Home > 沖ゼミブログ

沖ゼミブログ

2017.4.1

新年度スタート!

中等部沖縄校から大澤です。

本日4月1日から新年度がスタートです!

 

新年度がスタートということで、今日はとても忙しい一日で、せっかくのエイプリルフールなのに、楽しい嘘をつけないまま午後を迎えてしまいました…

 

今日は沖縄校では新3年生に向けて、沖縄県模試を実施しました。

これまで学校の定期テストの形式でしか受けたことのない生徒は、今日初めて入試形式のテストを受けて、少し緊張気味な様子でした。

受験番号が割り当てられ、志望高校を記入という設定に、生徒たちは受験生という自覚が出てきたようでした。

短時間で作文の構成をねって書く国語のテスト、一度に多様の単元から出題されている理科や社会のテスト、リスニングがある英語のテストなどにも戸惑っていましたが、最後までみんな集中してがんばっていました!

みんなおつかれさま~

 

来週4月3日(月)には、今回の模試の解説授業を行います!

解答用紙の使い方や、各教科の部分点の取り方、そしてこのテストを踏まえてのこれから入試日までの勉強の仕方を個々にアドバイスしていきたいと思います。

 

2017年度も沖ゼミで一緒にがんばっていきましょうー!

マスキングテープ

2017.3.26

食べログ

中等部沖縄校から大澤です(^.^)

 

生活の基本である食事は大切なものです。そこで今日は、私が利用している沖ゼミ中部校付近での食事処を紹介したいと思います。

お仕事中は中々行けない所もありますが、沖ゼミを中心に考えて歩いていける範囲に絞ってみました。

 

定食屋「でいご」

大通り沿いで、沖ゼミとサンエーの建物の間にあります。

気さくなおじさんが手頃な料金で定食を提供しています。定番メニューを多数そろえていますが、私のおすすめはヒレカツ定食です。味はもちろんですが、料金の割にはボリュームがあり、がっつりといきたいときはいいですね~

 

ラーメン屋「KEIJIRO」

胡屋十字路の角の方にあります。駐車場が一方通行になっている通り沿いなので、車で来る方は注意してください。

おすすめはお店も一押しのまぜ麺ですね~。シンプルな味付けでそのままでもおいしくいただけますが、途中、お酢とラー油を加えてからめると、これまた違った味を楽しむことができ一挙両得といったカンジです。

また、まぜ麺限定ですが、無料で大盛りにすることができるので学生さんも多く、いつも席がいっぱいです。

 

ピザ屋「555」

コザ・ミュージックタウンのゲート通り側にあります。

お持ち帰り専門店のピザ屋さんなので、手ごろな料金となっています。Mサイズ1200円~1400円。Lサイズで1700円~1900円。種類が豊富なので、あれもこれも食べたくなっちゃう人はハーフ&ハーフがおすすめです。

私は軽く食べたい時によって、サイドメニューのナンミックスピザを注文します。食べやすいサイズで1個180円。本格石焼オーブンを使用していて、ナンとチーズが香ばしくて絶品です!

 

ペルー料理「ティティカカ」

パークアベニューと一番街の間の通りにあるお店。

店内は陽気な雰囲気に包まれ、外国人のお客さんがよくいます。

豆を使った料理がたくさんありますが、私のお勧めは、豆が入っていない「ポヨサルタド」です。鶏肉とたまねぎとフライドポテトを酸味と辛みのある異国テイストな味付けで炒めたものですが、メッチャ旨い!

