Home > 沖ゼミブログ

沖ゼミブログ

2017.4.22

○○始めました。

今あるものに慣れたなら

新しいこと始めましょう

 

ある歌の歌詞の一節ですが

沖ゼミ中等部理科・社会科では

17年度から「映像授業」始めました。

 

中等部のみなさんへ

こんにちは、映像授業で地理を担当している秀島です。

映像授業について再度お知らせします。

 

視聴の手順ですが出席の確認の後

①タブレットを借りる

②映像を見て学習する

③テキストの重要事項を再暗記する

④確認問題を解く→各自でチェックする

➄間違いを見直す

⑥単元テストを受ける→先生が採点する

⑦テストの間違いを見直したら修了

⑧理科・社会科の2科目を修了する

という流れになっています。

 

生徒は各自でイヤホーンを準備することになっていますが

持って来る人はまだまだ少数です。

貸し出し用も用意していますが数に限りがあります。

自分専用のものを持って来るようにしてください。

 

1回目はどの生徒もとまどっているようでしたが

早くも2週目にして以前からあったもののように

自然に取り組んでいる姿に

今時の生徒たちだな、とカンシンしています。

※関心・感心・歓心の三つの意味をかけています。

 

皆さんからの評判は上々

まだ1度も視聴していない生徒もいますが

早めに体験して感想を教えてください。

 

映像授業の視聴に慣れたら

次に「サポート係の先生に質問すること」始めてください。

そして「さらに深く学ぶこと」始めてください。

予習・復習・テスト対策・趣味に

その活用法は無限です。

マスキングテープ

2017.4.10

日本史は「暗記」科目なのか???

こんにちは。那覇本校の文系科目の便利屋こと畠山でございます。気軽に声をかけてくださいませ。

 

今回は「暗記」について考えてみようと思います。

この時期、社会を選ぶ学生たちの声に「日本史って暗記でしょ?」的なことがあります。

さて、ここでいう「暗記」とは何をさしているのでしょう?

辞書などでは、暗記は「書いたものを見ないで言えるように覚えること」などと書かれています。

書かれてるいるものではないようです。(そりゃ昔はみんな写本してたからね)

単語帳などを見てウンウン言いながら必死で覚えている人はいますが、自分で「書いて」もいないじゃーん!

しかもテストにはそんな単純な問題でませんので「意味ないじゃーん!」

特にセンター試験などでは覚えただけの知識を得点にするような問題はでませんからね!

 

ではどうしたら「覚えられる」のでしょう?

それは「知識に意味や理屈を与える」こと。

知識は単独でポツンと知っていても「使えるもの」になっていません。

他の知識や理屈と「つながる」ことで記憶にとどまって、しかも理屈にそって使えるようになります。

ですので、社会の用語を覚える時も単独で覚えるのではなく、周辺の知識や理屈とセットで

覚えることが大切です。

「源さんが多すぎて覚えられなーい」という人は、実は逆です。

源さんを共通点に覚えることの方が楽なのです。

☆具体例☆

源頼信⇒頼義(「頼」が一緒)⇒義家(「義」が一緒)⇒義親(「義」が一緒)⇒為義(「義」が一緒)など

 

というわけで「日本史は単なる暗記科目じゃないんだぞー!」

声を大にして叫びたいと常々思っております。が、気が弱いので言ってません(嘘つけ)!(^^)!

 

覚えるのが苦手な人はただがむしゃらに覚えてませんか?覚えただけでは忘れたとき「無」になります。

是非、これを機に「覚える」際は理屈などと「つなげて」覚える訓練をしてみましょう。

 

もっと詳しく聞きたい人は話は聞きにきてね。

マスキングテープ
1 2
2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
資料請求はこちら体験指導のお申込みはこちら