争に対する平和運動のスローガンは”Love and Peace”でした。

これにタモリさんは反論しています。

「loveがなければ平和なんだよ」

loveから生まれる強いこだわりや執着がなければ対立は生まれない、という解釈です。

 

ジョン・レノンを特集した昨日の「クローズアップ現代」に出演した演出家の宮本亜門さんの、名曲”Imagine”に対するコメントも印象的でした。

「この曲に色あせて欲しい」

ファン心理を逆なでしそうなコメントですが、「平和を訴える歌が愛されるということは、世界に争いが絶えないということ」というのが真意です。

このコメントだけを切り取って「宮本亜門はジョン・レノンが嫌い」という構図を作ることもできてしまう、ギリギリのコメントと言えるでしょう。

 

情報は、いとも簡単に操作できるものです。

普段見聞きしている情報は、意図的に切り取られたものではないですか?

情報を鵜呑みにせず、一旦立ち止まって

「本当に正しいのか?」

「別の見方はできないか?」

と考えることは大切なことです。

これを「クリティカル・シンキング(批判的思考)」と言います。

 

多角的に考えることで考えの幅が広がります。

視野が狭いと、小論文や自由英作文で大いに困ります。

 

12月に入り、メディアも小売業もクリスマス一色の時期になりました。

この世相を鑑みて、あなたは何を思いますか?

マスキングテープ

2017.10.10

その質問には答えられません。

こんにちは。沖ゼミ沖縄校英語科松本です。

皆さんは、先生に質問する時は、どんな質問の仕方をしていますか?

 

次の場面をイメージしてみて下さい。

<病院の診察室にて>

医師:今日はどうされましたか?

患者:とにかくしんどいです。

医師:どんな症状ですか?

患者:分かりません。

 

では、これはどうでしょう。

<職員室にて>

先生:どんな相談なの?

生徒:英語がとにかく分からないんです。

先生:どう分からないの?

生徒:それすら分かりません。

 

要は、「丸投げの質問をしていませんか?」ということなんです。

 

質問1

「英語は何をしたらいいですか?」

よくある質問です。

解決までに最も時間がかかり、聞かれた側が最も困る質問です。

 

質問2

「文法が苦手です。何をすればいいですか?」

文法というキーワードを出しただけましですが、まだ不十分です。

 

質問3

「長文の本文が読めても選択肢が読めません。この問題集で大丈夫ですか?」

少し状況が詳しくなりましたが、まだ不十分です。

 

質問4

「長文で2択まで絞れても、迷って失敗することが多いので、復習の時に言い換えに特化して、選択肢を細かく区切って見直すようにしました。でも、まだ正答率が安定しないので、語彙力と文法力に問題がるのではないかと思います。

だから、単語は、ターゲットを1日に300個ずつ見て、1週間で1回は通すことにしました。文法はヴィンテージの文法単元だけ、標準レベルまでに絞って1か月で3周しようと思います。これでいいですか?」

完璧な質問のしかたです。

 

・現状(=2択で迷う)

・自分に不足していること(=語彙力と文法力)

・自分なりの対策法(=単語集と文法問題集の使い方)

の3つをきちんと考えています。相談が短時間で終わるので、効率がいいですね。

対策法は自分なりで構いません。まずは自力で考えることが大切です。

 

もちろん、質問4みたいに具体的に聞ける人の方が少ないのは事実です。

でも、教科書や問題集を持っているなら、たとえ非効率的であっても、利用方法を「考える」ことはできるはずです。

まずは自分で考えてから質問してみましょう。

「どうすれば○○ができるようになるだろう?」と自分に質問を投げかけて下さい。

思っている以上に具体的な対策法が出てきますよ。

 

問題の質問も

「問4が分かりません」より

「問4は不定詞を使うと思って②を選んだけど、ひょっとしたら分詞構文を使うべき問題かな、と思いました。だから③が正解なのかと思いますが、どうですか?」

の方が具体的で、質問者がどの程度の理解度を持っているのかも分かります。

 

質問が具体的であればあるほど、自分の求めている答えが返ってくる可能性が高まります。

 

質問する力」は一生モノのスキルですよ☆

マスキングテープ
1 2
資料請求はこちら体験指導のお申込みはこちら