残念ながら平日は14時までしか営業していないので、よく出勤前に寄らせて頂いています。

お土産にはココナッツのビスケット、(名前を忘れちゃった^^;)を買って、奮起して仕事に励んでいます。

 

他にもまだまだおいしい食事処は沖ゼミのまわりにたくさんありますが、今日はこの辺で…

マスキングテープ

2017.3.23

読書のすすめと本屋大賞

こんにちは、那覇教室から前里です。

ほとんどの中学校は明日修了式が行われ、春休みがスタートすることと思います。春休みの宿題や、新学年に向けてこれまでの復習をするなど、やらなければいけないことは多々ありますが、それに加えてぜひ国語科としてやってほしいことがあります。

それは・・・読書です。

普段から本を読む人はもちろん、普段はなかなか本を読まないという人もこの休みの間にぜひ1冊でも本を読んで欲しいと思います。

そこで、今回は読む本を選ぶ参考として本屋大賞という文学賞について紹介したいと思います。

 

文学賞といえば芥川賞」「直木賞の2つが有名ですね。芥川賞は純文学、直木賞はエンターテイメント性の高い大衆文学に対して贈られる賞です。どちらも、その賞を主催する出版社が候補作をいくつか挙げ、著名な作家たちで構成される選考委員が受賞にふさわしい作品を選ぶ・・・というふうになっています。

 

一方、「本屋大賞」は全国の書店員の投票によって受賞作が決まります。一次選考では、過去1年間で書店員が実際に読んで面白いと思った本や、お客さんにも是非紹介したいという本の候補をつのり、その中の上位10作品がノミネート本として発表されます。二次選考では、書店員がノミネート本をすべて読んだ上で、全作品にコメントを書き、ベスト3に順位をつけて投票し、それが集計されて10作品の順位が決定する・・・という仕組みです。

実は、私は大学生の頃書店でアルバイトをしていたので、この「本屋大賞」の投票を行ったことがあります。全国の書店員が選んだだけあってどの作品もとてもおもしろかったのを覚えています。

 

また、本屋大賞にノミネートされた作品の多くが、映画やドラマ・アニメなど映像化されているので、本と映像作品を見比べてみるとまたひと味違う楽しみ方ができると思います。個人的には、2007年に本屋大賞2位に選ばれ、来月7日にアニメ映画が公開される、森見登美彦さんの『夜は短し歩けよ乙女』がお勧めの作品です。森見さんは今年の本屋大賞にも『夜行』という作品がノミネートされています。

 

2017年の本屋大賞は現在ノミネート本が発表されていて、4月11日(火)に投票結果が発表されます。この機会にぜひチェックしてみてください!!

 

 

本屋大賞ホームページ http://www.hontai.or.jp/ (過去のノミネート作品などが確認できます)

 

 

 

マスキングテープ

2017.2.19

下弦の月

中等部沖縄校から大澤です^ ^

今朝はとーってもきれいな下弦の月を見つけて思わず嬉しくなったので今日は月のお話しをしたいと思います。

 

普段早起きすることはあまりないのですが、たまたま今朝は目が覚めて、今日はどのくらいの寒さかな~と外に出てみると、月の直径から左半分は光り輝き、右半分の残りの部分が影によって少しだけ浮かび上がった下弦の月がでていました。なんだか今朝のはとても神秘的な感じがしました。

満月や上弦の月はよく目にすることはありますが、下弦の月は、私の普段の生活スタイルの中でよく見える時間帯がほかの月に比べて少ないので、あまり見かけません。

 

ここで少し、月の形による名称と、月が見える時間、方位についてお話ししたいと思います。

まず月の見える形には、三日月☽、半月、満月などがあります。

この半月の中で、(夕方南の空で)右半分が光っている月が上弦の月で、太陽に6時間遅れで運行して、12時に昇り24時に沈みます。

上弦の月から約2週間後、(明け方南の空で)左半分が光っている月が下弦の月と呼ばれ、0時に昇り12時に沈みます。

簡単にいうと、夕方に見える半月が上弦の月、明け方に見える半月が下弦の月となります。

 

月はおよそ30日で同じ満ち欠けを繰り返しているので、月一で下弦の月を見かけてもおかしくないのに、本当に何年ぶりかに下弦の月を見たので、思わず時間を忘れて見入ってしまいました。

何かいいことありそう

 

みなさんもたまには気分をかえて天体観測してみると、何か面白い発見があるかもしれませんよ~

 

マスキングテープ

2017.1.22

合格祈願のお菓子?!

