Home > 沖ゼミブログ

沖ゼミブログ

2017.9.23

数学の勉強の仕方

こんにちは!沖ゼミ首里校の数学担当の辻です。

 

高3生、過卒生は、センター試験もだんだん近づき、来週から出願も始まります。出願準備は早めに行い、出願書類のミスがないように。心配な生徒は、アドバイザーや担任にチェックをお願いしてください。

 

また、模試等も増えてきます。そこで、数学の勉強をするにあたって、

 

1.問題文を正しく読む

与えられた条件が何か(条件から何がわかるのか)?何を求めるのか(どうのような公式を用いればそれが求まるのか)?を把握する。

 

2.試行錯誤する

具体的な実験をしてみたり、グラフを書いてみたり、試行錯誤をして解法の糸口を探る。

特に、確率は樹形図をかくことで計算をしなくても、答えが出せる。

 

3.解答全体の流れを考える

復習をするとき、および解答を作るときは、なんとなくではなく、必ず方針を立てる。

 

4.正確な計算力

数学はどんなに問題が読めて、式を立てることが出来ても、計算ができないと答えにたどり着くことはできない。日々、計算練習をしておこう。

 

以上を注意しながら頑張ってください。

 

 

18:41 | 未分類
マスキングテープ

2017.8.21

香港に行ったときのはなし

こんにちは、生物担当の宮田です。 

梅雨が明けて、ジメジメから開放されて、私はこの季節が一番好きです。

  二十代の半ばに、香港にいったときの話を少し。覚えているのは、どこか市場みたいなところの道端で、携帯持って立っていた兄ちゃんに道を聞いたら、ものすごい勢いで英語でしゃべられて面喰ったこと。どうみてもヤンキーなのに何でこんなに英語を喋れるんだと思ったのですが、当時の香港はイギリスの植民地だったので当然のことだったのです。しかし、「俺も相当な時間、英語教育を受けたけどな~。」と思い少し落ち込んだ事を覚えています。気を取り直し、北京語や広東語だと全く分からないけど、英語なら何とかなると思い、きれいなOLさん(ビビアンスー似)に、わざと道を聞いたのを覚えています。「あそこに見えるfountainの向こう側にお前の行きたいbotanical gardenの入り口がある。」と丁寧に教えてくれました。その時のfountain美しい発音を今でも覚えています。(fountainは受験勉強のときに覚えた単語でした。)映画館にも行きました。当時ヘビースモーカーだった私は、映画を見ながら煙草が吸える事に狂喜乱舞したのを覚えています。その時も、確かセリフは広東語で、字幕は英語だったので、何となく内容は分かり、かなり楽しめました。

 一人旅で、何も決めずに行ったので、妙な場面を鮮明に覚えています。ただ、一人だから行けなかったところもあります。九龍地区にあった重慶大厦(チョンキンマンション)は怖くて一人で泊まれませんでした(『恋する惑星』に出てくるマンション)。だけど、別の安宿で出会いもありました。相部屋になった人が、世界中を旅している日本人で、怪しかったけど、とてもいい人でした。その人が、旅してきた道のりをずっと話してくれましたが、よくわかりました。そしてその道のりの意味も何となくわかりました(受験勉強の地理のおかげだと思います。そして、公安の悪口を言っていたので、そんな関係の方だったのでしょうね(これは大学入学後に学んだ知識だけど。))。

  というわけで、受験勉強は、今後の実生活に役に立ちます 頑張ろうね!

 

マスキングテープ

2017.8.18

ワンランク上の英語を勉強したい高1生へ

こんにちは。沖縄校英語科の玉山です。

沖縄校の高1生も志望大学現役合格に向けて、だんだんとエンジンがかかってきました

英語系の大学や学部・学科に進学したい人はThe Japan Times STで英語のエッセイやニュースを学習するのもおススメですよ!

