Home > 沖ゼミブログ

沖ゼミブログ

2018.3.3

インテリジェンス ~より深く読み解く力~

皆さんこんにちは。沖縄受験ゼミナール首里校から、数学科の樋口がお送りする本日のブログです。

さて今日は、こんな記事の話からです。

 

「地頭がいい人と、悪い人の違い」

 

インテリジェンス =ありふれた情報から、より深い内容を読み取ること
インフォメーション=表面的に入手できる情報
の違いが書かれていました。
ちょうど2月12日のブログでも、遠山先生が「地頭」の話をされていましたね。

 

勉強とは、インテリジェンスを鍛えることに他なりません。
「勉強って、社会に出てから役に立たないことが多いのに、どうして勉強するの」という人がいますが、最近の情報化社会において、数多く入手できるインフォメーションから、より深いインテリジェンスを読み取る力がなくては、情報の海で溺れてしまうのです。
「うそをうそと見抜ける人でなければ、インターネットを使うことは難しい」とは、インターネット掲示板2ちゃんねる(今は5チャンネルに改名しました)の創始者ひろゆき氏の言葉ですが、これはまさに真意をついた言葉なのです。

 

 

さて、
文部科学省は2018年2月14日、高等学校の授業で教える内容を定める「高等学校学習指導要領」の改訂案が公開されました。
これは、インフォメーションです。
この改定案、数学の内容が、これまでの「物理のための数学」から「データサイエンスのための数学」への移行が行われていることが分かるんです。高校数学が、大量の情報を扱うデータサイエンス向けに変わってきている、つまりそういう人材がこれから必要となっている、という方針を明らかにしたわけです。
これが、インテリジェンスです。

 

 

樋口は数学指導のプロとして、このインテリジェンスを読み取ることができました。
皆さんは自分の好きなことで、インテリジェンスを磨きましょう!
そのことが将来、必ず自分の力や自信になるはずです。

09:00 | 未分類
マスキングテープ
資料請求はこちら体験指導のお申込みはこちら