中等部沖縄校から大澤です^^

 

最近生徒の間で合格祈願のお菓子がはやっていて、私が学生時代のときと比べ、今はいろんな種類のものがあり、ちょっとおもしろいなぁと思ったので紹介したいと思います。

 

「キットカット=きっと勝つ」や「Toppo→Topp=(受験を)突破する」などは定番ですね~

 

その他にも、受験シーズンだけ商品名をもろにかえて受験生を応援する名称になっているものがたくさんあります。

「カール→カール=受かる」

「ハイレモン→ハイレモン=(志望校に)入れる」

「カルピスキャンディ→カルピスキャンディ=受かる」

「グミチョコ→勝ちグミチョコ」

「カフェオレ→勝ちオレ」

「DEKAVITA―C→DEKAITA-

 

まだまだたくさんありますが、受験勉強の合間にこういうのを見つけるとなんか楽しくなってきますよね。

しかしながら、これらの代物は受験勉強の合間に一息つきたいときのカンフル剤としてはいいと思いますが、それに頼るのでなく、合格祈願グッズはあくまで心のお守りぐらいで、私としては、ぎりぎりまで単語を覚え、問題をたくさん解いて、生徒自身が自信をもってテストに臨めるように最後まであきらめずにがんばって欲しいと思います。

受験生のみなさん、

高校入試まであと45日、泣いても笑っても45日、今必要なことを精いっぱい取り組んで下さい。

マスキングテープ

2017.1.5

今日は何の日?

こんにちは。中等部那覇から前里です。冬休みが終わり、続々と学校がスタートしていますが、今日はある沖縄の伝統行事が行われる日であることは知ってますか?

 

今日は旧暦12月8日、ムーチーの日です!!

 

古くから沖縄では、旧暦の12月8日に健康・長寿の祈願のため縁起物としてムーチー(月桃の葉でまいて蒸した餅)を食べる習慣があります。また、生まれて初めてムーチーの日を迎える子供のいる家庭では初ムーチーといって、多めにムーチーを用意して親戚や身内に配ります。今日のニュースでも、ムーチーを買いにきたお客さんにインタビューすると、「80個買いに来た」と話している人もいて驚きました。みなさんも、家庭で用意されていたり、親戚からもらったりしてムーチーを食べたことがあるのではないでしょうか。今回はせっかくなので、このムーチーの由来を紹介しておきたいと思います。

 

 

昔、首里に兄と妹が住んでいました。両親を亡くした後、妹は他の島に嫁いだため、一人残された兄は山中で暮らすようになりました。そこで夜な夜な鬼となって家畜や人を襲って食べるようになったため、付近の住民はこの男を追いはらいました。男はとうとう大里村にたどり着き、大きな洞穴に住み着いてここでもまた同じようなことを繰り返していました。その噂が嫁いだ妹の耳に入り、妹は鬼になってしまった兄を退治することを決意します。そこで妹は兄の好物だったムーチーに鉄の塊を混ぜ、兄がそのムーチーを食べて弱ったところを海に突き落として退治しました。

 

 

鬼退治に使われたことからムーチーを「鬼餅」と呼んだりもします。

ここにはだいぶはしょって書いたので、もっと詳しい内容が知りたい人は自分で調べてみましょう!!

 

このムーチーの日の前後は沖縄で最も寒い時期でムーチービーサーとも言われますが、今年はお正月から続いてだいぶ暖かいですね。でもまだまだ寒くなる時期ではあるので、体調管理に気をつけて今年も頑張っていきましょう!!

マスキングテープ

2016.12.25

「メリークリスマス」とは言えない!?

