Home > ブログ

ブログ

2017.8.21

香港に行ったときのはなし

こんにちは、生物担当の宮田です。 

梅雨が明けて、ジメジメから開放されて、私はこの季節が一番好きです。

  二十代の半ばに、香港にいったときの話を少し。覚えているのは、どこか市場みたいなところの道端で、携帯持って立っていた兄ちゃんに道を聞いたら、ものすごい勢いで英語でしゃべられて面喰ったこと。どうみてもヤンキーなのに何でこんなに英語を喋れるんだと思ったのですが、当時の香港はイギリスの植民地だったので当然のことだったのです。しかし、「俺も相当な時間、英語教育を受けたけどな~。」と思い少し落ち込んだ事を覚えています。気を取り直し、北京語や広東語だと全く分からないけど、英語なら何とかなると思い、きれいなOLさん(ビビアンスー似)に、わざと道を聞いたのを覚えています。「あそこに見えるfountainの向こう側にお前の行きたいbotanical gardenの入り口がある。」と丁寧に教えてくれました。その時のfountain美しい発音を今でも覚えています。(fountainは受験勉強のときに覚えた単語でした。)映画館にも行きました。当時ヘビースモーカーだった私は、映画を見ながら煙草が吸える事に狂喜乱舞したのを覚えています。その時も、確かセリフは広東語で、字幕は英語だったので、何となく内容は分かり、かなり楽しめました。

 一人旅で、何も決めずに行ったので、妙な場面を鮮明に覚えています。ただ、一人だから行けなかったところもあります。九龍地区にあった重慶大厦(チョンキンマンション)は怖くて一人で泊まれませんでした(『恋する惑星』に出てくるマンション)。だけど、別の安宿で出会いもありました。相部屋になった人が、世界中を旅している日本人で、怪しかったけど、とてもいい人でした。その人が、旅してきた道のりをずっと話してくれましたが、よくわかりました。そしてその道のりの意味も何となくわかりました(受験勉強の地理のおかげだと思います。そして、公安の悪口を言っていたので、そんな関係の方だったのでしょうね(これは大学入学後に学んだ知識だけど。))。

  というわけで、受験勉強は、今後の実生活に役に立ちます 頑張ろうね!

 

マスキングテープ

2017.8.21

「無駄」のすすめ

「無駄遣い」「無駄話」など無駄には何かとマイナスなイメージがあり、

「無駄なく行動する」などが求められる昨今。

 

本当に無駄っていらないのですか?

授業中に僕は「雑談(無駄話)」をいれます。入れすぎることも多々ありますが・・・(汗)

まぁ、それはいいとして、雑談には状況を緩和する効果があります。

 

ここに初対面の二人がいます。互いに緊張しているうえに話をしたことがないとき、

彼らが話すとしたらおそらく「核心」をついた話ではなくおそらく「無駄話」です。

その場においては必要でもない内容(天気・その人の出身地・ひとがらなど)でしょう。

話の内容よりも言葉を交わすことに意味があるのです。ですから話の内容は「雑」で「無駄」でいいのです。

もし互いに「核心」をついた話しかできないとしたら・・・。想像してみてください。

 

「自分が今欲しい情報だけがあればいい」とすると、とても狭い知見しか得られません。

様々なことに興味を持ち、それが将来使えるかどうかだけではなく、何か役立つことがあるかも・・・

くらいの感じで付き合えるようになってもらいたいものです。

今みなさんにマネジメントの話をしても「無駄」でしょう。でも、社会人になってみたらどうでしょう?

