お問い合わせ

フリーコール 0120-995-039
【お問い合わせ受付時間】月~土     14:00~22:00

沖ゼミブログ

2020.12.11

今日の空模様は?

みなさんこんにちは!
沖ゼミ那覇本校国語科の松本です。
12月に入ってからグズついた天気が続いていますね。
私も気分がパッとしません。
昨日も開けたガラス窓から雨だれの音が絶え間なく入り込み、
文章を読む思考が遮られ、全然集中できませんでした。
毎日人の声が届かない場所に閉じ込められている気分です。
でも、そういう時こそ、できることを少しずつ
今回は、今の那覇本校の国語の授業内容を紹介します。

 

高校1年生の国語の授業は、
「小説の読解」への取り組みがスタートしたところです。
文庫本で200ページほどになる小説を、
高校1年生全員が、1,2か月かけて読み進めていきます。
設問を解くというより、想像力を働かせることが中心となる内容です。
最小限の問いかけから、
生徒それぞれがイメージを膨らませて答えをまとめていきます。
全員で同じ作品を読んでいることや、
分かりにくい場面は、机の間を回って随時サポートしていること、
設問ごとに答えを書いたらすぐ内容を確認するようにしていること、などから
読書経験の少ない生徒も安心して取り組むことができ、
皆が小説の世界に入り込んでいます。
この授業の狙いは
ⅰ)中編小説を読み解き、複雑な小説構造や人間性を理解できるようにすること。
ⅱ)自由な読みを通して、広がりのある発想やイメージ力の基礎を養成すること。
ⅲ)自分の考えや感じたことまとめることで表現力への導入とすること。
などです。
大学入試の新傾向を考えると、とても重要な授業内容だと感じます。

 

高校2年生現代文は、
「新聞記事」内容の整理と、批判的な読みの練習(入門クラス)

「哲学的文章」の要約(応用クラス)

をやっています。大学入試の新傾向や、推薦入試の定員増加に合わせて、
実用的な文章の読解を授業に取り入れていきます。
「哲学的文章の要約」は、読み飛ばしがちな抽象的な文章を、正確に読んでいるかの確認です。もちろん一人一人チェックを入れていきます。
この練習が、「速ければいい」ではない「正確で速い」読みの土台になっていきます。
古文は、
・入門クラスは助動詞をじっくりと。
・応用クラスでは助詞の確認と読解練習に取り組んでいます。
それぞれ確認テストをして、重要事項に繰り返し触れるようにしています。
また発展クラスでは大学入試問題にも取り組んでいますよ!

 

そして高校3年生過卒生ラストスパート
演習の日々です。
本番での注意事項をはさみながら、適宜一人一人に声を掛け、
生徒たちのがんばり

見守っています

 

長くなりましたが、ここまで読んでくれてありがとうございます。

ちょうど先程から空が少し晴れてきました
晴天のばかりの世界なんてきっとないし、
空の天気は私たちにどうすることもできないけど、
消えない雲もありませんね
心の中の天気も、
今やっていることを少し整理したり
自分のがんばりを認めてあげたりする
少しづつ雲が晴れていくような気がします。
毎日「晴れ」であることを求めれば、
自然の摂理に反していつか苦しくなってしまう。
いろんな空の表情を見ながら、
たくさんの人の心模様に少し「晴れ間」が訪れる瞬間を、
見守っていけたらいいなと考えています。

 

ではここで、再び10月1日ゼミログでの「幸福のおすそわけ」の写真を。

投稿者の大城さんにお願いして流用させていただきました(笑)

今日の皆さんの架かりますように!

 

 

IMG_5561

 

 

16:07 | カテゴリー: 那覇本校講師日記国語のハナシ

2019.12.4

上原先生のスペシャル講義!!!!!

