Home > うかる授業 わかる個別 充実のカリキュラム

うかる授業 わかる個別 充実のカリキュラム

過卒部・高等部

選抜Sクラス

難関大・医歯薬獣合格プログラム 選抜Sクラス

精鋭が集う最難関入試を勝ち抜くため、沖ゼミ独自の教科カリキュラムで徹底指導。 完全選抜制で各高校の精鋭が集結!

選抜テスト日程毎月第4水曜日
「難関大受験なら沖ゼミ」が定評の指導力とノウハウの確かさはコノ実績が証明しています。
難関大学合格実績  合格体験記


担当講師から

加納先生 数学担当

選抜Sクラスは今までに、旧帝大をはじめとした難関大学・国公立医学科等に多数の現役合格者を輩出してきました。選抜S数学の授業の目標は次の3点です。
1.問題文を正しく読み、理解すること。
2.論理的に考えること。
3.自分の考えを簡潔に解答にまとめること。
Sクラスでは普段の授業や個別指導・入試問題演習を通じてこれらの力をつけさせていきます。
現行の教科書は、数学を学ぶために大事な「流れ」がバラバラにされ理解しにくくなっています。Sクラスでは教科書の順番通りではなく、流れを大事にし最も効率よく理解が進む独自カリキュラムで授業を進めます。場合によっては高1生に数UBの内容を教えますが、学校の先取り学習ではなくその方が「易しく」理解できるからなのです。
また選抜Sクラスでは、担任面談や日々の授業を通じて大学以降の学問や将来の職業について意識を向けさせ、高い目標意識をもって勉強に取り組めるように指導しています。

光岡先生 英語担当

少子化で受験生の数が減少しているとはいえ、難関大学(旧帝大、国公立医学科など)は、やはり難関で、受験のベテランである浪人生も多く、現役で合格することは、かなり難易度が高いと言えるでしょう。
沖ゼミの選抜クラスでは、少人数精鋭主義で生徒一人ひとりに対して細かく目を配りやすく、弱点・短所を指摘し、解決に必要な方向を指示しやすく、難関大学を目標としている受験生をこれまでに多数合格に導いてきました。
マークよりも記述中心の授業で、正面から正々堂々と英語と向き合い、ごまかしのない真の英語読解力を身につけ、圧倒的でホンモノの二次力を養成します。具体的には、英文和訳、要約、英作文などが中心ですが、安っぽい受験テクニックを伝授するつもりは全くなく、意外と思えるかもしれませんがあくまで基本を重視した精読により、完璧な理解・納得・定着へと導きます。
時には厳しく叱咤激励することもあります。
「難関大学に絶対に本気で現役合格したい」それくらい覚悟をもった人を待っています。

トレン先生 英語担当

「医者になりたいです」「難関大に行きたいです」という生徒は多々いるが、実際に合格する生徒は少ない。医学部や難関大に合格する生徒は他の生徒と何が違うかというと、勉強することというよりも、むしろ全てを完全に習得することだ。英語のSクラスに関しては、学校で覚える知識を実力に変えていくという方針に進む。長文読解だと、ただ読めるだけではなく、その長文から得た情報を確実に日本語で伝えられるようにならないと点数を取れない。さらに、各大学の二次試験 では、自由英作文や和文英訳も求められるので、文法問題の選択肢を選ぶことができても、その文法を実践的に使えるようにしないといけない。英語の選抜Sクラスでは英語を積極的に使える受験生を育てている。

畠山先生 英語担当

高校1年生選抜Sクラス英語読解の授業では、未知の単語を辞書を開いて調べ、英文に日本語を当てはめていくというような「日本語」の論理で英文を解くというようなことはしません。「英語」はあくまでも「英語」なのであり、当たり前ですが「日本語」ではないのです。大学が要求してくるのは、日本語力ではなく英語力なのでありますから、この授業では、大学入試問題を題材に、「日本語訳」に頼らない、英文法と語法に特化した授業を行っていきます。特に日本語訳を根拠にしない以上、徹底的に英文法と語法を利用し、英語の論理で英語を読み解いていきます。ですので、単語力も当然ですが、相当詳しい英文法力を要します。ただし、必要な英文法はすべて解説しますので、英文法の授業にも近い形で長文読解を行います。いわゆる「英語を英語で考える」ことを実践していきます。年間を通して入試問題の良問約40題を利用し、大学受験英語の長文読解を展開します。

真喜志先生 英語担当

高校1・2年生選抜Sの英語長文読解を担当する真喜志亮です。国公立大の二次試験の記述式問題の答案作成の作法を伝授すべく講義を進めていきます。
質問に対して時間的空間的制約の中で可能な限り丁寧に返答していくことはコミュニケーション全般において必要とされていることだと思います。大学入試においても実は、コミュニケーション能力が問われていると思います。コミュニケーション能力をうまくアピールできた答案は評価が高いと思われます。
かかるアピールには、質問の趣旨を正確に把握する分析力と、質問者に返答をわかりやすく提示する思いやりが必須です。
分析し思いやりを発揮するプロセスを直近の国公立大の入試問題を読み解く中で具体的に示していきます。
7月までは300〜500 words の長文を素材に分析力と思いやる力の基礎をじっくりと身につけていただき、8月以降は、京大の和訳、東大の要約、阪大の総合問題、さらに難関大・後期の長大長文の演習を通して、実践力をより確かなものにしていただきます。ともにがんばりましょう!

