Home > ブログ

ブログ

2018.7.12

高校生活初めての夏

こんにちは。沖ゼミ那覇本校から英語科・玉山です。

今日は高1生に向けてのお話をしようと思います。

 

高校生になって初めての夏休み、私自身はどうだったかなぁと遠い昔を振り返ってみたら、

ハンドボール部の練習が大変だったこと、高校の林間学校で山登りが大変だったこと、

部活の練習を終えて行った塾はクーラーが効いていてとても気持ちよかったこと(笑)、

そんな夏休みだった記憶があります。

 

沖ゼミ生の皆さんは、この夏、どのような夏を過ごすのでしょう?

部活や遊び、色々と計画もあるかと思いますが、

「今まで習ったことで分からないものをなくす!」

これだけはやっておいてくださいね!

 

今、沖ゼミの各校舎では到達度テストが行われています。

志望校に現役合格するためには、どこを強化すれば良いのか、何をやれば良いのか、が分かるテストになっています。

各教科の講師やアドバイザーと相談しながら、夏期学習計画表を作って、勉強も部活や遊びも充実した夏休みにしましょう!「遊びも」なぁんて言ってもらえるのは、今のうちですよ

 

17:32 | 那覇本校
マスキングテープ

2018.7.5

会場模試 申込受付中!!

みなさん、こんにちは、那覇本校の受付からです。

 

どしゃぶりの雨が降り続いていて、傘をさしていても、濡れてしまいますね~

 

受付では、タオルとドライヤーを貸出ししています。

 

濡れた服や髪を乾かして、風邪をひかないように体調管理に気を付けてくださいね。

 

 

タイトルのとおり、

河合全統マーク模試(会場模試)

                                                                                                     を受付中です。

  

       実施日:8/18(土) 那覇本校

          :8/19(日) 琉球大学(工学部)

    

本番当日さながらの受験を体験できる機会ですので、ぜひ申し込んで下さい。 

 

高校生も受験できますが、学校で必修になっていないか、確認をしてから申し込みをして下さい

 

 

〆切日が来週の金曜日(7/13)までとなっています。

 

 

〆切前は込み合いますので、早めに受付に来て申し込んで下さいね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

14:26 | 那覇本校
マスキングテープ

2018.7.3

夏休みがやってきます!

こんにちは!

アドバイザーの本村です。

 

 

もう少しで夏休みがやってきます。

受験生にとってもその他の高校生にとっても

すごく重要な期間であることに

違いはありません。

 

特に受験生にとっては

今まで高校で習ってきた事を

再確認するのに重要な時期になります。

 

 

ここでの復習や知識の確認をおろそかにすると

9月以降に点数が伸びない原因になります。

 

これは大きく志望校への

合否に関わってきます。

 

なので夏休みは徹底的に

基礎の見直しをするようにしましょう

 

教科書レベルの問題であっても

1つ1つ丁寧に確認し

知識を積み重ねてください。

 

この知識の積み重ねを出来る最後の時間になるので

夏休みの一カ月を計画的に過ごしましょう。

 

本村

 

 

マスキングテープ

2018.7.1

沖縄受験ゼミナール 本日5時以降閉館致します

台風7号接近に伴い、モノレールが6時以降運休・バスが7時以降運休となります。
その為本日(7月1日)5時にて閉館と致します。
今日は、自宅にて学習してください。
明日は通常通りの開校を予定していますが、台風の進路や公共交通機関の運行に合わせて変わる可能性もあります。
皆さんも気を付けてください。

マスキングテープ

2018.6.28

『自助論』Self-Helpと受験生

 

 スマイルズが1859年に発表した『自助論』は幕末の中村正直によって『西国立志編』として日本で

発売され100万部を超える大ベストセラーとなりました。

日本史を選択している生徒なら「あーあれ」と分かるはずです。

この本の全篇を貫いている思想が克己心です。

克己心とは自分の欲望をおさえる心すなわち自制心The heart of self-denialです。

 

克己心を教えてくれる教育はそれが最悪なものであっても

克己心以外のすべての事を教えてくれる最良の教育より、遥かに優れている」

著者スマイルズの言葉です。

 

生徒に克己心を教えてくれる教育とはすなわち受験そのものです。

 

受験は合格と克己心の両方を手に入れる素晴らしいチャンスです。

私の経験上この克己心を養い自己修養の経験のある人間は

その言語・行動・態度に美しさと威厳が生じます。

時の経過とともに克己心を持っている人間とそうでない人の差は広がりつづけ

克己心のない人間は克己心を持っている人間の永遠に奴隷となってしまいます。

 

 

天は自ら助くる者を助く

受験生は己のやるべきこと淡々と丁寧に取り組み

あまたの誘惑・悪い習慣と決別しましょう。

そして一日も早くよい習慣を身につけよう。

 

※よい習慣・・・受験科目に愛情と尊敬を持って一字一句

一問一問を大切に扱う事。

 