 

その時だけを見て「無駄」と考えるのではなく、将来「どっかで何かの役に立つかも」という姿勢で

情報と向き合ってみませんか?その方が豊かな感性と多様な視点を得られます。

 

マスキングテープ

2017.7.25

北谷高校に出張してきました

三度めまして、森さんです。

いよいよ夏期講習がはじまりましたねぇええええ・・・ぇ…

(森さんのHPはすでにEゲージですよ…)

 

さて、7/24に北谷高校で行われた勉強会の模様を少しだけお見せします

去年始まった県立高校と予備校のコラボ企画です

なかなか相まみえぬ組み合わせ…な気が致しますが…

沖縄の将来を担う子どもたちによりよい学習生活を送ってほしい

そして

将来人のために何かできる力を培ってほしい

そんな

共通の願いがマッチした企画

 

結果的にとても素晴らしい時間を過ごせました

 

普段しゃべってばっかですが

実は聞くことの方が好きな森さんです

めっちゃ楽しかったし勉強になりました…

 

北谷兼城さん

入試とは何ぞやと熱のこもった話をする兼城さん

 

北谷松本先生

笑いを交えながらもち密に計算された内容のパワポで

英語の勉強法を伝授してくれた松本先生とトレン先生

 

北谷安東先生

松本先生とはまた違う笑いの安東先生

同じ国語科のはしくれとして見習わなければならない話がたくさんありました!

 

北谷もり

森さんは一年生の教室で話をさせてもらいました

みんなノリがよくて助かりました…

死ぬほど緊張してたんだって…ほんとだって…

 

北谷トレン

トレン先生のマイクパフォーマンスもキレキレでした

今度から Not Good 使お…

 

北谷吉川先生

滑り芸の吉川先生(後ろ姿でもおもろい)といつもかっこいい遠山先生

 

北谷お礼

 

最後には代表の生徒が謝辞を…これにはとても感動しました

 

一年生も二年生もきちんとその日の内容を踏まえて

「定型文」ではない「自分の言葉」を述べてくれました

 

こちらがお礼倍返しだ!

と思いながらきいておりましたよ

 

まぁ…トンデモ事件もありましたが…

(ヒント:大城AD ←詳細が気になる方は大城さんか森さんまで・・・)

無事終わってホッとしております

まずは夏の終わりまで 体調管理に気をつけてのりきりますよ~

 

 

マスキングテープ

2017.6.22

今日は何の日 ~6月22日~

こんにちは、中等部那覇から前里です。今日から梅雨明けが発表され、雨に悩まされずにすむと喜ぶ反面、これからの暑さを思うと少々げんなりする今日この頃ですがいかがお過ごしでしょうか。

 

今日は6月22日ですが、調べてみるとある食べ物に関する記念日になっていたので、そのことについて書きたいと思います。

 

① ショートケーキの日

これは6月だけではなく、毎月22日に設定されています。カレンダーを見てみると22日の上には15が・・・ということで上に15(いちご)が乗っているからという理由だそうです。

 

② かにの日

大阪のかに料理店「かに道楽」が制定。星占いのかに座が6月22日から始まるのと、「か」は50音でいうと6 番目に、「に」が22番目くるというのが理由とか。

 

 

どちらも「よく思いつくなー」と感心しました。勉強の知識とはまた別のものですが、こういう発想ができる頭の柔らかさは身につけたいですね。

マスキングテープ

2017.6.18

雨の日は憂鬱に…はなぜ?

こんばんは^^

中等部沖縄校から大澤です。

今日は出勤時にドシャ降りの雨で、濡れた手と非力な力で入口のシャッターがなかなか開けられず、シャッターと格闘するところから一日がスタートしました。

 

5月病でやる気がでないとか、雨で憂鬱…という声はよく耳にしますが、

このたぐいで気分が落ち込んだことがない私…

確かに今日みたいな日は、服や髪が濡れて面倒だなとは感じたものの、一枚多めに持ってきたハンドタオルで拭けばいいやぐらいに思っていたので、

「雨の日だから外出したくない」とか、「一日やる気にならない」ということには全くならなかった私(;´・ω・)

 

気分的なものなのか…、科学的な根拠があるのか…

気圧の変化によるものと聞いたことはあるが、詳しくは知らない…

ということで少しだけ調べてみました。

 