合格実績県内No.1!「合格力」と「講師力」で選ぶなら沖ゼミ!

【指導日数・料金体系】
指導日数週2〜6日
単科月謝 特待生制度
3教科月 34,000円〜

目指すは志望校合格、その思いが沖ゼミなら叶う!
深い学識と的確な教授法をもち、かつ人間的な魅力に溢れたスゴ腕講師陣が勢揃い!
受験のテクニックだけにとどまらず、生徒の"ヤル気"と"知的好奇心"を駆り立てます。

  • 理解力が高まる少人数・習熟度別クラス(選抜Sクラス、難関、発展、応用、標準、基礎)
  • 少人数個別指導、マンツーマン個別指導、指名個別指導、学習に合わせた組み合わせが可能
  • 授業と個別指導の併用により学力の伸びを加速

過卒部・高等部:レベル別・志望校別クラス

過卒部

東大・京大クラス

センター試験90%以上の得点を取る県内最高峰のクラス。旧帝大の2次試験問題記述問題の演習・解説を通して、解法・分析力・洞察力・読解力・表現力を養い、最難関大学突破を目指す。

選抜・難関A・Bクラス

センター過去問題を中心とした演習により、センター試験80%以上を必須とするクラス。また、各難関大2次試験演習を実践することにより、総合的な記述力・得点力を身につける。

発展クラス

センター試験80%以上を目標とするクラス。過去問演習、2次試験演習及び有名私大の過去問解説により、志望大学への学力の完成を目指す。


応用クラス

志望する県外国公立大学や私立大学の過去問を徹底解説。センター試験75%以上を目標とし、センター及び2次試験の得点力を身につける。

標準クラス

センター試験70%以上を必須とし、早期の2次対策を意識するクラス。単なるセンター・2次対策ではなく、ワンランク上の大学に進路変更可能になる受験スキルを養成する。

基礎クラス

センター試験70%以上を目標とし、センター試験の得点力の安定・向上を図る。理解度を細かく確認しながら、基礎・応用・発展レベルの学力の充実を図る。

高3

選抜Sクラス

センター試験90%以上の得点を取る県内最高峰のクラス。旧帝大の2次試験問題記述問題の演習・解説を通して、解法・分析力・洞察力・読解力・表現力を養い、最難関大学突破を目指す。

難関クラス

センター過去問題を中心とした演習により、センター試験80%以上を必須とするクラス。また、各難関大2次試験演習を実践することにより、総合的な記述力・得点力を身につける。

発展クラス

センター試験80%以上を目標とするクラス。過去問演習、2次試験演習及び有名私大の過去問解説により、志望大学への学力の完成を目指す。


応用クラス

志望する県外国公立大学や私立大学の過去問を徹底解説。センター試験75%以上を目標とし、センター及び2次試験の得点力を身につける。

標準クラス

センター試験70%以上を必須とし、早期の2次対策を意識するクラス。単なるセンター・2次対策ではなく、ワンランク上の大学に進路変更可能になる受験スキルを養成する。

基礎クラス

センター試験70%以上を目標とし、センター試験の得点力の安定・向上を図る。理解度を細かく確認しながら、基礎・応用・発展レベルの学力の充実を図る。

高2

選抜Sクラス

高1生同様、ハイレベルの能力を養成。実際の入試問題に挑戦する。教材を全て国公立2次試験及び有名私大のマーク・記述形式の問題を使用することにより、問題を分析し解答の方針を立てる思考力を確立する。

難関クラス

県外難関国公立大・私大の受験レベルの学力の確立を目指す。応用事項はもとより、発展問題を利用し、2次試験問題にも取り組むことができる学力を養成する。

発展クラス

旧帝大学レベルに準じた大学を目指すクラス。各教科の基本・応用・発展レベル問題を確実に押さえ、センター試験対策にウェートを置く実践的な指導を行う。


応用クラス

基本・応用・発展レベルの学力を養成し、問題解析能力を向上させる。「発展クラス」へのランクアップも見据えて、センター試験問題の対策を行う。

標準クラス

基本・応用・発展レベルの学力を養成し着実に伸ばしていく。各教科の基本事項・応用事項をしっかりと押さえ、発展レベルの学力を確立し、苦手科目の早期克服と得意科目の更なる向上を目指す。

基礎クラス

基本・応用レベルの学力を定着させ、苦手科目の克服を目指す。適宜、発展レベルの問題も交え、学力の安定・向上を図る。上位クラスへのレベルUpを意識し、学び採ろうとする「向学心」を身につける。

高1

選抜Sクラス

各教科、ハイレベルの能力を養成する。応用レベルは必須で、発展問題や2次試験レベルのスキルを養うハイクラス。選抜テストによりクラス決定を行うなど、そのレベルの高さは県内最高の難易度を誇る。

