Home > ブログ

ブログ

2016.10.31

ハロウィンと民俗学

中等部から與那嶺です。

先週末からやっと秋の気配を感じられるようになってきました。

夕方からは涼しいというより冷えるといった感じです。

皆さん、体調の管理はしっかりと行いましょう。

 

今日は10月の最終日であり、ここ数年で日本でもクリスマスと

並ぶ人気のイベントとなったハロウィンです。

キリスト教由来のイベントと思いやキリスト教は関係ないとのこと。

今回はハロウィンの起源について調べてみました。

 

2000年以上も昔、現アイルランドのケルト民族の宗教の一つに

ドゥルイド教というものがありました。その儀式の一つのサウィン祭が

起源といわれています。

 サウィン祭とは秋の収穫を祝い、悪霊を追い払う

祭りでした。古代ケルトでは一年の終わりが10月31日と

されていて、この日は日本のお盆のように死者の霊が家族に会いに

来るといわれていたのです。

 

ただ日本のお盆と違い、精霊や悪霊も一緒に来ると信じられて

いました。その悪霊は家畜や作物に悪い影響を与えたり、また子供を

さらったりするので人々は悪霊たちを驚かせて追い払うために仮面を

かぶったり、魔除けの焚き火をしたりしたと言われています。

そこから今の仮装をする習慣が生まれたというわけです。

 

このように現代生活のなかに伝承される文化がいかに表現され,

いかなる形で存在し,またどのように推移してきたかを,同国人的,

同時代人的な感覚のなかで見きわめ,さらにそれぞれの理由を

追及しようとする学問を民俗学といいます。民俗文化を内側から

明らかにしようとする学問です。

 

大学の時にゼミで少し学びましたが、かなり興味深い学問です。

現地調査を行ったり、古い文献を調べたりとフィールドワーク中心

だったので良い経験となりました。これから大学で何を学ぼうかと

悩んでいる子にはおすすめの学問です。そこにはネットでは絶対に

得ることのできない情報や感じることができない歴史の重みがあります。

一般教養の講義でもありますのでぜひ候補に入れて下さい。

 

中等部もハロウィンということ内装を少しハロウィン風にしています。

いつもと違った雰囲気を生徒が楽しみ、勉強の息抜きになってほしいと

思います。

マスキングテープ

2016.10.28

英語の得点アップは基礎からやり直すしかない!

那覇本校・首里校の新垣達也です。

英語の得点が伸び悩んでいると感じている人は、入試レベルの問題を繰り返してもなかなか効果がでません。

そのわけは入試レベルの問題は基礎的内容の組み合わせになっているので、パターンが変われば全く違う問題になるのです。

基礎的内容をもう一度確認して、つまり、英語の根や幹の部分を確実にしてから、先に進まなければなりません。

では基礎的な内容とは何でしょうか。

1 be動詞・一般動詞の肯定文・否定文・疑問文

2 不規則動詞(60語)

3 助動詞

この3つの文法内容です。特に不規則動詞は時間がかかりますが、最も重要です。

しかもテキストの問題は9割以上できなければなりません。

これらの内容をクリアするといきなり理解力があがります。

ぜひ挑戦してみてください。

 

 

 

 

 

マスキングテープ

2016.10.27

松尾芭蕉「おくの細道」

中等部那覇教室から前里です。

 

現在公立中3年生のクラスでは、松尾芭蕉「おくの細道」を学習中です。

「おくの細道」は江戸時代の俳人・松尾芭蕉の記した紀行文であり、教科書に掲載されていることもあって日本でも有名な古典作品の一つです。教科書には、「月日は百代の過客にして行き交ふ年もまた旅人なり。」という文から始まる冒頭部分(旅立ち)や、現在世界文化遺産にも登録されている平泉(岩手県)でのエピソードが掲載されることが多いですが、その後も芭蕉の旅は続きます。

 

平泉を出発した芭蕉は奥羽山脈を越えて山形県・立石寺で「閑かさや 岩にしみ入る 蝉の声」という有名な句を残し、最上川を下った後(五月雨を あつめてはやし 最上川)、日本海側を南下し八月下旬に美濃国(現在の岐阜県)大垣に到着します。そこで弟子たちと会ったあと、伊勢神宮を見に行くために船に乗り出発する・・・というところで「おくの細道」は終わりを迎えます。

 

このように、「おくのほそ道」には5ヶ月間で約2400キロメートルを旅した芭蕉の記録が残されていますが、この本の内容から芭蕉に関するある有名な説が生まれたのはご存知でしょうか。

 

それは・・・「松尾芭蕉は実は隠密(忍者)だったのではないか」という説です。

 

旅をしていた当時、芭蕉は45歳であったにもかかわらず、一日数十里(一里は約4キロメートル)も山歩きをしたという記述があり、当時のこの年齢からすればかなりのハイスピードな旅だったことや、芭蕉が忍者で有名な伊賀国(三重県)の出身であったことなども合わさってこの説が生まれたそうです。

 

「おくの細道」が、芭蕉が旅を終えて江戸に帰ってきてから書いた本であることや、同行した弟子の記した本に書かれた内容と多少のズレがあることから、作中の日付やエピソードが真実かどうか疑問が残りますが、もし俳句の名人というのが世を忍ぶ仮の姿で実はすご腕の忍者だった・・・となると何だかワクワクしませんか?

