Home > ブログ

ブログ

2017.10.23

winter comes around

こんにちは。

理科科の木村です。

将棋界でも、羽生棋聖vs渡辺竜王の竜王戦が始まり、もうすぐ冬がやってくるという時期になりました。

今期、羽生棋聖は若手にタイトルを2つ奪取されたのですが、それも永世竜王をとるべく竜王戦に集中しているからなのではと思われます。

実際、竜王戦第一局は羽生棋聖の勝利で、永世竜王獲得に向けていい弾みをつけられました。

ぜひ頑張ってほしいものです。

 

受験生の皆さんもセンター試験まであと3カ月を切りました。

沖縄はまだ暑いですが、センター試験が近づくにつれて少しずつ寒くなってきます。

季節の変わり目は、やはり体調を崩しやすいです。

健康なときほど、健康時のありがたみを忘れがちになります。

追い込みの勉強も大事ですが、それと同じくらい体調管理に気を付けてください。

 

物理や化学といった科目はこれからまだまだ追い込みがきく科目です。

苦手じゃないところは放置するのではなく、頻度は少なくてもよいので定期的に確認し、

苦手なところを中心に、理論を把握した上での問題演習を繰り返してください。

物理の問題を解く上で、

立式するときは、「反射的にいつもやっていることをやってみる」という感じで手を動かすのではなく、

「今起こっていることをしっかり現状把握した上で方針を設計し立式する」というようにすると、

見通しが良くなって計算量も減り、同じ時間で解ける問題量も増えていきます。

エネルギーの流れを把握した上での仕事とエネルギーの計算、何と何を比較すると単純な比例・反比例関係が見えてくるか、物理でよくある文字指定から問題製作者の意図する解法を察して流れにのる、などなどです。

本番が近づいてきてあせりも生まれてくると思いますが、現状できることは「しっかり勉強すること」です。最後まで頑張ってください。

 

マスキングテープ

2017.10.21

映像授業と単元確認テスト

以前生徒からの声の紹介で
「テスト前だけ勉強していた理・社を定期的に学習するようになり成績が上がった。」
という感想を書きましたがなかなか成績向上につながらない生徒がいるのも事実です。
ただ映像授業を見るだけでは成績は上がりません。
正しい映像授業の「使い方」を
映像授業を見る「正しい心構え」を実践して初めて成績は上がるのです。

 

皆さんこんにちは
映像授業で地理を担当している秀島です。
今年度も早くも折り返して後半に入りました。

 

理・社成績向上のカギは
映像授業を視聴した後受けることになっている「単元テスト」です。
皆さんはどう考えながら受験していますか?
実は単元テストの成績が振るわない生徒は
定期テストの成績も良くないという結果が出ています。
そしてこういう生徒から
「本番のテストではない」から点数が良くなくてもいいと思っていた。
「1回目の学習の確認」だからテスト勉強のときに仕上げればいいという気持ちだった。
という残念な声を聞き取りました。

 

これは部活で
「大会じゃないから(練習は)まじめに取り組まなくてもいいと思っていた。」
と言っていることと変わりません。
普段からまじめに練習するからこそ大会で力を発揮できるのです。

 

まずは授業を集中して見て、暗記すべきことをまとめ、覚えましょう。
次に確認問題で欠点・弱点を補いましょう。
実はこの時が一番大切です。
単元テストで満点を狙えるように精一杯努力しましょう。
最後に単元テストで全力を発揮しましょう。
もちろん正解できなかったところはすぐに復習です。

 

塾で行った学習のその日のうちに出すべき成果は塾で出し
先延ばしにしないように心がけましょう。
その日のうちに塾内でやるべきことは塾にいるときに済ませ
自宅では自宅でやるべきことをやれるようにしましょう。

マスキングテープ

2017.10.18

センタープレテスト

みなさん、こんにちは!

 

現在、河合のセンタープレテストの申込を絶賛(笑)受付中ですが、、、、、

 

センター試験本番まで申込みできる模試は、

 

この「河合センタープレテスト」とあと一つ、

 

「駿台センタープレテスト」の残り二つだけとなりました

 

 

 

この残り少ない模試を有効活用するために、

みなさんは何に気をつけて挑みますか?

 

 

 

確実に取れそうな問題・得意な問題で凡ミスをしない、

 

問題を解く順番や時間配分が制限時間の中で機能しているか、

 

などいろいろあると思います。

 

 

試験に慣れることで本番でも実力を発揮できるので、センター試験を受験するみなさんにはぜひこの二つの模試を受けて頂きたい!