中等部沖縄校から大澤です。

 

今日はクリスマス

日本でも、アメリカの影響を受け

「メリークリスマス!」や「ハッピークリスマス!」は

この時期のあいさつとして定番になってきましたが、

実はアメリカでは今はもう「メリークリスマ~ス!」とは言わない…

言ってはいけないようなんです。

 

「Merry Christmas」の「Merry(メリー)」は、「陽気な」、「笑い楽しむ」といった意味があり、

「メリークリスマス!」は「楽しいクリスマスを!」、「良いクリスマスを!」という意味になります。

そして「Christmas(クリスマス)」は「Christ(キリスト)」と「mass(ミサ)」が合わさったもので、キリストの降誕を祝う儀式を表します。

クリスマスはキリスト教の行事であり、様々な宗教の信者が住むアメリカでは、他宗教の人々に対するあいさつとしては適当でないということで

「メリークリスマス」と言ってはいけないようなんです。

その代わりに「ハッピー・ホリデイ」と言うのが主流みたいです。

アメリカではクリスマス休暇というのがあり、12月20日から2週間程の休暇があるので、良い休暇をという意味で「Happy Holidays」を使うみたいです。

 

相手の宗教を想いやる素敵なマナーだと思いますが、日本の休暇はだいたい大晦日から三箇日までなので、結局あまり関係はなかったかな…^^;

マスキングテープ

2016.12.21

マラソンと受験

こんにちは。

沖ゼミ首里教室から与那原です。

 

今月の初めになりますが,NAHAマラソンを走ってきました。

fb_img_1449394384708-960x640

今年のマラソンはとても暑かったです(^_^;)

那覇市の最高気温を102年振りに更新し,最高気温が28.2℃という過酷な条件でした。

 

そんな中,私は30kmで熱中症になってしまい,後半はとっても苦労しました。

いつもなら走り続けられるのですが,汗をまったくかかない状況で,水分補給をしつつ症状の改善を待ちながらゴールを目指しました。歩きながらでも足が攣りそう,,,でもなんとか完走できという感じです(^_^;)

dsc_0339-768x1024

今年走って思った事がいくつかあります。

一つ目は,

「いつもと違う状況で何かが発生したときに,いかに冷静に対応できるか」

です。

フルマラソンは5回目でしたが,今回が一番過酷でした。

その中でも,自分をしっかりコントロールできた点は,自分でも流石だと思いました。

 

これを大学受験に置き換えたとき,センター試験がマラソンの本番に例えられるかと思います。

まる二日の試験。

いつもと違う環境で,いきなり新傾向の問題が出たりするわけです。

当然,受験生たちの中には焦る子も居ると思います。

そこで焦らずに対応できるかが鍵になってくると思います。

 

二つ目は,,,

ちょっとした苦言ですが,

「フルマラソンに申し込んだのに,フルマラソンを甘く見ている人が大勢いる」

と言うことです。

中には初めから完走を目指していない人もちらほら居ますね,,,,

 

参加は個人の自由ですが,2年前のマラソンで,私は抽選に漏れて走れませんでした。

なので,出るからにはしっかりと完走を目指して欲しい,これは最低限ですね!!

 

ココでまた受験の話の絡めます。

フルマラソンの完走と大学受験!!

共通していることは,

時間をかけて,しっかりと計画を立てて,対策を取る

ことが非常に大事です。

 

私の場合であれば,普段から運動を心がけています。

そして,3か月前からはしっかりと長い距離を走る練習を始めます。

私の場合,これで余裕で完走できます。

もし,4時間というタイムが目標であれば,この練習では足りませんが,完走には十分です。

 

さて,大学受験!!

生徒を見てて思うのが,

「口にしている志望大学と,今の勉強量とのギャップ」

まぁ,はっきり言って甘く見すぎだよね?

と思うことがあります。

特に,難関大学を目指すのであれば,高3でのスタートは余りにも遅いと感じます。

合格するような生徒は既に対策をしっかり練って実行しているのだから!!

 

難関大学を目指すのであれば,中学生から大学受験を見据えて勉強をして欲しいと,私は切に思っています。

大学受験生に教えていて,中学生の知識が疎かな生徒がいるもの事実です。

だから,私は中学生に授業するときは,大学受験を見据えて授業をしています。

 

首里校では中1を担当していますが,彼らが受験する頃には新しい大学入試になっています。

今,彼らがそこまで意識していなくても,高3になったときに私の授業が生かされていれば本望です。

 

今日のまとめです。

マラソンも受験もしっかりとした準備が大事

です。

私ならどちらもサポートできますよ(^-^)

そして,高校受験に関しては,特に学校の内申が重要なので,高校受験は既に始まっていると認識してくださいね!!