 

 

古文の授業をしていると、「古文は苦手」という声を聞くことも多いですが、作者や時代背景・追加エピソードなども調べていくと、案外面白い発見があるかもしれませんよ。

マスキングテープ

2016.10.26

推薦入試のメリット

首里校から與那嶺です。

本日のテーマは推薦入試のメリットです。

 

多くの生徒は推薦入試で合格したいと考えていると思います。

しかし、推薦入試がどういったものかを知っている子は少ないと思います。

詳しく説明しますので推薦入試の受験を考えている子はこの機会に必ず

チェックしておきましょう!

 

まず推薦希望者は、次の①②の(ア)~(オ)から該当するものが1つあるか

考えて下さい。

※2つある場合はより成績(結果)がよいものを選択して下さい。

目安としては県大会出場、検定3級取得が最低ラインです。

①自己表現 (結果:賞状などのコピーを見せることで評価される)

(ア)文化活動 (イ)スポ-ツ活動 (ウ)社会活動 (エ)ボランティア活動

(オ)資格取得等の活動

②個性表現 (実技:実際に活動内容を見せることで評価される)

(ア)音楽、美術及び書道等の芸術分野 (イ)文芸及び研究等分野

(ウ)舞踊、創作ダンス及び手話等の身体的活動を伴う分野

 (エ)留学などの体験的活動を伴う分野

 

上記の中に該当するものがあれば推薦入試に挑戦できるので担任の先生から

校内推薦の志願書をもらい、作成しましょう。

この志願書で書くものは活動内容や実績、志願理由です。

志願書は必ず締め切りまでに提出します。

 

その後校内推薦選抜に入ります。内申点と生活態度(出席状況など)

を重視して合否判定会議にかけ判断されます。中学校によって選抜基準が異なり、

担任の先生が大きく影響することもあります。

校内選抜に通過後に各高校で推薦選抜が行われます。

本番の推薦入学志願書、調査書、推薦申請書及びその内容についての

面接で合否を決定します。もちろん各高校によって募集定員の割合や選定基準は

異なります。開邦高校のように推薦入試時に学力試験を課す高校もあります。

合否の結果は各中学校の校長に通達され、受験者に伝えられます。

 

沖ゼミは推薦入試の受験が可能な生徒には受験を勧めています。

なぜなら大学受験に有利になるからです。

「高校の推薦入試の合格がなぜ?」と疑問に思うでしょう。しかし、確実に有利に

なるのです。理由は一般入試の時期にあります。

県立高校入試は毎年3月10日前後の2日間で実施され、合否がわかるのが

3月15日前後になります。一方で県外の高校受験の合否は1月の後半ではわかります。

これが何を意味するのかというと高校スタートの勉強が県外の子たちと比べて

2カ月ほど遅れるということです。つまり大学入試にむけての勉強時間が

約2カ月分足りないことを意味します。

多くの沖縄の子はこのことを知らずに

「受験勉強を頑張ったからしばらくは休む」

と言って勉強のペースダウンをし、高校の準備を怠ります。

大学進学、特に県外大学や難関大学に進学を考えている子が

この調子で現役合格なんてできるのでしょうか。

 

はい、当然難しいです

無理と言い切ってもいいでしょう。

しかし、推薦入試で内定をもらっている子は1月後半から高校の

準備が行えます。

実際に去年の生徒でも入学までに国数英は1学期のテスト範囲までの内容を終え、

入学後の成績は10位以内でした。

 

「推薦入試でなければもう無理だ!」と嘆いている一般入試受験の子はいませんか。

大丈夫です。推薦合格の子の時間ほどはありませんが、高校準備の時間はあります。

何をどのように勉強すればよいか、の答えを沖ゼミは持っています。

答えを知りたい子は沖ゼミに来て下さい。後悔はさせません。

 

マスキングテープ

2016.10.19

○○賞

こんにちは。

沖ゼミ首里教室から与那原です。

 

今月はノーベル賞の発表がありましたね。

3年連続の日本人の受賞は嬉しい限りです。

いずれは沖ゼミの卒業生の中から出ないかな~と期待をしたいところですね。

 

