Home > 沖ゼミブログ

沖ゼミブログ

2018.7.4

知識とお金は使わなければ無いのと同じ

沖縄校英語科の松本です。久しぶりの登壇です。

 

いきなりですが、こう言われたらどうでしょうか。

 

「今からあなたの銀行口座に1億円を振り込みます。でも、一生使ってはいけません」

 

口座に1億円があるのに、1円も使ってはいけない。

通帳に9桁の数字が書き込まれただけ。

 

めっちゃ無意味。

 

でも、勉強に関して言えば、多くの受験生が同じことをしているように思います。

 

意味が分からないですね。説明します。

 

知識は、蓄える分には上限はありません。

しかし、使わないと無用の長物です。

 

例えば、200個の英文を例文として暗記したとします。

でも、目の前の文法問題が解けない。

答え合わせをしたら、知っている知識を使う問題だった。

 

ありがちな光景です。

 

これの原因の可能性の一つは、

知識と実践を「比較する」習慣が不足していることです。

(ほかの原因には「反復」不足があります)

 

暗記例文は、覚えた例文の文構造と初見の英文を、比較して理解することに意味があります。

英語が苦手な人の多くは、例文を暗記しただけで満足し、比較する習慣がありません。

 

また、英文を組み立てる際、暗記例文のストックの中から表現したい内容と似たものを検索し、比較して真似ることに意味があります。

英語が苦手な人の多くは、せっかく覚えた例文を検索して比較する習慣がありません。

 

これでは、前述の1億円のたとえ話と同じです。

口座には1億円あるのに、1円も持っていない人と同じです。

 

知識はあるのに、まったく活用できないのは、

何も知らない人と同じ結果しか出ないということです。

 

文法問題を解く時に「これと似た文を覚えたかな?」と記憶をたどる癖をつけるといいでしょう。

その習慣が、長文を復習する時にも継続できれば、初見の文の読みやすさが向上していきます。

 

もちろん、「比較する」習慣はあるのに英語ができるようにならない!という人もいるでしょう。

その場合、習慣自体は正しいので、あとは反復あるのみです。

反復がなければ、あらゆる勉強習慣が台無しなので、今が踏ん張りどころですね。

 

英語に苦手意識がある人は、簡単な英文からで構わないので、

自分の知識と目の前の英文を「比較する」ことが習慣化できれば、大きく化ける可能性があります!

もちろん、すぐに結果が出ることを期待したら、失望感から勉強自体をしなくなるので、焦りは禁物です。

 

お金も知識も、うまく使って初めて生きるものだと思いませんか?

マスキングテープ

2018.7.3

基礎知識の確認

梅雨が明けて、今年も、夏期講習が近づいてきました。

 

受験対策は、順調に進んでいますか?

 

夏期講習の間の学習が、大学入試の結果を左右するということは、よく言われていることです。

 

「夏を制する者は 受験を制す」などとね。

 

 

さて、夏期講習の間にすべきことの一つに「基礎知識の確認」があると思います。

 

 

◎「基礎知識の確認」について

 

基礎知識が十分に身についていないと、入試問題で合格点を取れないことは、多くの人が分かっていると思います。

 

それでは、それぞれの科目にどのような「基礎知識」があるのでしょうか。

 

 

英語 英文法と単語、語法

 

数学 公式、定理と基本的な問題(教科書例題レベル)の解き方

 

国語 古文の古典文法・古文単語、漢文の句法と重要漢字

 

理科 ……

 

社会 ……

 

 

ごく大まかにいうとこのようになると思います。

 

 

それでは、例えば、

 

国語の古文の古典文法には、具体的にどういうことがあるでしょうか?

 

 

文法の項目としては

 

○用言の活用

○助動詞

○助詞

〇敬語

 

※ほかに活用しない自立語などもあります

 

となるでしょう。

 

 

それでは、「用言の活用」には具体的にどういうことがあるのでしょうか?