社会科 田仲

マスキングテープ

2018.6.21

学生時代の旅行の話③

沖ゼミ、理科科の鈴木です。

学生時代は学生時代にしかできないことをしようと思い、大学生の時、船で台湾マカオ香港に行った後の、続きの話になります。印象に残っていることだけをまとめました。

 

香港の旅行代理店で、中国の最新情勢を聞いてみたところ、「ぜんぜん問題ないよ、安全だよ」と言われ、天安門事件後の中国行きを決めたこと。ビザを申請し、3日後、列車で広州に向かったこと。列車での手荷物検査が厳しかったこと。それ以外は、天安門事件の影響など全く感じられなかったこと。たまたま、相席になった愛想よく、カタコトの日本語を喋る中国人に良くしてもらったこと。広州でのレストランでの食事や宿探しなど、いろいろ、お世話になったこと。最後には日本での身元保証人になって欲しいと面倒なことを頼まれ、閉口したこと。郊外の射撃場に行って銃を撃ったこと。ドラマのように片手で狙いを定め撃とうとしたら、教官に両手で正面から撃つようにと指導を受けたこと。屋台の朝食のお粥が20円ぐらいだったこと。安食堂のチャーハンは、卵の殻でジャリジャリしていてとても食べられるものではなかったこと。注文する青島ビールがことごとくぬるかったこと。中国のトイレ事情の凄まじさを知ったこと。安全性に大いに問題がありそうな中国国内線の飛行機で、観光地の桂林に行ったこと。団体観光客がいなくて、非常に閑散としていたこと。おかげで、安くていいホテルに泊まれたこと。川下りで台湾の観光客と中華や桂林の景色を楽しんだこと。夜の屋台ではカメが丸ごと入った怪しげなスープを飲んだこと。陸路1日(バス)と水路(川船1泊)の2日間かけ、香港に戻ったこと。香港からは飛行機で台北に向かったこと。

 

台北ではインディー・ジョーンズ(3作目)を見たこと。上映前には国家が流れ、全員の起立にびっくりしたこと。本編前のフィルムが焼け、ブチブブチと溶ける様子がスクリーン写しだされたこと。その後、何事もなかったように本編が始まったこと。夜市は華西街に行ったこと。噂通り、いかがわしく、赤ちょうちんやピンクのネオンが妖しかったこと。台北近郊の港町の基隆に移動し、那覇行きのフェリーに乗ったこと。そして最後に、旅のハイライトがあったこと。

それは、素敵な彼女との出会いでした。(続く)

 

[追記①]

「天安門事件」はこの年の6月4日、北京の天安門広場に民主化を求めて集結していた学生を中心とする数万人の一般市民のデモ隊に対し、中国人民軍が武力弾圧をし、無差別発砲や装甲車で市民を轢き殺したりして、多数の死傷者を出した事件である。現在でも中国共産党の情報規制によりインターネット上での「天安門事件」関する記述の閲覧は阻止されている。渡航自粛勧告について調べてみると、邦人の中国渡航に関しては6月7日に発動され、8月18日で北京市以外の地域が解除、北京市は9月25日に解除されていました。

[追記②]

台湾の映画館における国家斉唱に関して調べてみると、台湾の民主化に伴い2004年6月に廃止になっていました。

マスキングテープ

2018.6.18

歌の良さ

お久しぶりね、あなたに会うなんて、あれから何か月たったのかしら~♪

那覇本校から畠山である。

 

さて、今日はのお話。

空梅雨である今年ですが雨もちらほら降っております。

雨が好きな人もきらいな人もいるでしょうが、

むかしから雨をテーマにした曲はたくさんあります。

僕は陰キャなので雨が降っていてもあまり関係がありませんが(笑)、

部屋が暗くなるのでなんとなく明るい曲を聴きたくなります。

この前偶然ラジオで耳にしたCARPENTERSの「Rainy Days and Mondays」という曲。

以前から好きでしたがなぜか雨の日に聞いたことがありませんでした。

雨の日の車の中でこの曲を聴くとなんかとても雰囲気があり

いつもと違うカレン・カーペンターさんの歌声を聞けました。

やはり名曲はそのシチュエーションに合わせて聞くと最高だと気付きました。

 

そうなんです。

「歌はそのシチュエーションと合わせて聞くといいのです!」

というわけで「歌物語」という古典の作品群を読むのなら(『伊勢物語』『大和物語』『平中物語』)

そのシチュエーションを確認して読むようにしてみましょう!味わい深くなりますよ~(>_<)

(やっぱり勉強の話なんかーい)

 

マスキングテープ

2018.6.14

琉球大学に薬学部設立?

沖ゼミ那覇本校英語科、町田です!

 

実は来月、本当に久しぶりに大阪へ帰省するのですが、その準備の一環として映画「ハリー・ポッター」を第1作から順番に鑑賞中です(因みに長女は小説を)。

 

なぜか?

