Home > ブログ

ブログ

2018.3.26

ワクワク、それともモヤモヤ

毎年3月になると、学生時代には新しいことが待ち受けているような気になることがよくあった。特に何があるわけでもないが、ただ何かがあるように思ったのだ。私の場合、大学受験に失敗した高3の3月はこのワクワクとモヤモヤの気持ちが入り混じっていた。若者特有の、なんの根拠もないのに自信を持ったことがあった。それは、予備校に通って「しっかり」やり直せば有名国立大学や私立大学に入れると、当初思っていたのだった。アルバイトをしながらでも勉強は両立できると、安易に考えていたのだった。また、東京に出て親元を離れ、新たな環境で生活することを甘くみていたのだった。人生は必ずしも思いどうりにはいかないのだ。それを痛感させられた一年だった。本当に努力をしなければ期待したものは得られないのだ。大学に入学しても、このモヤモヤとした気分はしばらく続き、知り合いの中には中退した者もいた。私は自分の置かれている状況から何とか逃げ出さず前を向こうともがいていた。今、大学受験に失敗した皆さん、おそらく、似たような気持ではないでしょうか。でも、人生はながいのです。ここからが人生の転換点なのです。私自身、今でも進むべき良い人生の方向に向かっているのかわからない。支えてくれる、家族、友人そして周りの人の助言も得ながら頑張りましょう。私も、大学時代に出会った人々のおかげで今を生きているのだから。

小田島

マスキングテープ
資料請求はこちら体験指導のお申込みはこちら