結論としては…

 

低気圧になる(天気が悪くなる)と、

体の細胞内の水分が膨張し、血管が膨らみ、これにより血圧は低下して、呼吸や脈がゆるやかになり、

身体的にはリラックスモードなのに、学校に行かないといけない…とか仕事に行かないといけないとなり、憂鬱な気分になるそうです。

 

また、これに伴って、普段に比べて酸素が体全体に行き渡りにくい状態になり、不調をきたしやすいようです。

 

なるほどね…という感じでした。

もしかしたら身体的にもともと血圧が低い私は、気圧の変化に体が影響を受けにくいのかも…

メンタルでもまあまあポジティブ(でありたいな… )私は、雨の景色や、降ってくる雨粒をしたから見上げることに面白さを感じたりできるので、憂鬱とはほど遠いかな…

00:02 | 講師日記
マスキングテープ

2017.6.16

にどめまして

中部地区主に国語担当の森さんです

小田島先生と鈴木先生のブログの続きが気になってます

 

さて 二回目のブログですが…ちょっとだけ国語の勉強法

前期はとことん手を動かそうの段 …です

 

沖縄校の過卒の生徒はご存じ…

月曜日朝の「地獄の課題」の解答です

生徒も大変だと思いますが…

森さんも毎週気合いを込めて書いてますよ!!!

 

 

朝課題

 

森さんも頑張るから一緒に頑張ろうぜ方式です

とにかく辞書を引きまくって書きまくってください

夏以降これが読解力つまり結果に繋がります

 

先ほど地獄と書きましたが…実は結構楽しかったりします

その理由は「皆さんの成長が手に取るようにわかるから」です

前期が始まったころに比べると本当に力がついたと感じます

うれしくて毎晩泣いてます…よよよ(一部脚色)

 

この調子で前期を駆け抜けましょうぞ!!!

 

+++オマケ+++

 

以下朝の課題のプリントや出席用の紙の落書き等…

こんなの書いてこられたら楽しくなっちゃうよっていうのを

一部ご紹介

(職員室で一人吹き出す森さんですよ…)

くれてやる
「賜ぶ」という単語のイメージは「くれてやる」でしたね

 

血反吐

嗚呼血反吐三兄弟…

 

スプー

 

知ってる人もいると思いますがスプー事件再びですね…

 

呪詛

 

最近「へぇ」って思ったことを書いてもらったらこれですよ…

怖いから!!! sikamo 続きモノ!!!

呪詛其の二
(以前『羅生門』ってどういう話だった?の回答に「おばあさんが人を食べてた」

 ってのがありましたが…それに次ぐ恐怖でした…)

 

メッセージ

皆さんの頑張りが森さんの糧ですよ!

マスキングテープ

2017.6.6

高校時代までのお話

生物担当の宮田です。

梅雨と夏の間の、ビミョーな天気が続いていますが、皆さん元気ですか。

今回は、私の高校時代までのお話を少ししたいと思います。

 

私が高校まで過ごした愛知県は、管理教育で有名な県でした。学校の教師は絶大な権力をもち、生徒達は教師の言うことに絶対服従しなければならなりません。特に中学時代は内申を盾に教師は生徒達に絶対的な権力をふるいます。そして、やっと高校生になれたと思ったら、実情はほとんど変わらず、『ヘルメットを着用していなかったので昼時間に職員室前の廊下で30分正座』とか(当時、自転車通学者は全員、ダサイ白いヘルメットを被って通学しなければならなかったのです。高校生なのに)『遅刻したら3000字の反省文を翌日までに提出した上、職員室前の廊下で30分正座』とか、まるで軍隊の様です。そのような、とてもとてもつまらない高校時代をやっと卒業し、そして、私は浪人生活に突入しました。

 