 

 

特に、「駿台センタープレテスト」は、琉大で実施しますので本番さながらの体験ができますよ

 

 

 

沖ゼミはみなさんを全力でサポートします!受験まで一緒に駆け抜けましょう

 

 

マスキングテープ

2017.10.17

数学のセンター対策

みなさん、こんにちは!!

センター試験まで残り3ヶ月となりました。

高3生、過卒生の授業では受験生が本気モードになってきたのがよくわかります。

しかし、本気になったからこそ勉強法に悩むこともあります。

この時期に一番多い質問が、次の質問です。

数学の点数が伸びない。どんな勉強をしたらよいか?」

当然、今現在どのくらい点数が取れているかによって、アドバイスの内容は

変わってきます。おおまかに書くと、こんな感じでしょうか?

● 80点以上取れている → 基礎的なこと、センター頻出事項は十分に理解できています。60分演習をどんどんやろう

● 50点以上取れている → 基礎的なことは理解できています。センター頻出事項をマスターするために、マーク式の問題集を徹底的にやり込もう。

● 50点は取れていない → 教科書などを利用して基本問題を徹底的にやり込もう。

最後の「基本問題を網羅した問題集」として、

沖ゼミの「数学徹底攻略」・「数学合格問題集」がおススメです!!

受験生のみなさん、残りの3ヶ月、しっかり勉強しましょうね!!

 

― 那覇本校・数学科 名嘉 ―

 

14:34 | 那覇本校
マスキングテープ

2017.10.16

自分を認めてあげて

みなさん、こんにちは。那覇本校のノブヨシです。そうです、新人です。しばし、お付き合いを。 

みなさんはボランティア活動ってやってますか?学校でボランティア活動をしたことがある人もいると思います。学校で強制的に課されるものもボランティア活動と呼べるのかという議論はあるでしょうが、私は日頃からボランティア活動をするように心がけています。 

さぁ、なぜボランティア活動をするのでしょうか。ボランティアというからにはそれは自発的な行為であるべきであり、もちろん見返りは求めるべきではありません。ですが、メリットがあるのも事実です。いくつかメリットはあるでしょうが、私の思うボランティア活動のメリットは「自己肯定感に繋がる」ことだと思っています。 

「自己肯定感」つまり、自分を認めてあげられる感情とでも言いましょうか。「こんな自分でも人の役に立てる、価値がある、やり遂げる力がある。」と思えることです。「ボランティア活動を通して、自分は人の役に立てた!やり遂げられた!」というこの感情。実は、この感情がとても勉学に大事だと思うのです。考えてもみてください。何もせずに「自分なんか何やってもダメだ…」って思ってる人の成績が良くなるでしょうか。確かにボランティア活動と勉学は、直接的関係はないかもしれません。ですが、「今回の模試の結果は厳しかったけど、あんだけ頑張ったんだから次の模試では絶対にイケる!」と考えられる方が良いに決まってますから(もちろん、根拠のない自信はダメですが)、常日頃からそんな風に考える、そういう思考や癖を身に付けるきっかけがボランティアであっても、私はいいと思います。 

何もせずに「自分なんか何やっても成績上がらんわぁ。」って思ってるそこの君!君も重い腰を上げて、ボランティア活動に限らず何かを行動に移してみてはどうですか。そしてそれをやり遂げれば、きっと今までとは違う感情が生まれるに違いありません。いや君は、もう実はすでに行動に移しているかもしれません。「は?何もしてねぇし。」だって?んじゃ、なぜ君は予備校のホームページを見ているのですか?自分の成績を上げたい、と思ってのことではないのですか?成績を上げるために予備校に通うことを考え、ホームページを見ているのではないのですか?もしそうならホームページを見るという、第一ステップは完遂ですよ。自己肯定感を芽生えさせるとは、そういうことです。 

さぁ君も一歩踏み出して、沖ゼミの扉を叩いてみませんか。(ちなみに沖ゼミ那覇本校は自動ドアなので、叩かなくても大丈夫です。)

15:45 | 那覇本校
マスキングテープ

2017.10.3

学生時代の旅行の話②

沖ゼミ、理科科の鈴木です。

学生時代は学生時代にしかできないことをしようと思い、大学2年生の時にフェリーで台湾に向かった前回のブログからの続きになります。観光旅行というよりも現地をひたすら歩きながら、街並みや人々の暮らしぶりをみたり、入りやすそうな食堂や安宿を探すのがメインのような旅でした。覚えていないことも多いのですが、旅行中の印象的な出来事を中心にまとめてみました。

 

高雄に着くまでの船内の二泊が、とても長く感じられたこと。食堂での食事はパスして、二日間、安い自販機のカップ麺を食べたこと。同じような学生の個人旅行者が6人いたこと。自転車で台湾を一周するという、パワフルで個性的な神戸の女子学生がいたこと。残りの5人の男子学生については何一つ覚えていないこと。