このサイトでは最新のニュースや話題についての英文が掲載されていて
難しめの語句には意味が載っているので、普通の英語のニュースサイトを読むよりは楽に読めると思います

沖縄校の1年生の中にも自習時間に早速このサイトの英文を読んでいる生徒が出てきました

高2、高3と受験が近づいてくると、他の科目の勉強や受験に特化した勉強をせざるをえなくなるので
今のうちに生きた英語に触れる機会を増やしておくと、英語力のレベルアップにつながります!

読んでみて分からないところがあれば、英語科の講師にどんどん質問してくださいね

マスキングテープ

2017.7.28

芦田愛菜も中学受験のため1日12時間の勉強をした!

こんにちは,沖縄本校,読谷校で英語を教えている安里です。

 

 今回は,大学受験生の1日の勉強時間について書きます。

 

 大学受験生の1日の標準的な勉強時間は,琉大・医学部・医学科など医学科や,旧帝大など難関大学なら1日13時間~15時間,琉大・医学部・医学科以外の学科なら1日10時間以上と私は考えています。平日は,高3生の学校の授業プラス塾での授業プラス自己学習の時間,浪人生では塾の授業プラス自学自習の時間であるが,わかりやすいのは,授業のない日曜日に何時間勉強するかです。

 

 それで,特に高2の英語難関クラスや応用クラスで,医学部・医学科とか旧帝大をはじめとする難関大学を目指す場合には,そろそろ,高2で1日10時間勉強をするように話をすると,最初の生徒の反応は「エーーーッ」という悲鳴を上げるか,沈黙するかである。

 

 本土の受験生なら東大,京大などや医学科など難関大学を目指す場合には,小学校の高学年から1日12時間勉強をしている。という,話をしてきた。生徒の反応は「ホントかな」だった。

 

 そうすると,今年の春,天才子役女優の芦田愛菜が名門私立中学(慶應義塾中等部)に合格,というニュースが入ってきた。やはり,1日の受験勉強時間が12時間だったそれで,1日の勉強時間の話をするときには,今では芦田愛菜も中学受験でさえ1日12時間勉強していたという話をしている。

 

学力,合格力は勉強時間に比例する。

 

琉大・医学部・医学科など医学科や旧帝大学など難関大学を目指す場合には,受験生ならば1日13時間~15時間,高2生なら1日10時間以上の勉強時間を確保しよう。

 

琉大・医学部・医学科以外の学科や沖縄県立看護,名桜大学や同レベルの大学を目指す場合には,1日10時間以上の勉強時間を確保しよう。高2生なら1日6~7時間の勉強を確保しよう。

 

この勉強時間を毎日続けて,志望校合格を勝ち取ろう!

 

安里

マスキングテープ

2017.7.14

いざ!夏の陣「夏期講習」

はいさい。沖縄校の又吉です。

いよいよ夏期講習が始まります。

夏期講習で、目標達成までのギャップを一気に挽回とばかりに、あれもこれも手を出しすぎて計画倒れになっている受験生をしばしば見かけます。

夏期講習期間中にあらゆる科目を仕上げる必要なく、何を重点科目とするのかをよく考えて、特に英数国の主要三科目の仕上がりが悪い生徒は、まずその克服を最優先するのが得策です。

1学期以上にやるべきことを厳選し、夏期講習を乗り切って下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

18:00 | 未分類
マスキングテープ

2017.7.5

「だめだこりゃ!次いってみよ~!!」は受験生にとって最高の言葉!

「だめだこりゃ!次いってみよ~!!」は受験生にとって最高の言葉!

 

首里教室の脇です。

 

みなさんは世代が少し違うかもしれませんが

ドリフターズから俳優として活躍したいかりや長介さんの

 

「だめだこりゃ!次いってみよ~!!」

 

はとても有名なセリフです。

ドリフのコントの最後に出てきます。

 

これが受験生にとって最高の言葉なのです!