河合塾に通いました(因みに河合塾は名古屋発祥です)。そして驚きました。授業をする講師たちは、今までの学校の教師たちと違い、本当の事しか言いませんでした。建て前なんか言わない、変人たちばかりだったのです。私には、そんな講師たちがとても魅力的な人たちに見えました(救われた気持ちになりました)。大学に入ったらこんな人たちがいっぱいいるのだろうし、また、そんな人たちでも、何かヒトにものを教える立場になれるのだと思ったのを覚えています。

 

この話は私が、今の仕事に就いてから思い出した話ですので、都合よく改ざんしている可能性は大ですが、今でも、あの講師たちのように、「本当の事」だけを言いたいと思っています。だから、テキストの「はじめに」に書いた、『生物は暗記教科であり「反復」と「継続」が最重要事項である。』は本当の事ですから。

マスキングテープ

2017.5.15

創立25周年

中等部から與那嶺です

連続投稿になりますが、皆さんにお伝えしたい

ことがあるので聞いて下さい

 

 

沖縄受験ゼミナールは本日で

創立25周年を迎えます

 

 

たくさんの生徒が沖ゼミで学び、進学や夢を叶え、

県内外で活躍しています

これからも多くの夢の実現をサポートしていきます

 

 

皆さんも創立25周年を迎え、ますますパワフルな沖ゼミで

一緒に夢を叶えませんか?

 

 

マスキングテープ

2017.5.15

梅雨入り

中等部から與那嶺です

雨ですね~

いきなり降り出したと思ったらすぐに大雨になるので

しばらく外出時の傘は必需品ですね

 

沖縄県民は傘を持ち歩かないと以前テレビで見ましたが、

全くその通りだと思います

その背景には車社会があるのでは、と私は考えています

 

建物から駐車場まで走ればいい

という感覚が沖縄県民はあると思います。

ちょっとの雨ぐらいなら傘は持たない、

大雨なら外出をやめる、

と傘を持つことを頑なに(?)拒みます。

 

実際、私も建物から駐車場までの距離、雨量で傘を持つかを

考えてますしね

いい大人が傘も差さずに雨の中を走るのもいかがなものかと

思いますので今年は傘を持ちます

 

そして今気づきましたが、人生で一度も傘を買ったことが

ありませんでした

まずは傘の購入から始めたいと思います

 

沖ゼミでは雨でぬれてしまった子が風邪をひかないように

入り口でタオルを準備しています。

ですが、タオルがあるからといってずぶ濡れで塾に来ては

いけませんよ

マスキングテープ

2017.5.9

おはつです

沖縄校本校・沖縄校初等部中等部・沖進中部で国語を担当している森です

「森さん」と気軽に声をかけてくださいな

 

連休も終わりそろそろ休みボケを何とかしないと…

と思っている生徒も多いのではないでしょうか

(連休こそ復習のチャンスなんですけどね)

 

さて、本題。

何を書こうか迷いました。

 

勉強法についてはほかの先生方が書かれてらっしゃるし…

イベントやスケジュールについても言わずもがな…

 

というわけで日々思っていることを国語担当っぽく徒然とそこはかとなく書いていきます

日々…どうして腐った豆が「納豆」で納まった豆が「豆腐」なんだ 逆じゃね?

とか

日々…どうして「嘘をつくな」と言わずに「嘘をつけ!」と言うのだ 変じゃね?

とか

 

そんなことを考えている森さんです

 

今日の徒然は…

 

勉強に疲れた時のリフレッシュ法!

 

「好きなものを五分眺める」

 

好きなものを見ると癒されますよね

ポイントは時間決めることです

なんでもだらだらけじめがないのがよろしくない

 

ちなみに森さんの本日の癒され画像はヤドクカエルです

カラフルで大変かわいらしい(でも有毒)

ペンにも友人お手製のカエルがついてますよ

質問ついでに見に来てくださいね

 

blogのネタは授業中の出席カードでも募集してますよ~

 

 

blog かえる

マスキングテープ
1 2 3
資料請求はこちら体験指導のお申込みはこちら