高雄市街では、バイクの排気ガスで頭が痛くなったこと。食堂や屋台でいろいろなものを食べ歩いたこと。急な腹痛に見舞われ、鳥肌状態で必死にトイレを探し回ったこと。やっとの思いで見つけたトイレに紙がなかったこと。それでも、用を足してホッとしたこと。その後、少し考え、ガイドブックを後ろのページから破り、代わりに使ったこと。ドキドキしながら散髪屋さんに入ったこと。台湾の若者風の髪型になって満足したこと。高雄から週二便、マカオに行くフェリーが出ているのを知ってすぐ予約したこと。その船内では、夕食の中華が美味しかったこと。船内では中国式マージャンやトランプゲームなど、ギャンブルが盛んに行われていたこと。

マカオでは、最初に入った屋台でぼったくられたこと。賭博場に入って、サイコロゲームをしたこと。宿二泊分ぐらいの金額が消え、少し後悔したこと。宿に戻り、残りの日程と残金を計算したこと。翌日再度、賭博場に行ったこと。リベンジを果たし、負け分をきっちり取り戻したこと。もっとやりたいという欲求に駆りたてられたこと。すぐに、マカオから高速船で香港に向かったこと。

香港では、いろいろな噂がある重慶大厦(チョンキンマンション)に泊まったこと。朝、二階につながる長い行列を見て、意味分からず、とりあえず並んでみたこと。飲茶だったこと。たかだか飲茶なのに、すごく殺気立った雰囲気だったこと。次々に、カートで運ばれてくる山のように積み重ねられた点心を、どう注文していいか分からず困ったこと。カップルだらけの高台の公園で、一人寂しく香港の夜景を見たこと。旅行代理店に行き、渡航自粛勧告中中国に行って見ることを決心したこと。(続く)

 

[追記] マカオはカジノで有名な街です。実際に行ってみると、一流ホテルのカジノから、地元の人向けの賭博場、路上での簡単な博打(ばくち)まで、さまざまなものがありました。サイコロゲームのルールや興奮と醍醐味は前回のブログで紹介した沢木耕太郎の深夜特急〈1〉マカオ編で味わえます。ちなみに、あのM先生も、大学卒業後に香港のあとにマカオに行っていると思います。おそらくサイコロもやっていると思います。

マスキングテープ

2017.10.2

風立ちぬ。そろそろ仕上げの時ですね。

〈風立ちぬ〉とは、立秋を指す古語。

この季節だからこそ、国語科の池田から一言。

 

沖縄本島でも、そろそろ秋めいた涼風を感じる季節になりました。

……そうです。 そろそろ受験生に焦りが出始める季節でもあります。

特に現役高三生なら、クラスメイトが推薦で受かったり、模試結果に

落ち込んだりして、「大丈夫か、オレ…?」的気分になってしまう時期

でしょうかね。

 

この間、TVのニュース番組を何気に見ていたら、

『世界体操』七連覇(‼)を目指すという、内村航平選手のインタビュー

をやってました。彼曰く、

常に準備は完璧と思えるくらいやっているので、本番前に不安になる

 ことはありません。むしろ、早く今の自分の演技をしたくてワクワク

 しています。」とのこと。

 

そろそろ焦り始めた皆さんへ。

内村選手のコトバを、しっかり噛み締めてみて下さいませ。

自分の「準備」は、今どのくらいなのか

焦ることなく、今の時期こそもう一度自分に問いかけてみて下さいね。

 

マスキングテープ

2017.9.25

アルバイト

沖ゼミの小田島です。私は中学生の頃からアルバイトをしてきました。最初は月に数回のチラシ配りから始め、数千円程度の小遣い稼ぎをして部活のウェアーやシューズなどの購入に充てていました。高校生になると、全国模試の結果に面食らい、当時出始めた福武書店のチャレンジ講座を始めようと思いました。英語と数学を受講することにしたのですが、当時でも7,8千円ほどしたように記憶しています。勿論、家計から出してもらえないので、日曜日以外毎日夕刊の新聞配達をすることで賄うことにしました。雨の日や雪の日が本当に大変でした。自転車で50軒ほどを2時間弱で配り、それから帰宅しその添削講座をやったりラジオ講座に取り組んだりしていました。自宅から遠い所を配達していたので、販売所のおばさんがタクシーチケットだしてくれ、それを使って帰宅したこともありました。しかし、思いのほか成績も伸びず大学受験に失敗し浪人することになり、予備校の学費と生活費を捻出するために日本経済新聞の新聞奨学生になり、新たなバイト生活がはじまったのでした。これもなかなか大変で午前3時には起床し、それからチラシを200から250部の新聞に手作業で挟みいれ午前5時前には販売所を出発し午前8時過ぎに終了することがほぼ毎日続きました。それから予備校に通い、午後3時には夕刊の配達、また、休日でも代金の集金もしなければなりませんでした。真夜中の集金というのもありました。なんとか大学に合格したもの、私立大学であったため学費の工面でもう一年間奨学生を続けることになりました。予備校の時は、東京の品川でしたが、大学1年次は埼玉県大宮市になりました。ここでも大変なのは変わらなかったのですが、似たような境遇にある学生や若者達が全国から集まっていたのも事実でした。ただこのような生活から抜け出ようともがいたあげく、もう一つべつのアルバイトを見つけ、奨学金の返済をして新聞奨学生をやめることにしました。大学2年次以降は千代田区神田になるので、これを機に世田谷区に引っ越し、知り合いの伝手で東京銀座でのケーキ屋兼レストランでのウェイターとしてのアルバイト生活が始まることになったのでした。

