Home > 沖ゼミブログ

沖ゼミブログ

2018.6.18

歌の良さ

お久しぶりね、あなたに会うなんて、あれから何か月たったのかしら~♪

那覇本校から畠山である。

 

さて、今日はのお話。

空梅雨である今年ですが雨もちらほら降っております。

雨が好きな人もきらいな人もいるでしょうが、

むかしから雨をテーマにした曲はたくさんあります。

僕は陰キャなので雨が降っていてもあまり関係がありませんが(笑)、

部屋が暗くなるのでなんとなく明るい曲を聴きたくなります。

この前偶然ラジオで耳にしたCARPENTERSの「Rainy Days and Mondays」という曲。

以前から好きでしたがなぜか雨の日に聞いたことがありませんでした。

雨の日の車の中でこの曲を聴くとなんかとても雰囲気があり

いつもと違うカレン・カーペンターさんの歌声を聞けました。

やはり名曲はそのシチュエーションに合わせて聞くと最高だと気付きました。

 

そうなんです。

「歌はそのシチュエーションと合わせて聞くといいのです!」

というわけで「歌物語」という古典の作品群を読むのなら(『伊勢物語』『大和物語』『平中物語』)

そのシチュエーションを確認して読むようにしてみましょう!味わい深くなりますよ~(>_<)

(やっぱり勉強の話なんかーい)

 

マスキングテープ

2018.6.14

琉球大学に薬学部設立?

沖ゼミ那覇本校英語科、町田です!

 

実は来月、本当に久しぶりに大阪へ帰省するのですが、その準備の一環として映画「ハリー・ポッター」を第1作から順番に鑑賞中です(因みに長女は小説を)。

 

なぜか?

 

USJですよ、大阪の誇る(?)テーマパークですよ。毎晩観ているせいで、ついつい呪文を口にしてしまいそうです。

 

話は変わりますが、昨日、人口当たりの薬剤師数が最も少ないという沖縄の現状を改善するべく、薬剤師会や医師会の関係者らが、琉球大学に薬学部設立要請の署名を提出したそうです。薬学部を目指す人にはこれまで県外の大学が選択肢だったわけですが、もし実現すれば選択肢がひとつ増えることになりますね。

 

このニュースを教えてくれたのは、「生まれ変わったら薬剤師」と常々口にしている看護師である僕の妻でした。その夢を子どもたちの誰かに押しつける託すかもしれないので、今後の進展を見守りたいと思うのでした。

マスキングテープ

2018.5.1

「クルーザー」  生物担当:宮田

突然の嵐に見舞われたクルーザー(大型ヨット)が2艇、無人島に流れ着きました。 1艇には若くてきれいな女性とフィアンセの男性、もう1艇にはヨットマンと老人が乗っていました。 日が暮れて嵐は少しおさまってきましたが、フィアンセの男性が高熱にうなされ、意識不明になってしまいました。   若い女性は、一生懸命看病しましたが、容態は一向によくなりません。 夜はどんどん深まっていきます。彼を助けるためには、医者のいる島まで連れて行くしかありません。 しかし女性はクルーザーの操縦ができませんでした。そこで彼女はヨットマンに助けを求めにいきました。するとヨットマンは「この島から医者のいる島までは2時間はかかる。それに夜の航海はとても危険で、命がけだ」としばらく考えていましたが、「そうですねえ。あなたを今、抱かせてくれたらクルーザーを出しましょう」と言ってきました。

 思いもよらない言葉に困った女性は、老人にどうしたらいいか相談しました。老人は「今のあなたにとって何が良いのか何が悪いのか、私には答えられません。自分の心に聞いて自分で決めるのがいいでしょう」と返事をしました。 彼女は悩み苦しみましたが、彼を助けるためにヨットマンの言う通りにしました。 夜明けにヨットマンの操縦するクルーザーは無事医者のいる島に着きました。

 3日3晩、男性は生死をさまよいましたが、医者の懸命な看護により、やっと目を覚ましました。若い女性はようやくほっとして彼を抱きしめました。彼女は真実を話すかどうかとても迷いましたが、悩んだ末に正直に全てを打ち明けました。しかしそれを聞いたフィアンセは怒り狂い、「何てことするんだ!お前の顔なんかもう見たくない。出て行け!」と彼女を部屋から追い出しました。   悲しみにくれた女性は、浜辺に座って波を見つめていました。そこに医者がやって来て彼女に声をかけました。 彼女が事情を話すと、「僕には君の気持ちがよくわかるよ。私が彼と話してみようじゃないか。 彼も病気が治ればきっと理解してくれるはずだよ。それまでしばらくの間、私があなたの世話をしてあげよう。」と言いながら、彼女の肩に手をかけました。

                        星野欣生(2003)『人間関係づくりトレーニング』金子書房

上記のお話は、大学のコミュニケーション論などの講座で用いられる物語で、登場した5人の人物について、共感できる順に順位をつけて、話し合うそうです。心理テストではないので、付けた順位でどうこうではなく、それをもとに他の人たちと議論し、コミュニ―ケーションをとるためのツールとしてのお話だそうです。以外におもしろいのは、個人によって随分と順位が変わる点です。みなさんも試してみては?

