Home > 沖ゼミブログ

沖ゼミブログ

2018.11.2

高校1・2年生は英語・数学・国語中心の勉強を

こんにちは。沖縄本校,普天間校で英語を教えている安里です。

 

 今回は,特に高1・高2の合格を目指す受験勉強の重点項目について書きます。

 

 まず,学校での勉強と塾・予備校(つまり沖ゼミ)での勉強に違いについて。

 

 学校では,英語・数学・国語と理科・社会のすべての教科・科目を全部やる。沖ゼミでは高1・高2の間は,英語・数学・国語をやり,理科・社会は高3からスタートする。

 

 つまり,受験という観点からは,高1・高2の間で,英語・数学・国語を先にマスターせよということだ。英語・数学・国語は得点力をあげるには時間がかかるからだ。しかし,一度上がるとなかなか下がらない。理科・社会の本格的な勉強は例外を除いて,高3になってからでいい。

 

 そして,学校での授業はすべての科目に力を入れるようなカリキュラムになっているが,英語・数学・国語に力を入れる勉強をしたい。それ以外は,ついていける程度でよい。それから,学校では,受験にはあまり役には立たない,課題や宿題が多いが,要領よく片付けて,勉強時間の多くを英語・数学・国語にあてる。

 

  加えて注意点。1日の勉強時間で英語・数学・国語をどのような時間配分で勉強するかについて。

 生徒の中には,今日,あるいは3日くらいは数学だけ,またある日英語だけをやって,というように1日に1科目だけ集中する勉強をしている生徒がいるが,その勉強法はダメ。例えば,1日に平日4時間勉強するならば,英語・数学・国語を1時間ずつ。そして,あと1時間を他科目,あるいは学校の宿題・課題にあてる。また,日曜日に10時間勉強(難関大学志望者)するとして,英語・数学・国語を3時間ずつ,残り1時間を他科目,あるいは学校の宿題・課題にあてる。あるいは,日曜日に7時間勉強(琉球大学(医学科以外)・県立看護大学・名桜大学志望者など)するとして,英語・数学・国語を2時間ずつ,残り1時間を他科目,あるいは学校の宿題・課題にあてる。

 

 この勉強時間の配分は,得意不得意で,あるいは志望によって割合を変えればよいが,1日1科目だけに集中する勉強はしないようにしよう。

 

 

16:33 | 沖縄本校
マスキングテープ
2018年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
資料請求はこちら体験指導のお申込みはこちら