Home > 沖ゼミブログ

沖ゼミブログ

2018.11.14

理科センター演習始まる。

理科科の鈴木です。

那覇本校では難関・選抜クラスの生徒対象のセンター演習が始まりました。難関クラスのセンター演習は自己採点形式となりますが、この機会にセンター対策を万全にしてください。なお、理系標準クラスや基礎クラス、センタークラスのセンター演習は授業内に行います。全範囲が終了次第、センター演習に切り替わります。この演習を通し、1年間の総復習をしていきます。理科にかかわらず、演習(模試)は終わった瞬間が始まりです。間違えたところはなぜ間違えたのか、ただ単に覚えていなかったのか、問題文をしっかり読んでいなかったのか、問題文を把握できなかったのか、考え方が根本的に違ったのか、勘違いをしたのか、原因はいろいろあると思います。偶然に正解だったところも含め、間違ったところはしっかり理解するまで復習をしてください。解説を聞いても、あるいは、解説を読んでも分からない箇所は必ず先生に聞くようにしましょう。

マスキングテープ

2018.11.14

もし、模試で

最近久しぶりにGuns ‘N Rosesの「November Rain」を聞いてうれしくなっている

那覇本校の畠山です。やっとファミコンのドラゴンクエストⅠをクリアしました(拍手)

 

今回は模試の話。

生徒は模試の採点をし、その結果を見ては「どうしよう・・・」と悩んでいる姿を見ます。

いい点を取るように教育されてきたみなさんは、思った通りの点数が取れなかった場合過剰に反応してしまいます。

そんなあなたに一言・・・

所詮模試なんだからその点数なんかに振り回されるな

できている人には関係のない話かもしれませんが、できなかったという感想を持っている人には

切実な問題になっていることでしょう。しかし、さきほどの言葉通り「振り回されるな」!

そんなことより以下のことを確認しましょう

 

①できなかった原因を探せ

A 基礎知識が不足している

B 応用力が不足している

C 勘違いをしている

D その他

 

②必要な対処をせよ

Aの人→知識の再確認と知識の運用の仕方のチェックをたゆまずに行う

Bの人→「できる」という慢心を捨て、解答根拠から丁寧に根気よく考えるよう心掛けよ

Cの人→問をしっかりと理解し、何を求められどのように解答するのかを考えて解答せよ

Dの人→要相談

 

③間違いの訂正は必ず手を動かして「書いて」修正せよ

・目で見てるだけでは僕らの頭は動きません。しっかり手を動かして修正をしていきましょう

・同じ間違いを2度しないように何度もやり方を確認しましょう

 

本番ではなかったのだから、できなくてもいちいちクヨクヨしない!そんな暇があったら次回までに今回のできなかったことを「できる」自分にして、同じ間違いを本番ではしないように

 

以上のように自分を改善することの方が大切です。

勉強は一朝一夕でできるようになるものではありません。地道にしっかりと落ち着いて粘り強くやり抜く力が

あなたの将来を作るのです。

 

 

 

そう、ドラクエのレベル上げのように!(チャンチャン)

 

 

 

 

 

マスキングテープ
2018年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
資料請求はこちら体験指導のお申込みはこちら