ノーベル賞には以下の6つの賞があります。

今回の大隈先生は生理学・医学賞でしたね。

私は大学受験生に物理を教えていますので,たまに物理学賞を受賞した研究を調べてみたりしています。

近年のはかなり難しかったり,私が習ったことの無い内容だったりの物がほとんどですね。

しかし,昔の受賞者の中には,そのまま教科書に載っているような研究内容もあったりします。

ちょっと調べてみれば,科学の発展の歴史を見ることができます。

 

そして知っている人もいると思いますが,ノーベル賞に数学賞はありません。

ノーベル賞の物理学,化学,生理学・医学の賞は自然科学分野の最高賞とされています。

数学はというと,フィールズ賞が有名ですね。

フィールズ賞は,40歳以下,4年に一度という厳しい条件なので,ノーベル賞より難しいかもしれませんね。

 

と,ブログを書いていて私自身が取ったことのある賞ってなんだろう??と振り返ってみました。

無いですね(笑)

実家に飾ってある賞状といえば,地区陸で表彰台に上ったやつだけです。

 

だからという理由では無いんですが,代わりに教え子たちには是非とも頑張って欲しいと思います。

私の授業(主に理科)では,もっと興味をもって貰えるように,教科書の内容どういったところで使われているか,この先の研究でどんな事がわかるのか,実社会と結びつけて教えるように心がけています。

 

もちろん,私だけでなく,講師陣は全員が,生徒の活躍を願って頑張っています。

また,沖ゼミの講師陣はいろんな大学出身者がいますし,出身学部も様々です。

なので,学校の授業とは一味違った授業が体験できるのも一つの魅力です。

 

では,今日はこのへんで。

マスキングテープ

2016.10.12

ギリギリで勉強するな!

首里校から前門です。

 

理系科目が得意で、文系科目が苦手な生徒が、

センター試験で理系科目満点、文系科目半分点を目標にしたとしよう。

英語100+国語100+数学200+理科200+社会50=650点

「センター試験で7割超えている。いけるかも!」

「理系科目はちょっとミスって満点取れないけど、文系科目が半分ちょっと超えれは、十分カバーできる」

 

なかなかいい作戦かもしれませんが、ホントにそれが可能でしょうか。

特に「半分取れればいい」という気持ちで取り組んでいると本番はそれ以下になってしまう。

ヘタするとどの科目も目標達成できないかもしれない。

科目にもよるが、得点率95%を100%にするよりは40%を60%にするほうが簡単だ。

理系科目が得意で文系科目が苦手だからといってそのような勉強をしてはいけない。

苦手科目もしっかり勉強しよう。

 

普段から50%の力で練習していると、結果は40%まで下がる。いや、もっと低いかもしれない。

本番はやっぱり緊張して、普段通りにいかない可能性がある。

だからギリギリを狙ってはいけない。

勉強法を必ず相談しよう!

 

18:02 | 首里教室
マスキングテープ

2016.10.5

クライマックス!3学期制テスト対策&秋休みイベントのお知らせ

沖ゼミ首里校から中等部/小学部アドバイザーの大城です。

3学期制の中学校のテスト対策もいよいよ明日まで!

今、中1クラスの教室では生徒たちがもくもくと問題を解いています。img_0696-800x600

えらいぞ~!頑張れ!

明日は持てる力を全部出しきってね。いい結果を期待しています

 

 

 

さて、與那嶺先生が前回のブログで告知してくれた通り、

10/11(火)~10/15(土)は

「秋休み特別講習」を実施します!

 

スペシャル企画その①

英単語1000講座リターンズ!

※英単語1000講座って何ぞや?という方は…こちらをクリック

 

学年関係なく、10/11(火)~15(土)の14:00~15:00の時間帯で対応します。

夏期講習で1000個に到達しなかった子も、これで安心!どんどん覚えましょう!

 

スペシャル企画その② 

1日5名限定!予約制個別!

こちらも学年関係なく10/11(火)~15(土)の15:00~17:00の時間帯で対応します。

1人20分、1日5名限定、先着順となっております。

時間帯の枠は下記のとおりです。

 

  □15:00~15:20

  □15:25~15:45

  □15:50~16:10

  □16:15~16:35

  □16:40~17:00

 

先生やアドバイザーに希望の日と時間を伝えて下さいね

上記の2つのイベントは塾生以外も体験できます!

5日間なんてあっという間です。貴重な休みを遊ぶだけで過ごしたらもったいない

部活や習い事で忙しい生徒、定期テストの結果がふるわなかった生徒は今すぐ電話しよう!

秋休みのない3学期制の生徒も、土曜日を利用してイベントに参加しましょう

 

沖ゼミ首里校中等部/小学部

098-884-3141

※「ブログ見ました」or「秋休みの体験希望」とお伝え下さい

 

 

 

マスキングテープ
資料請求はこちら体験指導のお申込みはこちら