Home > 沖ゼミブログ

沖ゼミブログ

2017.4.13

2017年度本屋大賞

こんにちは、中等部那覇教室から前里です。

以前の担当回で紹介した、2017年の本屋大賞が発表されました!!

 

栄えある大賞は・・・恩田陸さんの『蜜蜂と遠雷』で、2016年下半期の直木賞に続いての受賞となりました。

ちなみに、私のイチオシだった森見登美彦さんの『夜行』は8位という結果でした。ちょっと残念。

最近はなかなか時間がとれず本を読めていなかったので、この2作はゴールデンウィークあたりにでも読みたいな・・・と思っています。

 

ということで、恩田陸さんの著作の中で個人的にお勧めのものをご紹介したいと思います。

 

『六番目の小夜子』

とある地方の高校には「サヨコ」よばれる奇妙なゲームが受け継がれていた。3年に1度、サヨコと名乗る生徒が選ばれて3つの約束(赤い花を生ける・サヨコを演じる・サヨコを指名する)を果たす。それが成功すれば大いなる扉が開かれ、3年後にまた新しいサヨコが現れる、と言われていた。「六番目のサヨコ」が選ばれる年に、津村沙世子という美しい転校生がやって来て・・・

恩田さんのデビュー作であり、NHKで鈴木杏さん、栗山千明さん、山田孝之さんなどのキャストでドラマ化された作品です。当時小学生でしたが、ハラハラドキドキしながらドラマを見ていたのを覚えています。

 

『夜のピクニック』

全校生徒が24時間かけて80キロメートルを歩く高校の伝統行事「歩行祭」。3年生の甲田貴子は、最後の歩行祭、1年に1度の特別なこの日に、恋心ではなくある理由から意識していたが一度も話したことのないクラスメイト・西脇融に声を掛けようとしていた。しかし、ふたりの不自然な様子をクラスメイトは誤解して・・・

2004年の本屋大賞受賞作であり、恩田さんの母校である高校の名物行事「歩く会」をモデルにしていて、2006年に多部未華子さん主演で映画化された作品です。ただ歩くだけの行事のはずなのにここまでの物語になるとは驚きでした。

 

『月の裏側』

九州の水郷都市・箭納倉で三件の失踪事件が相次いだ。消えたのはいずれも掘割に面した日本家屋に住む老女だったが、不思議なことに、じきにひょっこり戻ってきた、記憶を喪失したまま・・・

ホラーと呼べばいいのかSFと呼べばいいのか迷ってしまう作品ですが、ぞくっとする感覚が味わえる作品です。

 

 

マスキングテープ

2017.4.13

地理・世界史・日本史の難読・難解漢字ベスト10

こんにちは、那覇本校 社会科担当の田仲です

今日は地歴に出てくる漢字の話をしましょう。

地歴には難読・難解な漢字が多数登場し、そのなかでも、受験生がよく間違える読めない面白い漢字を紹介します。

第10位 閘門式運河 (こうもんしき)閘門(水門)で水位を調節することによって、船を行き来させるというものです。(地理)

第9位    砂  嘴 (さし)半島や岬に続く砂の堆積によってでき,海に突き出た低平な細長い堆積地形。(地理)

第8位    「続日本紀」 (しょくにほんぎ)平安初期の勅撰の史書。藤原継縄・菅野真道らにより79年撰進。(日本史)

第7位    讒 謗 律 (ざんぼうりつ)日本最初の名誉保護に関する法律。太政官布告第110号1875年公布。(日本史)

第6位    石  筍 (せきじゅん)鍾乳洞の床に、石灰質を含んだ水がしたたり落ちて固まり積もって、たけのこ状になったもの。(地理)

第5位   賈思勰 (かしきょう)中国の農書としては最古の「斉民要術」の著者。北魏(世界史)

第4位   盟神探湯 (くかたち)古代の裁判における真偽判定法。熱湯の中へ手をいれます。(日本史)

第3位  「聾瞽指帰」 (ろこうしいき)平安初期の仏教書。3巻。空海著。延暦16年(797)成立。(日本史)

 

第2位   吐谷渾 (とよくこん)唐代にかけて青海地方にあった国。663年吐蕃とばんに滅ぼされた。(世界史)

 

第1位 饕餮文(とうてつもん)中国、殷・周時代の、多くは青銅器に表現された怪獣文の一種。(世界史)

 

 

17:35 | 那覇本校
マスキングテープ
2017年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
資料請求はこちら体験指導のお申込みはこちら