Home > 沖ゼミブログ

沖ゼミブログ

2018.9.14

推薦入試で合格をめざせ!

こんにちは。沖縄本校,普天間校で英語を教えている安里です。

 

今日は,「推薦入試で合格をめざせ!」について書きます。

 

なぜ推薦入試で合格を勧めるかと言いますと,一つには,一般入試で合格するにはプラス1年~2年かかかる(1浪~2浪),あるいは浪人しても受かりっこないような大学・学部・学科に,推薦だと現役で合格する可能性があるからです。おいしいよね。

 

しかし,おいしい推薦入試を敬遠する生徒も多い。理由はたいてい2つ。この2つはたいてい間違った思い込みの場合が多い。

 

推薦入試を敬遠するまちがった理由① 評定が足りない

 

確かに,高2までの評定が3.0とかの場合には,受験資格が得られない場合がある。しかし,これからの中間,期末テストで頑張れば,何とか受験資格が得られる場合は,評定を上げて推薦入試にチャレンジできる。

一例をあげると,私が担当した生徒の中に,高2終了段階で評定が4.5の生徒で,推薦を受けることをあきらめていた生徒がいました。しかし,高3の一学期にオール5をとれば受かるよと励ました生徒で,がんばって実際に高3の一学期にオール5をとって,学校代表に選ばれ,見事,難関の琉球大学,医学部医学科の地域枠推薦(評定は4.8程度以上は必要)に受かった生徒がいます。

 

推薦入試を敬遠するまちがった理由② 小論とか面接が大変そう

 

 一般入試で,プラス1~2年勉強するほうがはるかに大変です。

 ほとんどの生徒がこれまで小論をやったことがないとか,面接は苦手だといいます。しかし,沖ゼミでは小論,面接対策をやるから,だいじょうぶ!

 これまでにも,多くの先輩たちが推薦で受かっています。

 これも一例をあげます。筑波大学・医学群・看護学類志望で,推薦入試は英語小論と面接の生徒がいました。英語が不得意で,学校からも英語が不得意だから筑波大学には受かりっこない,と言われていたそうです。で,沖ゼミでの対策を徹底してやった。英語小論対策は私がやりました。合格しました。

本人も受かってびっくり。「奇跡だね,先生」と言っていました。奇跡的なことも起こります。

 

以上,志望大学で推薦が受けられそうな場合には,推薦入試を利用するよう強く勧めておきます。

 

安里

19:20 | 沖縄本校
マスキングテープ
資料請求はこちら体験指導のお申込みはこちら