Home > ブログ

ブログ

2018.1.17

悔いのない選択を!!

皆さんこんばんは

沖ゼミ首里校アドバイザーの池間です!

始めましての方が多いと思いますので簡単に自己紹介を・・・

首里高校➡関西外大英語キャリア学部(3年次にオーストラリアに1年間留学)➡現在

つまり・・・町田先生の後輩になります!!!

非常に恐れ多いのと同時に、先生の後輩ということに非常に誇りを持っています。

なので、英語の質問も受け付けますので是非気軽に声をかけてください!

 

さて・・・

センター試験も終わり月曜日から進路決定の為の最終面談が行われています。

ここで最終的な進路を決め、来週から本格的に2次対策へ入っていきます。

進路決定で覚えてほしいことは「行きたい」と「行ける」という言葉は全然違います。

3年生の皆さんには行ける大学ではなく行きたい大学へ進学すべきだということをここでは伝えます。

人生を後悔してほしくありません。なので、ぜひ行きたい志望校へ進んでほしいと思います。

1,2年生に関しても同じことが言えます。決して行ける大学を選ぶのではなく行きたい大学を選ぶようにしてください。

特に2年生は来年センター試験を迎えます。センター試験同日模試を受けたと思います。

危機感を感じてるそこの君!!

くよくよしてる暇はありません!!この3カ月で大きな差が開きます!!

 

塾探しをしている方はぜひ沖ゼミ首里校へ!!

あなたの現役合格を全力でサポートします。

 

17:22 | 首里教室
マスキングテープ

2018.1.10

いよいよセンター試験

こんにちはそして明けましておめでとうございます

今日は首里校から上原が担当します

いよいよセンター試験が迫ってきました。

首里校では、どの生徒も最後の追い込みで良い緊張感を持っています。

センター当日に向けての心構えとしてはとにかく『自信』を持つことだと思います。

私は授業の中でセンター試験に必要な知識はすべて伝えました。

他の教科の先生も同様だと思います。

沖ゼミ受験生はわれわれ講師が伝えたことをしっかり身につけ(復習)たならば、どんな問題でも

しっかり解けるという自信をぜひ持ってほしいです

 

ここ数日寒い日々が続きます

体調管理を万全に最後まで授業の見直しをしましょう

 

沖ゼミ首里校は、センター試験後も充実の2次対策を行います

高校1,2年生もテスト対策や模試対策など充実度は引けを取りません

 

寒さに負けない熱気が必要な生徒はぜひ

沖ゼミ首里校☎884-3141まで

 

 

12:07 | 首里教室
マスキングテープ

2017.12.30

明るい未来技術のはなし

沖ゼミ首里校から、数学科の樋口が担当します。

年末最後のブログとなりますので、来年が明るくなるように、明るい未来の話をしましょう。

12月に入って、こんな記事を見つけました。まずは下のリンクから、記事を見て下さい。

筑波大学が充電不要の電池技術「熱発電」に成功

http://univ-journal.jp/17402/(別窓で開きます)

 

な~んだたったの1%じゃん、なんて思ってはいけませんよ!

太陽光発電は、「太陽が出ている間だけ」約20%の効率。

平均したらそんなに多くありません。

この熱発電、“50℃と28℃の温度差で発電”とは、例えば

日本中に沸いている「温泉」を発電所にするとか

砂漠地帯の気温と、海の水温の温度差で発電するとか

夏の熱いアスファルトと外気温の差で発電するとか

ちょっとした温度差があれば、簡単に発電ができるようになるということです。

化石燃料を燃やさなくても発電可能なので、地球温暖化の切り札となれるんですよ

これは、とってもすごいこと!

しかも、プルシャンブルー(化学を習っている人なら、何イオンと何イオンが

反応してできる色なのか、すぐ思い出せますよね)という、当たり前の素材から

作れるので、とっても経済的

 

の熱と、外気温の温度差でスマホを充電できるようになったら、

素敵だと思いませんか?そんな利用がいくらでも考え付きますよ!

 

情報化社会の今だからこそ、いろいろな所にアンテナ(寝グセじゃないぞw)を張って

あれとこれを組み合わせたら面白いな~ というようなアイデアを考えてみましょう。

スマホだって、「タッチパネル+音楽プレーヤー+携帯電話」の足し算です。

将来をより便利で楽しいものにするために、これからを生きる皆さんが、勉強した成果を

応用して、考えてみて下さい。

06:00 | 首里教室
マスキングテープ

2017.12.27

年末年始からセンターに向けて

こんにちは!