 

 

用言 = 動詞・形容詞・形容動詞

 

◆動詞 四段活用・上一段活用・上二段活用・下一段活用・下二段活用・カ行変格活用・サ行変格活用・ナ行変格活用・ラ行変格活用

 

◆形容詞 ク活用・シク活用

 

◆形容動詞 ナリ活用・タリ活用

 

 

それでは、「動詞」で覚えておかなくてはならない重要単語は……

 

 

 

あまり長くなるので、ここまでにしておきます。

 

具体的には、教科書・参考書などを見れば、受ければ分かることです。

 

 

しかし、大切なことは、どういう「基礎知識」(=学習項目)があるのかを、あらかじめ自分で調べておくことです。

 

それも、教科書・参考書の目次などのおおまかな項目から、一つ一つの具体的知識までを、です。

 

もちろん、自分の受験科目のすべてについて調べるのです。

 

 

実は、これには、かなり時間を必要とします。受験対策をはじめて間もない人には、特に大変でしょう。

 

しかし、必要な知識に何があるのかを調べ、そしてその中で、自分に〈できていること・できていないこと〉をはっきり分けて、

 

分からないことを次々に調べていくことが、受験対策の基本の一つだと思います。

 

受験に必要な「基礎知識」に何があるのかをまずしっかり調べて、受験対策を進めると、効率的に学習が進む可能性が高まります。

 

「基礎知識」が不安な人には、夏期講習の初めごろまでにやるのがおすすめです。

 

 

このことは、僕が担任する生徒さんには面談で伝えています。

 

面談後、しばらくして、「基礎知識を調べるの、めっちゃ大変です」と言われることもありますが、

 

実践してくれた生徒さんの多くが、成績アップそして合格を勝ち取ってくれていると思います。

 

 

過去には、僕の担任していた生徒さんで、

 

4月には受験対策ゼロの偏差値34~38から、夏期講習後の模試で偏差値57くらいまで上がった生徒さんもいたと思います。

 

もちろん、難関大などに受かった方も多数です。

 

少しでも、参考になればと思います。

 

 

とはいえ、「基礎はもうばっちりできている」という生徒さんも少なくないでしょう。

 

そういう方は、安心して「入試問題の解き方」レベルの対策を進めてくださいね。

 

 

それでは、暑さに負けず、受験の「夏」をがんばりましょう。

 

2018年7月3日(火)

大石 (沖縄校 国語科)

20:35 | 未分類
マスキングテープ

2018.7.3

夏休みがやってきます!

こんにちは!

アドバイザーの本村です。

 

 

もう少しで夏休みがやってきます。

受験生にとってもその他の高校生にとっても

すごく重要な期間であることに

違いはありません。

 

特に受験生にとっては

今まで高校で習ってきた事を

再確認するのに重要な時期になります。

 

 

ここでの復習や知識の確認をおろそかにすると

9月以降に点数が伸びない原因になります。

 

これは大きく志望校への

合否に関わってきます。

 

なので夏休みは徹底的に

基礎の見直しをするようにしましょう

 

教科書レベルの問題であっても

1つ1つ丁寧に確認し

知識を積み重ねてください。

 

この知識の積み重ねを出来る最後の時間になるので

夏休みの一カ月を計画的に過ごしましょう。

 

本村

 

 

マスキングテープ

2018.7.2

今、あいてます!!

中等部から與儀です

久しぶりに台風らしい台風でしたね

家の前のマンションのエントランスの

ガラスが割れていました

 

 

夜中にガラスが割れた音がしたので何かと

思っていましたが、出勤前に見ると見事に

割れていたのでどうやら飛来物にやられた

みたいです

 

 

沖ゼミは本日、通常通り授業があります

まだまだ雨や風が強いので来る際は十分に

気を付けて下さいね

 

 

 

マスキングテープ

2018.7.1

沖縄受験ゼミナール 本日5時以降閉館致します

台風7号接近に伴い、モノレールが6時以降運休・バスが7時以降運休となります。
その為本日(7月1日)5時にて閉館と致します。
今日は、自宅にて学習してください。
明日は通常通りの開校を予定していますが、台風の進路や公共交通機関の運行に合わせて変わる可能性もあります。
皆さんも気を付けてください。

マスキングテープ
1 2
2018年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
資料請求はこちら体験指導のお申込みはこちら