難関クラス

高1選抜Sクラスに準じたクラス。各教科の応用事項・重要事項の徹底理解を目標とする。実践演習で早期に受験レベルの学力を養成する。

発展クラス

旧帝大学レベルに準じた大学を目指すクラス。より確実な学力得るため、しっかりとした基本事項は必須。応用・発展レベルの学力を養成する。


応用クラス

熊大・長崎大等の県外国公立、明治・法政等の私立大を目指すクラス。基本事項及び、応用・発展レベルの学力を確立する。基本事項の重要性を意識し、早い段階での応用・発展レベルの学力向上を目指す。

標準クラス

琉球大学や県外国公立、私立大学へ確実に合格するためのクラス。各教科の基本事項・応用事項をしっかりと押さえる指導を行う。分野に応じて、応用・発展問題を解く力を養成する。

基礎クラス

琉球大学や県立看護大学、私立大学の合格を目指すクラス。徹底した基本事項の解説により、応用レベルの学力を養成する指導を行う。苦手科目へのアプローチも個人指導により細かく設定可能。

中等部

うかる授業

一人ひとりの生徒が授業を理解できるよう、少人数制ゼミを実施。各中学のレベルに合わせた定期テスト対策で、確実な成績アップにつなげます。

わかる個別

着実な効果を上げている沖ゼミの個別指導では、苦手科目を克服させることで、生徒自身に達成感をもたせます。 また、学力のある生徒には高校レベルの内容まで指導いたします。

独自のバックアップ体制

生徒の学力別・志望校別に勉強法を指導し、受験生活をバックアップするカウンセリングシステム。大学入試を視野にいれ、将来を見越したアドバイスを行います。

内申点対策

試験範囲の学習の仕方、ポイントを指導し、学校の内申アップを図ります。高校入試において重要視される内申点アップに徹底しています。

中等部:レベル別・志望校別クラス

難関クラス

昭和薬科附属中学の生徒で、将来難関大学受験を目指す生徒向けのクラス

発展クラス

沖縄尚学附属中学の生徒で、将来難関大学受験を目指す生徒向けのクラス

応用クラス

公立中、興南中の生徒で、将来難関大学受験を目指す生徒向けのクラス





昭和薬科中学編入対策

最高倍率10倍以上の昭薬中編入試験に多数合格しています!
詳しくはお問い合わせください。


小学部

小学部の指導方針

  1. 将来一流大学(東大・京大・国公立医学科など)を目指している生徒に、自己目標を達成する(=合格する)ための学力を身につけさせる。
  2. 各教科の勉強方法を指導して、生徒に勉強の「楽しさ」を教えていく。
  3. 各教科の自学自習の習慣を身につけさせ、自発的に勉強できる生徒を育成する。

小学部の指導方法

  1. 集団指導(少人数制授業)と個別指導(1対1)を併用する。
  2. 学校の授業の質問を受け付け、学校の成績アップを実現する。
  3. 定期的に2者面談、3者面談を実施して、勉強のやり方、将来のユメ実現についてアドバイスを行う。

※県内の受験一辺倒の進学塾とは異なり、将来、大学生として、社会人として活躍できる人材を育てています。


沖ゼミ小学部の総合指導システム

うかる授業少人数ゼミ

一人一人が理解できる授業をし、成績が伸びるようにします。

わかる個別

個別指導で、生徒が理解できるまで教え、質の高い指導をします。

県内トップレベルの講師陣

沖ゼミの講師は、県内外の有名大学出身者、本土大手予備校・進学塾経験者、海外留学経験などのプロの講師が中心です。

小学部:レベル別・志望校別クラス

難関クラス

県内最難関の昭和薬科中学合格を目指す選抜クラスです。
独自のカリキュラムで、全国トップレベルまで学力を引き上げます。

クラス指導教科教室開講学年指導曜日
難関クラス 国語・算数・
理科・社会
那覇本校小5,小6週3回(9コマ)
国語・算数 那覇本校小4週2回(9コマ)

発展クラス

小学校で習う内容の応用問題を自力で解けるようにするクラスです。
中学進学後、より力を発揮できる指導を行います。
中学受験では、沖尚中・興南中に上位合格できる実力を付けるクラスです

クラス指導教科教室開講学年指導曜日
発展クラス 英語・国語・算数・
理科・社会
那覇本校小5、小6
※英語は小6のみ
週3回(9コマ)

応用クラス

小学生のうちに習うべき内容の徹底的な理解を目指すとともに、中学校の学習内容まで踏み込みます。
公立中学校において常に席次上位を狙うクラスです。

クラス指導教科教室開講学年指導曜日
応用クラス 英語・国語・算数・
理科・社会
首里校小5、小6
※英語は小6のみ
週3回(6コマ)
英語・国語・算数・
理科・社会
南風原校小5、小6
※英語は小6のみ
週3回(6コマ)
英語・国語・算数・
理科・社会
沖縄校小5、小6
※英語は小6のみ
週3回(6コマ)



資料請求はこちら体験指導のお申込みはこちら