Home > 沖ゼミブログ

沖ゼミブログ

2018.10.27

風邪に関する常識

こんにちは!!

沖ゼミ首里校から進路指導を担当している池間です

台風が過ぎ去ってから、それまでの暑さが嘘だったかのように涼しくなりましたね

受験生(高3・過卒)はそろそろ演習に入っていきます

演習を通して、今まで得た知識をフル活用して本番の問題形式に慣れていきましょう

まだ完璧でないところは基礎に戻ってしっかり穴埋めをしていきましょう

基礎なくして応用なしです!!

 

ではでは…

表題の話に入っていきましょう

 

皆さんはこんな言い伝えを聞いたことがありませんか

一度風邪を引き起こすウィルスに感染してしまうと、そのウィルスに対する免疫ができるので、その後に同じような風邪をひくことはない

僕は小さい頃、よくそんなことを言われていた記憶があります。

小さいながらそんなことあるわけがないと思いつつも、半分本当かもと思っていました

しかしながら、これは全くの誤解だったのです!!(みなさんご存知かと思いますが…)

実は、医療専門家によると、幼児であれば

年に4~5回は風邪をひくのが普通であり

歳を取るにつれて風邪をひく頻度は少なくなるが、

少なくとも1~2回は風邪をひくと言われています。

これはもちろんそのウィルスに対する免疫がつくからであるが

だからと言って同じような風邪の症状が二度と起きるないという事は全くの誤りです

なぜかというと、風邪にはおよそ200種類のウィルスがあると言われていて

人から人へと感染するときにウィルス自体がわずかに変化していると言われています。

同じような症状の風邪を2度と引き起こす事がないというのは誤解であるという結論に至るのです。

今考えると、同じような風邪をひかないなんて100%ありえないって思いますね

実際、熱や咳やのどの痛みなどは何回も起きていますからね

という事で、皆さんも体調管理に気を付けていきましょう

 

さてさて、沖ゼミ首里校では推薦対策を始めていきます!!

主に面接や小論文の対策になりますが

面接は高等部のプロの進路指導担当アドバイザーが行います

しっかり対策して、面接で満点をとれるようにしましょう

(面接で満点を取ることは可能です!)

小論文に関しては、国語担当で首里校の大黒柱である上原先生が行います。

こちらもしっかり対策を行って高得点狙えるようにしましょう!!(特に推薦で名桜大学受験者は!!)

 

 

高1、高2生は中間テストの反省を踏まえ

期末では挽回できるように早め早めの対策を行っていきましょう

高2生は前回の記事でも触れましたが、

本格的に受験勉強を始めていきましょう

受験勉強を通して学んだことは

必ず大学や社会人になっても

大いに役立ちます。

明確なスタート地点がない受験勉強

いつからはじめるべきなのか……

このブログを読んで下さる皆さんは

もうお分かりですよね?

高1・高2生向けの大学受験で絶対に役立つ企画も用意していますので、

ぜひ沖ゼミ首里校へお越しください!!

TEL:098-884-3141

 

マスキングテープ
資料請求はこちら体験指導のお申込みはこちら