14:04 | 那覇本校
マスキングテープ

2017.9.20

映像授業の近況報告②

先日宮古島に大きな被害をもたらした台風18号は
都合の悪いコースを通ってしまったため
沖縄本島にも数日間にわたって影響を与えました。

我が家の影響と言えば
近所の店に買い物(休日の食事担当してます)に行っても
需要と供給のバランスがかなり崩れているのか
野菜も鮮魚も驚くほどの値の高さになっていて
「食べたいものを作る」のではなく
予算に合わせて「作れるものを食べる」日々が
もうしばらくは続きそうです。
台風の被害に遭った方々に比べれば
全く大した問題ではないのですが。

こんにちは。
映像授業で地理を担当している秀島です。
今回も映像授業について書きます。

基本的に予定されている映像授業の撮影の順番は
教科書の順番通りになっています。
しかし、理科と社会は中学校毎に進度に差があるので
生徒の中には自分が今必要としている単元が準備されていない
という人も出てくると思います。
そんなときは映像授業監督の先生に
「○○の単元を学校で次にやる(今やっている)ので準備してください」
と告げてもらえれば
映像授業監督の先生から映像授業撮影担当の先生に連絡が行き
それを聞いた撮影担当の先生は
要望のあった単元の撮影順番を繰り上げるなどして
すぐに対応することになっています。

ただし撮影から全教室に映像教材が準備できるまでに
1週間から10日間ほどの時間がかかるため
余裕をもって早目に要望を出すようにしてください。

映像授業は生徒の皆さんの協力あってのものです。
良い教材として機能するものになるように
今後とも皆さんからの協力を宜しくお願いします。

マスキングテープ

2017.9.15

沖ゼミ自転車部というのがあってだね・・・

みなさんこんにちは。沖ゼミ那覇本校の佐久間といいます。久しぶりの投稿になります。台風の影響で雨風が強いですがいかがお過ごしでしょうか。

実は私佐久間、沖ゼミ自転車部の部員です。ちゃんと沖ゼミのユニフォームもあるんですよ。こんな感じです。tour de hok (2)←これは数年前に北海道でレースを走った時のものです。今年は久々に真面目にトレーニングをしており、今後も今月の24日(多分)にはキャンプキンザーでのレース、11月にはツールドおきなわに参加する予定となっています。

 

自転車をそれなりのペースで、練習やレースを楽しく走ることができるよになるにはしっかりとした基礎トレーニングが必要で、私も平日はローラーという自分の自転車を載せて利用するトレーニング用の機械を使って自宅で、週末は実際に外で150km~200km程度を走り込みます。これでも平日の実走がまだまだ足りないと感じています。

 

勉強も似たようなもの。自転車のレースは1時間~数時間程度で終わってしまいますが、その裏には選手の膨大な距離の走り込み・トレーニング・当日に向けてのコンディショニングがあり、それがレース当日に数分・数秒の違いとなり、様々なドラマを生んでいます。

入試も試験は1日~2日で終わってしまうわけですが、そこに至る過程でやはりきっちりと計画立てていつまでに何を達成するという目標や、基礎トレーニングが必要になってくると思います。受験生にとって残された時間は長くはないですが、毎年皆さんの集中力と爆発力が大幅に増え、それが結果につながってくるのもこの時期からです。がむしゃらに頑張ってみてください。

 

さて今日は、息子に頼まれてセンター試験の支払いに行ってきました。.IMG_3425

いよいよこの時期がやってきましたね。残された時間を後悔のないように過ごしてください。(佐久間)

 

マスキングテープ
1 2 3 4 5 6 10
資料請求はこちら体験指導のお申込みはこちら