Home > 沖ゼミブログ

沖ゼミブログ

2017.9.7

五節句

こんにちは。中等部那覇教室から前里です。

今日は、2日後に迫った「重陽の節句」について書きたいと思います。

 

「重陽の節句」は五節句の一つであり、9月9日のことを指します。旧暦では菊の花の咲く季節であることから、「菊の節句」とも呼ばれています。陰陽思想(ありとあらゆるものを陰と陽の2つに分類する思想)では、奇数は陽の数であり、一桁の奇数の中で一番大きな数である9が重なる日のため「重陽」というそうです。昔は奇数が重なる日は陽の気が強すぎて不吉なことが起こると考えられていたことから、厄払いの行事として節句が行われていましたが、それが転じて今では祝い事となっており、長寿を祈って菊の花を飾ったり、菊の花びらや葉を浮かべた菊酒を飲んだりします。

 

他の節句に比べて知名度はダントツに低いですが、私の家では毎年仏壇に菊酒を飾っています。祝い事や厄払いの行事は受け継がれていってほしいものです。

 

ちなみに他の四節句は以下の通りです。いくつ分かりましたか?

 

1月7日 人日(じんじつ)

邪気を払い万病を防ぐための縁起物として七草がゆを食べる。

3月3日 上巳(じょうし)

「桃の節句」とも呼ばれる。雛人形を飾り、女子の健康を願い厄除けを行う。

5月5日 端午(たんご)

「菖蒲の節句」とも呼ばれる。こいのぼりや武者人形を飾り、男子の健やかな成長を祈願する。

7月7日 七夕(たなばた)

元は織女(織姫)にあやかり手芸上達を願う祭りだったが、現在は願い事を書いた短冊を笹飾りにつけている。

 

マスキングテープ

2017.9.7

勉強法で悩んでいる人は

理科科の立松です。

夏期中に何人かの生徒(特に伸び悩んでいる生徒)から勉強法について相談を受けました。

全ての生徒に共通して以下のように答えてます。

結局、やってることはみんな同じ。
①まずは覚える。

    ↓
②問題を解く。

    ↓
③間違ったところを覚える。

    ↓
④問題を解く。

   ↓

⑤時々参考書やノートを覚える。

   ↓
⑥問題を解く。
の繰り返しです。

難しく考えたり,いろいろ悩んでいても成績は伸びません。

シンプルに考え,行動あるのみです。

マスキングテープ

2017.9.7

「今」をはじめる

さてさて、那覇本校、国語科の松本です。
夕暮れの日のかげりが、
なんだか少しもの寂しく感じるようになってきましたね。
そんな安里の街角から、今回も日々の徒然を。

そうめんを思いっきいすすりあげた後に、
「ふぅ」と息をつくじゃないですか。
そんなふうに、
夏が一息をついてしまいましたね。
日中気温は上がりますが、
光が少し弱まったのか、
あたりの景色がなんだかよく見渡せます。

モノレール牧志駅の角の柳の木が、
少し元気がなかったり、
逆にひめゆり通りのホウホウボクが
柔らかいグリーンの葉からオレンジの花を咲かせていたり。
「あれ?この場所ってこんなだったっけ…」
と目を見開かされるようです。
夏が後ずさりをしてはじめて、夏の姿を見つめている。
そんな自分に気づくのはせつないものです。

毎年言うのですが
9月は受験生にとってなんとも過ごしにくい月。
夏が終わろうとしているのに、
ゴールはまだ先で
今の自分がうまく実感できない。
やってきたことに落胆したり、
未来を見ることが不安になったり、
誰もがぼんやりと方向性を見失う月です。

落ち着かない9月の始まりは、
逆に「今」という瞬間に集中してみることです。
朝早く起きる。
光の色を見る。
街をゆっくりと眺めまわしてみる。
目の前の問題にじっくりと取り組み、
丁寧に復習してみる。
「落ち着いた自分」を積み重ねると、
そんな自分でいられたことも、自信につながていくのではないでしょう。
いつでも問題を解くのは、
過去の自分でもなく、未来の自分でもなく
クリアーでクレバーな「今」の自分なのですから。

11:05 | 那覇本校
マスキングテープ
2017年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
資料請求はこちら体験指導のお申込みはこちら