 

USJですよ、大阪の誇る(?)テーマパークですよ。毎晩観ているせいで、ついつい呪文を口にしてしまいそうです。

 

話は変わりますが、昨日、人口当たりの薬剤師数が最も少ないという沖縄の現状を改善するべく、薬剤師会や医師会の関係者らが、琉球大学に薬学部設立要請の署名を提出したそうです。薬学部を目指す人にはこれまで県外の大学が選択肢だったわけですが、もし実現すれば選択肢がひとつ増えることになりますね。

 

このニュースを教えてくれたのは、「生まれ変わったら薬剤師」と常々口にしている看護師である僕の妻でした。その夢を子どもたちの誰かに押しつける託すかもしれないので、今後の進展を見守りたいと思うのでした。

マスキングテープ

2018.5.1

「クルーザー」  生物担当:宮田

突然の嵐に見舞われたクルーザー(大型ヨット)が2艇、無人島に流れ着きました。 1艇には若くてきれいな女性とフィアンセの男性、もう1艇にはヨットマンと老人が乗っていました。 日が暮れて嵐は少しおさまってきましたが、フィアンセの男性が高熱にうなされ、意識不明になってしまいました。   若い女性は、一生懸命看病しましたが、容態は一向によくなりません。 夜はどんどん深まっていきます。彼を助けるためには、医者のいる島まで連れて行くしかありません。 しかし女性はクルーザーの操縦ができませんでした。そこで彼女はヨットマンに助けを求めにいきました。するとヨットマンは「この島から医者のいる島までは2時間はかかる。それに夜の航海はとても危険で、命がけだ」としばらく考えていましたが、「そうですねえ。あなたを今、抱かせてくれたらクルーザーを出しましょう」と言ってきました。

 思いもよらない言葉に困った女性は、老人にどうしたらいいか相談しました。老人は「今のあなたにとって何が良いのか何が悪いのか、私には答えられません。自分の心に聞いて自分で決めるのがいいでしょう」と返事をしました。 彼女は悩み苦しみましたが、彼を助けるためにヨットマンの言う通りにしました。 夜明けにヨットマンの操縦するクルーザーは無事医者のいる島に着きました。

 3日3晩、男性は生死をさまよいましたが、医者の懸命な看護により、やっと目を覚ましました。若い女性はようやくほっとして彼を抱きしめました。彼女は真実を話すかどうかとても迷いましたが、悩んだ末に正直に全てを打ち明けました。しかしそれを聞いたフィアンセは怒り狂い、「何てことするんだ!お前の顔なんかもう見たくない。出て行け!」と彼女を部屋から追い出しました。   悲しみにくれた女性は、浜辺に座って波を見つめていました。そこに医者がやって来て彼女に声をかけました。 彼女が事情を話すと、「僕には君の気持ちがよくわかるよ。私が彼と話してみようじゃないか。 彼も病気が治ればきっと理解してくれるはずだよ。それまでしばらくの間、私があなたの世話をしてあげよう。」と言いながら、彼女の肩に手をかけました。

                        星野欣生(2003)『人間関係づくりトレーニング』金子書房

上記のお話は、大学のコミュニケーション論などの講座で用いられる物語で、登場した5人の人物について、共感できる順に順位をつけて、話し合うそうです。心理テストではないので、付けた順位でどうこうではなく、それをもとに他の人たちと議論し、コミュニ―ケーションをとるためのツールとしてのお話だそうです。以外におもしろいのは、個人によって随分と順位が変わる点です。みなさんも試してみては?

ただし、受験生は塾で友達を一人つくると偏差値が2ポイント下がると昔から言われているので注意してください。逆にアドバイザーや講師と仲良くなると一人につき偏差値が3ポイント上がるといわれています。

因みに私の順位は 1位:ヨットマン(俗物だが、約束は守ったから)、2位:女性(いちいち言わなくてもよかったけど、フィアンセのために)、3位:フィアンセ(すこし勝手な気もするが、そうなるでしょう)、4位:老人(無害)、5位:医者(下心がみえかくれする)。

 

 

 

マスキングテープ

2018.4.19

新年度が始まりました

はじめまして、物理・化学担当の木村です。

物理・化学は範囲がとても広いです。

わからないことをすぐに解決しようとするクセをつけておかないと、広い範囲のあちらこちらに問題点が散らばってしまい、とたんに苦手科目になってしまいます。

広い範囲で使用するようなベーシックなところ(運動方程式とか仕事とエネルギーとか密度・濃度計算とか酸化還元とか)がいまいちな出来だと、全体もやばくなってきます。

やはり、一番重要なのは基本ですね。

また、ある程度は自分の頭でなんとかしようと試行錯誤することは重要ですが、時間をかけすぎると大きな無駄が生じるので、ある程度考えて解決できなかったら、どんどんまわりに聞くようにしましょう。

それでは、一年間しっかりと頑張っていきましょう。

マスキングテープ
1 2 3 4 5 6 15
資料請求はこちら体験指導のお申込みはこちら