首里教室から浦崎です

センター試験まであと少しですね。

試験などで極度に緊張しすぎると実力を出し切ることができなくなります。

深呼吸をして心も体も脳もリラックスさせましょう

そのあとは、落ち着いて、冷静に問題を解き進めましょう。

英語に関していえば、直前まで、英単語、長文の音読に励みましょう‼

皆さんの健闘を祈ります

17:57 | 首里教室
マスキングテープ

2017.12.23

センター試験まであと少し

こんにちは!沖ゼミ首里校の数学担当の辻です。

 

急な気温の変化で体調を崩したりしてませんか?

 

3年生、過卒生は年が明けるとすぐ、センター試験です。

 

だんだんセンター試験が近づき、あれもこれもまだ勉強しないといけない、合格できるのか等、様々なストレス、緊張を抱えている生徒が増えてきていると思います。

 

本番で点数を取るためには、学校や、沖ゼミでの授業の演習等、今まで習ったことをしっかり復習し、習ったことがきちんと本番で出来る状態にしておくことが大事です。習ったことができていなければ、どんな問題が出てきても苦しいはず。体調に気をつけて、あと少しの期間しっかり今までの復習を頑張って下さい。

 

14:00 | 首里教室
マスキングテープ

2017.12.20

「年末」に関する考察

もう12月も後半になりました。
早いもので今年が終わろうとしています。
けれど「年度」の単位が生活に密着している現代の日本人にとっては
「一年の計は…」という昔の言葉は実感が湧かないかもしれません。

 

皆さんこんにちは。
映像授業で地理を担当している秀島です。

 

「年度」は4月に始まり翌年3月に終わるものだと思っていませんか?実は違います。
いろんな「年度」がたくさん存在していて4月から始まるとは限らないのです。

 

私たちにとってなじみ深い4月開始の「年度」は明治時代に始まりました。
「会計年度」と言って実は税金が関係しています。
平安時代に旧暦での「1月-12月」が制定されて以来
明治維新まで続いていましたが
最初は稲の収穫に合わせるということで「10月-翌年9月」年度に変更になりました。
次に旧暦から新暦への切り替えで「1月-12月」年度になり
それから地租改正による納税期日に合わせて「7月-翌年6月」年度へ
最後に酒税の納期に合わせて現在の「4月-翌年3月」年度制が定着しました。
これらの変化は明治2年から明治22年の間に起きたのですが
度重なる変更の結果21年間に実際には24年間分も納められた税金もあったそうです。
何か計算が合いませんね。

 

税金は行政を行うにはなくてはならないものなので
これに地方自治体や学校のスケジュールを合わせることになり
4月開始の「年度」は生活に定着していったのです。

 

さて年末の話でしたが本格的な受験シーズンの始まりでもあります。
特に受験生の皆さんはクリスマスもお正月も
休憩「オン」の状態で過ごしてください。
そして気持ちを切り替えてから勉強に臨んでください。

 

本当に年末が来るのは合格発表の日の後じゃないでしょうか?
そしてそれは新しい生活の準備が始まる日でもあります。
「オン」アンド「オン」アンド「オン」の考え方で積極的に過ごしてください。

 

映像授業もクリスマスやお正月はありません。
自分にとっての「年末」は2度目の「オン」のところの次の準備です。
もちろん小野先生、新垣先生の新作発表もまだまだ続きます。
これからも映像授業を上手に使って成績を伸ばしてください。

マスキングテープ

2017.12.2

受験生の皆さんへ。年末年始は「延期」です。

年末年始は楽しいイベントが盛りだくさんですね。

 

 

クリスマス

大晦日

お正月 などなど………

 

受験生のみなさ~ん、これらすべてのイベントは、全て延期となりました!!

センター試験前のこの時期、行事で浮かれて楽しいですか?

どうしても受験のことを考えて、落ち着かないと思いませんか?

なら、いっそのこと、全部延期にしてしまいましょう!

 

 

いつに延期するのって?! それはもちろん

 合格発表日っ!!

ですよ。

合格してしまえば、お盆も正月もクリスマスも、まとめてドッカ~ン!!とやってくるぞ~

 

 

「また来年まで延期です」と発表日に言われないように、ラストスパート!!

 

沖ゼミでは、正月模試も行い、ギリギリまで皆さんをサポートしていきます!!

