Home > 沖ゼミブログ

沖ゼミブログ

2018.7.3

基礎知識の確認

梅雨が明けて、今年も、夏期講習が近づいてきました。

 

受験対策は、順調に進んでいますか?

 

夏期講習の間の学習が、大学入試の結果を左右するということは、よく言われていることです。

 

「夏を制する者は 受験を制す」などとね。

 

 

さて、夏期講習の間にすべきことの一つに「基礎知識の確認」があると思います。

 

 

◎「基礎知識の確認」について

 

基礎知識が十分に身についていないと、入試問題で合格点を取れないことは、多くの人が分かっていると思います。

 

それでは、それぞれの科目にどのような「基礎知識」があるのでしょうか。

 

 

英語 英文法と単語、語法

 

数学 公式、定理と基本的な問題(教科書例題レベル)の解き方

 

国語 古文の古典文法・古文単語、漢文の句法と重要漢字

 

理科 ……

 

社会 ……

 

 

ごく大まかにいうとこのようになると思います。

 

 

それでは、例えば、

 

国語の古文の古典文法には、具体的にどういうことがあるでしょうか?

 

 

文法の項目としては

 

○用言の活用

○助動詞

○助詞

〇敬語

 

※ほかに活用しない自立語などもあります

 

となるでしょう。

 

 

それでは、「用言の活用」には具体的にどういうことがあるのでしょうか?

 

 

用言 = 動詞・形容詞・形容動詞

 

◆動詞 四段活用・上一段活用・上二段活用・下一段活用・下二段活用・カ行変格活用・サ行変格活用・ナ行変格活用・ラ行変格活用

 

◆形容詞 ク活用・シク活用

 

◆形容動詞 ナリ活用・タリ活用

 

 

それでは、「動詞」で覚えておかなくてはならない重要単語は……

 

 

 

あまり長くなるので、ここまでにしておきます。

 

具体的には、教科書・参考書などを見れば、受ければ分かることです。

 

 

しかし、大切なことは、どういう「基礎知識」(=学習項目)があるのかを、あらかじめ自分で調べておくことです。

 

それも、教科書・参考書の目次などのおおまかな項目から、一つ一つの具体的知識までを、です。

 

もちろん、自分の受験科目のすべてについて調べるのです。

 

 

実は、これには、かなり時間を必要とします。受験対策をはじめて間もない人には、特に大変でしょう。

 

しかし、必要な知識に何があるのかを調べ、そしてその中で、自分に〈できていること・できていないこと〉をはっきり分けて、

 

分からないことを次々に調べていくことが、受験対策の基本の一つだと思います。

 

受験に必要な「基礎知識」に何があるのかをまずしっかり調べて、受験対策を進めると、効率的に学習が進む可能性が高まります。

 

「基礎知識」が不安な人には、夏期講習の初めごろまでにやるのがおすすめです。

 

 

このことは、僕が担任する生徒さんには面談で伝えています。

 

面談後、しばらくして、「基礎知識を調べるの、めっちゃ大変です」と言われることもありますが、

 

実践してくれた生徒さんの多くが、成績アップそして合格を勝ち取ってくれていると思います。

 

 

過去には、僕の担任していた生徒さんで、

 

4月には受験対策ゼロの偏差値34~38から、夏期講習後の模試で偏差値57くらいまで上がった生徒さんもいたと思います。

 

もちろん、難関大などに受かった方も多数です。

 

少しでも、参考になればと思います。

 

 

とはいえ、「基礎はもうばっちりできている」という生徒さんも少なくないでしょう。

 

そういう方は、安心して「入試問題の解き方」レベルの対策を進めてくださいね。

 

 

それでは、暑さに負けず、受験の「夏」をがんばりましょう。

 

2018年7月3日(火)

大石 (沖縄校 国語科)

20:35 | 未分類
マスキングテープ

2018.7.3

夏休みがやってきます!

こんにちは!

アドバイザーの本村です。

 

 

もう少しで夏休みがやってきます。

受験生にとってもその他の高校生にとっても

すごく重要な期間であることに

違いはありません。

 

特に受験生にとっては

今まで高校で習ってきた事を

再確認するのに重要な時期になります。

 

 

ここでの復習や知識の確認をおろそかにすると

9月以降に点数が伸びない原因になります。

 

これは大きく志望校への

合否に関わってきます。

 

なので夏休みは徹底的に

基礎の見直しをするようにしましょう

 

教科書レベルの問題であっても

1つ1つ丁寧に確認し

知識を積み重ねてください。

 

この知識の積み重ねを出来る最後の時間になるので

夏休みの一カ月を計画的に過ごしましょう。

 

本村

 

 

マスキングテープ
2018年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
資料請求はこちら体験指導のお申込みはこちら