中学生のみなさま!!

 

では,長文になりましたがこの辺で。

マスキングテープ

2016.12.11

沖縄の天然温泉??

中等部沖縄校から大澤です。

 

沖縄もやっと冬を体感させる寒さがやってきましたね~。

寒いのはとても苦手なのですが、寒い時にやると楽しくなる事というのはたくさんあるので、冬は結構すきです。

さて、今日は寒いときにやると楽しくなることの1つとして私が今はまっていることを紹介したいと思います。

それは…温泉です。

冷え性の私を心配して、友人に連れられて行った温泉。

ジェットバスやサウナ、岩盤浴など、リラクゼーション的な銭湯の認識で行ったのですが、

天然温泉とかかれていて、

沖縄で天然の温泉

身近に活火山ってあったかな?

と疑問に思い、少しだけ沖縄の温泉について調べてみました。

 

まず温泉自体は、火山性の温泉と、非火山性(マグマを熱源としない)温泉の2種類に分けることができ、日本にも非火山性の温泉はたくさんあるようですが、沖縄県にあるのは火山性の温泉のようです。

 

そして、火山性の温泉のしくみとして

地球の内部は高温で、大量の熱エネルギーが蓄えられています。

そのエネルギーを大気中に放出しようとする現象が火山活動で、

この火山活動の活発な火山を「活火山」とよび、概ね過去1万年以内に噴火した火山、または現在活発な噴気活動のある火山と定義しています。

日本には110の活火山があり、沖縄本島には活火山はないのですが、

琉球列島という区分でみると、「硫黄鳥島」と「西表島北北東海底火山」の2つの火山があるそうです。

この火山により、地下水がマグマだまりの熱で温められ、

また、湧き出てくる途中で岩石の成分を取りこんでいき、

断層等から地表に湧き出してきたものが火山性温泉となるようです。

 

さて、沖縄温泉の成分で大半をしめているのは、ナトリウム、塩化物泉の温泉です。

これは海水が地層に染み込んだ温泉を利用しているためで、塩味のする温泉が多いのも沖縄温泉の特徴だそうです。

効能としては、神経痛、筋肉痛、関節痛、冷え性、疲労回復などなど…あるようです。

 

はぁ~温泉について書いていると、また湯船に浸かりたくなってきました。

沖縄には入浴の文化はあまりないので、温泉に行ったことのない人も結構いるのではないでしょうか。

一度行ってみると世界が変わるので、癒しのお出かけスポットとしていかがでしょうか

マスキングテープ

2016.11.26

沖縄国際カーニバル

中等部沖縄校から大澤です。

 

本日は沖縄市ゲート通りで、「沖縄国際カーニバル2016」が開催されていました。

 

中等部沖縄校は胡屋十字路すぐそばに校舎があるので、メインイベントのパレードを見ることができました。法被を着て神輿を担いだ人々や、本格的なサンバの衣装をきた人々など、とても鮮やかな光景でした。

 

私は生憎いつもこの時期はお仕事で、カーニバルを観に行ったり、参加したことはないので、今日はとても嬉しくなりました^^

 

夕方から来た生徒も、大綱引きの紐をもってきてテンションが上がっていました。

この国際大綱引きでは、重さ約10トン、長さ約80mの綱が使われ、約2000人の参加者が東西に分かれて引き合うそうです。

日米対抗戦も行われるようで、白熱した雰囲気が想像できますね~。

 

イベントは明日まで続き、ちょっと早いですが明日はサンタさんも来てくれるようなので、お時間がある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

マスキングテープ
1 2 3 4 5 6
2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
資料請求はこちら体験指導のお申込みはこちら