ただし、受験生は塾で友達を一人つくると偏差値が2ポイント下がると昔から言われているので注意してください。逆にアドバイザーや講師と仲良くなると一人につき偏差値が3ポイント上がるといわれています。

因みに私の順位は 1位:ヨットマン(俗物だが、約束は守ったから)、2位:女性(いちいち言わなくてもよかったけど、フィアンセのために)、3位:フィアンセ(すこし勝手な気もするが、そうなるでしょう)、4位:老人(無害)、5位:医者(下心がみえかくれする)。

 

 

 

マスキングテープ

2018.4.19

新年度が始まりました

はじめまして、物理・化学担当の木村です。

物理・化学は範囲がとても広いです。

わからないことをすぐに解決しようとするクセをつけておかないと、広い範囲のあちらこちらに問題点が散らばってしまい、とたんに苦手科目になってしまいます。

広い範囲で使用するようなベーシックなところ(運動方程式とか仕事とエネルギーとか密度・濃度計算とか酸化還元とか)がいまいちな出来だと、全体もやばくなってきます。

やはり、一番重要なのは基本ですね。

また、ある程度は自分の頭でなんとかしようと試行錯誤することは重要ですが、時間をかけすぎると大きな無駄が生じるので、ある程度考えて解決できなかったら、どんどんまわりに聞くようにしましょう。

それでは、一年間しっかりと頑張っていきましょう。

マスキングテープ

2018.4.16

模試の申し込みは明日まで!!

皆さん、こんにちは

4月ももう折り返しですね。

新しい顔ぶれも増えて、沖ゼミもにぎわっています。

 

受付からのお知らせです。

 

今年度初めての模試

 

河合全統記述模試       5月20日(日) 

  

ベネッセマーク模試      6月3日(日) 

 

こちらの申し込み締め切りが明日、4月17日(火)までとなっています。

 

申込みが済んでいない生徒は、忘れずに申し込んで下さい。

 

何かわからないことがあれば、気軽に受付に声をかけてくださいね

 

 

15:52 | 那覇本校
マスキングテープ

2018.4.16

繰り返すことの大切さ

4月―すべての過卒生が、来春のリベンジに向けてスタートします。

自分の受験勉強を反省して、新たな気持ちで入塾してくる生徒たちを見ると、

毎年の事ながら、「さあ、始まるぞ!」とこちらの気持ちにもスイッチが入ります。

 

そいいうヤル気に満ちた生徒たちに、今の時期だからこそ、どうしても言っておきたいことがあります。

それは「同じ問題集を繰り返しなさい。」ということです。

夏頃になって焦り始めると、せっかく使っていた問題集を、いとも簡単に替える生徒がいます。

また、成績が伸びた生徒が使っている問題集が気になって、問題集を替えてしまう生徒もいます。

新しい問題集に手を出すことすべてがいけないわけではありませんが、少なくとも上に書いたような

理由で替えるのであれば、残念ながら「効果はない。」と言えます。

 

今、巷で人気のある問題集はどれもよくできていますから、同じレベルの問題集であれば、

基本的に「問題集を替えるメリットはない」といえます。

使い込むことで、デキる問題とデキない問題がハッキリわかっている問題集をとことん利用しましょう。

当たり前のことですが、「デキない問題をできるようにする」

ことでしか、合格はつかめないのですから。

 

数学担当:名嘉

 

 

マスキングテープ

2018.4.4

まもなく新学期(理科編)

いよいよ来週から新年度前期授業がスタートします。

理科に関しては、第1週目は各校舎でオリエンテーションやクラス分けテストがあります。クラス分けテストは主に理系の生徒が対象になります。那覇校ではこのテストにより、物理と化学は応用クラス、標準クラス、基礎クラスの3クラスに振り分けられ、生物は応用クラス、標準クラスの2クラスに振り分けられます。県外難関国公立大や医学科志望の生徒は応用クラスを目指してください。県外国公立、琉球大学志望の生徒は標準クラスがレベル的に最適になります。理科が苦手である、理科はあまり勉強していない、理科をもう一度一からやり直して国公立大学を目指す生徒は基礎クラスが最適になります。クラス分けテストの結果でクラスが決まりますが、クラスを1つ上げたい、あるいは1つ下げたいという生徒はアドバイサーや理科担当講師に相談してください。なお、地学に関してはクラス分けはなく、センターとの合同授業になりますが、理系の生徒は個別対応にて二次対策を行います。