「やってみてだめだったら、さっさと次へ行け!」

うまくいっている人はこのように考えるのです。

 

あの人はいつも模試の成績がいい。
きっと頭いいんだ!
そう思うかもしれませんが
そうではありません!
他人からは、うまくいっていることしか見えていないだけで
実は1回うまくいったことの裏には
100回はうまくいっていないことがあるものなのです。

 

つまり、模試で1回好成績を出す裏に

 

100回は間違えて復習を繰り返しているものなのです。

 

もっと言うとうまくいく人というのは
この100回のうまくいかなかったことも
「うまくいくために必要なこと」
と考えます。

 

あのアインシュタインも言っています。

 

「私はたくさんの失敗をしたのではない

たくさんのうまくいかない方法を発明したのだ」

 

1度や2度模試でうまくいかなくても

授業や模試の復習をして

 

「だめだこりゃ!次いってみよ~!!」

 

で前に進もう!!夏期講習いってみよ~!!

マスキングテープ

2017.7.3

ラーニングピラミッド

化学の立松です。

4月から3か月が過ぎ感じることは,成績が伸びてきている生徒もいれば4月からさほど変わっていない生徒の二つに分かれたなということです。

 

なぜ,同じ授業なのに差がついたかわかりますか?(クラス分けテストをしているのでスタートの実力はほとんど同じです)

最近,英語等でアクティブラーニングを取り入れている学校が増えてきていると聞きます。

おそらくその理由は,受動的な学習は定着率が低く,能動的な学習は定着率が高いと研究結果から証明されているからではないでしょうか。

講義を受けるだけでは定着率は5%程度です。衝撃的な数字ですね。

ただし,低い数字ですが,これを上げることはできると思います。それは,積極的に授業に参加する“気持”ちをもつこと。

自分は生徒をよくあてますが,あてられた人は一生懸命答えようとしますが,あてられなかった場合でもちゃんと頭のなかで答えていますか?

黒板に書いたことだけノートに写していませんか?少しでも知らなかったことなどメモをとっていますか?

最初に言った,同じ授業を受けていても成績が伸びている生徒とそうでない生徒の違いは,授業を受ける姿勢が大きいと思います。

もちろん,授業を受けたあとの復習は,毎回言っていますが,概論,図説,教科書を読んだり,ネクサスを見たり,ノートをまとめたり,声に出したりして人に教えるレベルまでやってください。定着率はどんどん上がって90%になりますよ。

自分事ですが,もともと学生時代は化学は得意でしたが,この職業についてから今でも年々化学が得意になっています。それは教えたり,問題を解くことによって毎年いくつかの新しい発見があるからです。(今年だったら名古屋大学の入試問題より周期表で118番のOgまで決まったことでしょうか)

ということで,早速授業に積極的に参加してみましょう!(休むのは論外です)

マスキングテープ

2017.6.20

推薦入試で合格!(2)

こんにちは,沖縄本校,読谷校で英語を教えている安里です。

 

今回は,前回(2017年5月12日(金))の当ブログで私が書いた「推薦入試で合格!」の続きを書きます。

 推薦入試を受ける,あるいは受けることを検討中の生徒に,参考になるかもしれません。

 今までに私が教えた生徒の「推薦入試で合格!」の合格例2つについて書きます。

 

合格例1 「内申が足りないと推薦受験をあきらめていた生徒が,3年1学期にオール5をとり琉球大学・医学部・医学科に合格のM.T.君」

 

 これは高校1,2年の内申が4.5で,琉大医学部医学科・地域枠推薦を受けることをあきらめていた生徒M.T.君の話。

 琉大医学部医学科の地域枠推薦の場合,学校代表に選ばれることから難しく,内申が普通4.8以上が必要となります。

 それで,M.T.君は推薦受験をあきらめていたわけです。

 私は,1学期にオール5をとるぐらい頑張りなさいと励ましました。

 そうすると,本当にオール5をとって内申を4.8まで伸ばしました。

 そして,センター試験も80%以上とり合格。

 おそらく,一般だと合格するのに,相当苦労したかもしれません。

 

合格例2 「学校の先生には無理だと言われたが,あきらめず頑張って筑波大学・医学群・看護学類に推薦で合格のR.N.さん」

 

