Home > ブログ

ブログ

2017.8.29

センターまであと1日しかない?!

受験生の皆さんこんにちは。沖ゼミ数学科の加納です。

さて本日8月28日で、平成30年度センター試験まで残り138日となりました。この138日という数字、皆さんどう思いますか?「もうそれだけしか残っていないのか、焦る」という人もいれば、「意外と日数あるな」という人もいるかもしれません。大学受験が初めての高3生は、正直よくわからないのがホントのところではないでしょうか。

ここで約140日という日数がどれくらいなのか、簡単な計算を披露したいと思います。皆さんの多くはセンター試験を5教科で受けるのではないでしょうか。理系は5教科6科目、文系は理科2科目社会2科目でトータル5教科7科目の人が多いですよね。

7科目で受験すると仮定して140÷7=20で1科目あたり20日となります。英語も数学もセンターまであと20日しか勉強できる日数がないんです!それだけではありません。僕は数学科なので数学の話をすると、多くの受験生は数学Ⅰ、A、Ⅱ、Bと教科書4冊分受けますよね。20÷4=5なので1冊分5日間しか残ってません!

数学Ⅰの教科書は第1章数と式から第5章データの分析まで5つの章がありますから1章にかけられる勉強日数はわずか1日なんです。2次関数も三角比も、たった1日でセンター試験レベルを完成させないと間に合わない!

どうですか、驚かれましたか?上の計算は極端なところがあるので、苦手科目の勉強時間を増やすなどしたら数学にかけられる時間はもう少し増やせますが、いずれにせよ残された時間は思っているよりずっと少なんですよ。

毎年受験を終えた高3生に感想を聞くとほぼ全員答えるのが「思ってたより時間が無かった」「あっという間にセンター試験が来てしまった」という反省です。やる気が出なくなったとき、どうか上の話を思い出してください。一日一日が貴重だと肝に銘じて、日々の勉強に取り組んでください。

18:54 | 那覇本校
マスキングテープ

2017.8.29

8月も終わり

沖縄本校から国語科の大石です。

8月も終わりに近づきました。

夏期講習の間、しっかり学習できたでしょうか。

 

〈夏期講習でうまく学習出来た人〉

夏期講習でまずやるべきことは、基礎事項の確認(弱点補強も含め)だろうと思います。

これがある程度できた人は、9月以降に入試問題を解く学習を進めて、得点力を目標へ引き上げていきましょう。

後期講習が始まる前に、センター試験や二次試験などの問題を見ておくとさらに良いと思います。

基礎力がアップした状態で見ると、入試問題がこれまでと違って、すこしやさしく見えるかもしれません。

 

〈夏期講習の学習が思い通りではなかった人〉

たとえ思い通りに行かなかったとしても、簡単にあきらめたりしてはいけません。

大学受験の基礎知識の復習や習得には、時間がかかるものです。あわてずに基礎知識を身につける学習をしましょう。

基礎がおろそかだと入試レベルの問題を解くのに苦労します。また、効率よく問題を解くのが難しいものです。

入試の大部分は重要な知識でできています。基礎的なことが分かっていれば、それだけでも得点力は上がります。

 

高3生のみなさんの中にも、まだまだ基礎知識に不安のある人もいると思います。

あわてず騒がず、一つ一つ基礎知識を確認していきましょう。

 

〈受験が見えてくる〉

9月に入ると、受験がリアルに感じられるようになってきます。

実際に、センター試験の願書の配布が、9月1日(金)に始まります。

 

センター試験の出願準備をしましょう。

高校の調査書は、準備していますか?

(高3生は所属する高校から出願します。高校からの指示に従ってください。)

 

また、受験校、受験スケジュールなどを具体的に考えていきましょう。

志望校はできるだけ幅広く考え、早めに願書などを取り寄せるのがよいですね。

 

AO入試や、推薦入試を考えている人は、早めに受験情報を調べて行動を起こしましょう。

 

分からないことは、沖ゼミスタッフに気軽に相談してください。

 

———————————————————————————————————————————-

◇センター試験の願書配布 9月1日(金)~

◇センター試験の出願期間 9月26日(火)~10月6日(金)

◇センター試験(本試験〉 平成30年1月13日(土)・14日(日)

※詳しくは「大学入試センター」のサイトなどで確認してください。

 

16:59 | 沖縄本校
マスキングテープ
資料請求はこちら体験指導のお申込みはこちら