 

沖縄受験ゼミナール首里校より、数学科・樋口がお知らせしました。

12:00 | 首里教室
マスキングテープ

2017.11.29

良い緊張感を!

首里校舎浦崎です

センター試験がだんだん近づいてきて、様々なストレスや緊張を抱えている

生徒が増えてきていると思います。

ストレスや緊張は必ずしも悪いものではありません。

人が、緊張するとアドレナリンが出ると言われます。

それによって自分の持っている力を最大限に発揮するよう促されます。

試験の際に経験するある程度の緊張感は、良いパフォーマンスをする原動力となります。

ストレスや緊張感をうまくコントロールして試験に臨めますように‼

14:33 | 首里教室
マスキングテープ

2017.11.15

撮影クランクアップ?

2学期制の地区ではもうすぐ中間テストですね。
そこで特に理・社に関して念押しですが…
テスト前だけ慌てて勉強している生徒はいませんよね?
ただの「暗記」で終わらせない「理解」ができるようにするには
どんな科目も日頃からの定期的学習が必要です。

 

皆さんこんにちは。
映像授業で地理を担当している秀島です。

 

中学1、2年生は学校での社会の授業が
地理から歴史に切り替わる時期が来ました。
学習そのものはまだまだ続きますがひとまずお疲れ様です。
もうすでに一部の学校では歴史分野に入っているところもあります。
歴史担当の新垣先生の授業を視聴して満点を狙ってください。
一部の学校では今から地理というところもあります。
これから宜しくお願いします。ですね。

 

さて今年度分の撮影がクランクアップ秒読みに入りました。
顔を合わせたこともない他教室の生徒なのに素敵なアイディアを教えてもらったり
映像授業があったからこそ休み時間の生徒との会話が弾んだり
定期テストで100点続出に大喜びしたりとか
いろいろと思い出もできました。

 

また会う日までさようなら…みたいな流れの文になりそうですが
でも映像授業の進化は止まりません。
皆さんからいただいた要望や
新しく思いついたネタを採り入れて
改良したいと思っていることがたくさんあります。
(すでに改訂版に変わっている映像もありますよ)
これからも機会があれば改訂版を撮り続けていきたいと思っています。

 

予習に、復習に、趣味としてでも、何度も視聴できるのが映像授業です。
以前見た分でもいつでも再視聴できます。
「おっ、前と変わっている。」
というところが見つかるかもしれません。
が、こんなマニアックな楽しみ方をする人はいるのかな?

 

今後も映像授業を上手に活用して
皆さんの成績向上に役立ててください。

マスキングテープ

2017.10.21

映像授業と単元確認テスト

以前生徒からの声の紹介で
「テスト前だけ勉強していた理・社を定期的に学習するようになり成績が上がった。」
という感想を書きましたがなかなか成績向上につながらない生徒がいるのも事実です。
ただ映像授業を見るだけでは成績は上がりません。
正しい映像授業の「使い方」を
映像授業を見る「正しい心構え」を実践して初めて成績は上がるのです。

 

皆さんこんにちは
映像授業で地理を担当している秀島です。
今年度も早くも折り返して後半に入りました。

 

理・社成績向上のカギは
映像授業を視聴した後受けることになっている「単元テスト」です。
皆さんはどう考えながら受験していますか?
実は単元テストの成績が振るわない生徒は
定期テストの成績も良くないという結果が出ています。
そしてこういう生徒から
「本番のテストではない」から点数が良くなくてもいいと思っていた。
「1回目の学習の確認」だからテスト勉強のときに仕上げればいいという気持ちだった。
という残念な声を聞き取りました。

 

これは部活で
「大会じゃないから(練習は)まじめに取り組まなくてもいいと思っていた。」
と言っていることと変わりません。
普段からまじめに練習するからこそ大会で力を発揮できるのです。

 

まずは授業を集中して見て、暗記すべきことをまとめ、覚えましょう。
次に確認問題で欠点・弱点を補いましょう。
実はこの時が一番大切です。
単元テストで満点を狙えるように精一杯努力しましょう。
最後に単元テストで全力を発揮しましょう。
もちろん正解できなかったところはすぐに復習です。

 

塾で行った学習のその日のうちに出すべき成果は塾で出し
先延ばしにしないように心がけましょう。
その日のうちに塾内でやるべきことは塾にいるときに済ませ
自宅では自宅でやるべきことをやれるようにしましょう。

マスキングテープ
1 2 3 4 5 6 12
資料請求はこちら体験指導のお申込みはこちら