 これは,英語は不得意だがあきらめず,受かるかもしれないと筑波大学・医学群・看護学類に推薦で受験,合格をした生徒R.N.さんの話。

 R.N.さんは高3の時,英語は沖ゼミ沖縄校で標準クラス(今のクラス分けなら応用クラス)。英語は不得意。

 推薦入試の問題が英語小論。そのため,英語が不得意なんだから,筑波大学は合格は無理だと学校の先生から言われていた生徒です。

 だけどR.N.さんは学校の先生の言うことは聞かず,推薦で受験することにした。で,私の所へ来た。

 そして,個別指導で頑張ってドンドン答案が書けるようになって見事,合格。

 合格の報告に来た時には,「先生これって奇跡じゃないの?」と言っていた。

 あきらめずにがんばって,夢が現実になった。

 

 毎年,このように推薦で合格を決めて,早々と大学での勉強の準備をしている生徒がいます。

 

 志望校の推薦入試を受けるチャンスが少しでもあるならば,志願,受験をしてキラリと合格を決めてほしいと思います。

 

安里

マスキングテープ

2017.6.19

空海からの贈物

社会科の田仲です。本日は記憶力を高める方法についてです。

日本史上の天才、空海(774年~835年)の記憶力は桁はずれに良かったらしいです。

まるで雨が砂地に吸込まれるかのごとく、ありとあらゆる漢籍・経典を一読するだけで暗記することができたとの事です。

しかし、彼は生れつき記憶力がよかった訳ではなく、修行することによってその能力を手に入れたのです。

その修行とは、修験道ではなく、なんと呪文を唱えることです・・・

求聞持法真言[ぐもんじほうしんごん]と言います。

サンスクリット語(梵語)です。この一文字で読みは

ノウボウ・アキャシャ・キャラバャ・オンアリキャ・マリボリ・ソワカ

1                                                                                                                                                                              この呪文を記憶して何度も何度も唱えることにより 記憶力が驚く程、高まるとの事です。

早速、私は暗唱出来るまで何度も何度も唱えました。

・・・・・・・・・その結果は、真言密教ですので秘密にしておきます。

 

マスキングテープ

2017.6.16

にどめまして

中部地区主に国語担当の森さんです

小田島先生と鈴木先生のブログの続きが気になってます

 

さて 二回目のブログですが…ちょっとだけ国語の勉強法

前期はとことん手を動かそうの段 …です

 

沖縄校の過卒の生徒はご存じ…

月曜日朝の「地獄の課題」の解答です

生徒も大変だと思いますが…

森さんも毎週気合いを込めて書いてますよ!!!

 

 

朝課題

 

森さんも頑張るから一緒に頑張ろうぜ方式です

とにかく辞書を引きまくって書きまくってください

夏以降これが読解力つまり結果に繋がります

 

先ほど地獄と書きましたが…実は結構楽しかったりします

その理由は「皆さんの成長が手に取るようにわかるから」です

前期が始まったころに比べると本当に力がついたと感じます

うれしくて毎晩泣いてます…よよよ(一部脚色)

 

この調子で前期を駆け抜けましょうぞ!!!

 

+++オマケ+++

 

以下朝の課題のプリントや出席用の紙の落書き等…

こんなの書いてこられたら楽しくなっちゃうよっていうのを

一部ご紹介

(職員室で一人吹き出す森さんですよ…)

くれてやる
「賜ぶ」という単語のイメージは「くれてやる」でしたね

 

血反吐

嗚呼血反吐三兄弟…

 

スプー

 

知ってる人もいると思いますがスプー事件再びですね…

 

呪詛

 

最近「へぇ」って思ったことを書いてもらったらこれですよ…

怖いから!!! sikamo 続きモノ!!!

呪詛其の二
(以前『羅生門』ってどういう話だった?の回答に「おばあさんが人を食べてた」

 ってのがありましたが…それに次ぐ恐怖でした…)

 

メッセージ

皆さんの頑張りが森さんの糧ですよ!

マスキングテープ
1 2 3 4 5 6 7
2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
資料請求はこちら体験指導のお申込みはこちら