理科発展科目の授業は第2週目から全校舎でスタートなります。理科基礎科目は6月スタートとなります。理科基礎科目のみ選択の生徒は、6月までは英・数・国に力を注いでください。

理科科 鈴木

15:47 | 那覇本校
マスキングテープ

2018.3.30

春は出会いの季節です。

日本では、来週から新年度。
学校・企業・官公庁、さまざま場所で新しい出会いが生まれる時期です。

予備校も同じです。
ただ設備が良いから、費用が安いからだけじゃなくて、
そこで誰と出会うかが、とても重要です。

サッカーファンにはおなじみ、
フットボールの母国イングランド・プレミアリーグ。
今シーズンは、名監督の大集合でしたね。

マンUのモウリーニョ、チェルシーのコンテ、リバプールのクロップ……
それぞれに個性的な監督が、自らの信念に基づいて、
それぞれに個性的な選手たちのモチベーションを維持させながら、
勝つための戦略・戦術をチームに授ける。
ワクワクしませんか?(あ、ガナーズの彼を忘れてた)

沖ゼミ講師陣は、個性的な猛者ぞろい。
情熱的なモチベーターも緻密な戦略家も、新しいことに挑戦するイノベーターも
勢ぞろいしていますよ。(さて、私はどのカテゴリー?)

魅力的な講師陣との出会いは、必ず受験生みんなの大きな力となります。
さあ、沖ゼミで一緒にがんばりませんか?
池田

マスキングテープ

2018.3.26

ワクワク、それともモヤモヤ

毎年3月になると、学生時代には新しいことが待ち受けているような気になることがよくあった。特に何があるわけでもないが、ただ何かがあるように思ったのだ。私の場合、大学受験に失敗した高3の3月はこのワクワクとモヤモヤの気持ちが入り混じっていた。若者特有の、なんの根拠もないのに自信を持ったことがあった。それは、予備校に通って「しっかり」やり直せば有名国立大学や私立大学に入れると、当初思っていたのだった。アルバイトをしながらでも勉強は両立できると、安易に考えていたのだった。また、東京に出て親元を離れ、新たな環境で生活することを甘くみていたのだった。人生は必ずしも思いどうりにはいかないのだ。それを痛感させられた一年だった。本当に努力をしなければ期待したものは得られないのだ。大学に入学しても、このモヤモヤとした気分はしばらく続き、知り合いの中には中退した者もいた。私は自分の置かれている状況から何とか逃げ出さず前を向こうともがいていた。今、大学受験に失敗した皆さん、おそらく、似たような気持ではないでしょうか。でも、人生はながいのです。ここからが人生の転換点なのです。私自身、今でも進むべき良い人生の方向に向かっているのかわからない。支えてくれる、家族、友人そして周りの人の助言も得ながら頑張りましょう。私も、大学時代に出会った人々のおかげで今を生きているのだから。

小田島

マスキングテープ

2018.3.23

来週から春休みですね♪

沖ゼミで数学を担当している井上です。

高校生の皆さん, 来週から春休みに入りますね。

新高2生は ’’もう1年過ぎたのかぁ” と思っていることでしょう。

この春休みの期間は宿題以外に1年生の時の復習をして下さい。

復習方法として中間, 期末, 校内学力, 塾内テストをもう一度解き直すのもいいと思います。

新3年生は2年間の復習なので大変です。

でも甘えたことは言ってられません。だって入試まで10ヶ月をきってます。

今何をやるべきか, 皆同じではないはずだから, 勉強方法に迷っている人は

担当アドバイザー, 担任, 苦手科目の先生 等に相談して下さい。

センター試験の数学は, 一問一答もありますが,  多くが前後連携した問題です。

前半が標準問題,  後半が応用問題と思って下さい。

前半を正確に速く解き, どれだけ後半に時間を残せるかは大事な戦術です。

だからこの春休みの期間に少なくとも教科書の例題レベルの問題は ”これは,こう解く”

と即答できるようになってて下さい。

 

16:19 | 那覇本校
マスキングテープ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 19
2020年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
資料請求はこちら体験指導のお申込みはこちら