こんにちは
沖ゼミ首里校から与那原です
本日は上原先生の特別授業が行われました
2019国語企画
IMG_5593_1

※黒板は機密事項なのでモザイクかけてます

久々に国語の授業を聞きましたが
この授業受けていたら国語の点数が伸びる気しかしませんでした
生徒も真剣に授業に参加していて
とても良い雰囲気
IMG_5596_1_1
沖縄も本格的に気温が下がっきて
推薦入試での合格者も出始めて
ピリッとした空気感がただよって来ましたね
高2のみなさん
今のこの雰囲気の中
先輩たちの熱気を感じ
それを自らの受験勉強への熱に変えてみませんか
沖ゼミ首里はその環境が整っています
気になる人は気軽にお問い合わせくださいね
では
沖ゼミ首里校
TEL:098-884-3141

20:54 | カテゴリー: 首里教室イベント講師日記国語のハナシ

2019.6.12

始まるよ~(ノ*>∀<)ノ

こんにちは
沖ゼミ首里校から与那原です
6月なのに気温が気温が思いのほか低かった
体調を崩したりしていませんか?
今はアプリで翌日の予報が簡単に見れるので
寝る前に確認して
就寝時の服装など気をつけましょう
さて昨日の沖ゼミ首里校では
第2回目の「帰れま10」を実施しました
かえれま10
第1回目よりも人数が増え
盛り上がりました~
質問も増えて楽しかったです
生徒からは
計算力マジであがりそうヽ(*´∀`)ノ
あ~ここが苦手だからこの分野苦手だったんだ~φ(゚Д゚ )フムフム…
などなど
私の意図したことが確実に伝わっています
講師冥利に尽きますね~
評判が良いので
どうにかレギュラーメニュー化したいです
※夏期講習スタートまでの期間限定です
※今しか受けれないかも
そして
沖ゼミ首里校では今週末から
琉大合格日曜講座
が始まります
詳しくは下の画像をタップしてください
nitiyoukouza
受験生も目に見えて気合が入っているのが分かります
我々も気合が入りますね
では

本日も頑張っていきましょ
沖ゼミ首里校
TEL:098-884-3141

13:22 | カテゴリー: 首里教室イベント講師日記国語のハナシ数学のハナシ

2018.6.18

歌の良さ

お久しぶりね、あなたに会うなんて、あれから何か月たったのかしら~♪

那覇本校から畠山である。

 

さて、今日はのお話。

空梅雨である今年ですが雨もちらほら降っております。

雨が好きな人もきらいな人もいるでしょうが、

むかしから雨をテーマにした曲はたくさんあります。

僕は陰キャなので雨が降っていてもあまり関係がありませんが(笑)、

部屋が暗くなるのでなんとなく明るい曲を聴きたくなります。

この前偶然ラジオで耳にしたCARPENTERSの「Rainy Days and Mondays」という曲。

以前から好きでしたがなぜか雨の日に聞いたことがありませんでした。

雨の日の車の中でこの曲を聴くとなんかとても雰囲気があり

いつもと違うカレン・カーペンターさんの歌声を聞けました。

やはり名曲はそのシチュエーションに合わせて聞くと最高だと気付きました。

 

そうなんです。

「歌はそのシチュエーションと合わせて聞くといいのです!」

というわけで「歌物語」という古典の作品群を読むのなら(『伊勢物語』『大和物語』『平中物語』)

そのシチュエーションを確認して読むようにしてみましょう!味わい深くなりますよ~(>_<)

(やっぱり勉強の話なんかーい)

 

14:29 | カテゴリー: 那覇本校国語のハナシ

2017.10.12

桃青忌

こんにちは、中等部那覇教室から前里です。

本日・10月12日は、『おくのほそ道』で有名な俳人・松尾芭蕉の命日で、「桃青忌」「時雨忌」「翁忌」と呼ばれています。厳密に言うと、芭蕉が没した当時は旧暦を使用していたので、現在の日にちと若干のずれはありますが・・・。

芭蕉の忌日が桃青忌と呼ばれるのは、「芭蕉」の名を使う前に「桃青」という俳号を使用していたからだそうです。ちなみに、「芭蕉」というのは俳号で、本名は「松尾忠右衛門宗房」といいます。また、時雨忌と呼ばれるのは、「時雨」を句材として好んで使っていたからだそうです。

 

元禄7年4月に推敲を重ねに重ねて『おくのほそ道』を完成させた芭蕉は、その年の9月に大阪へと旅立ちます。その目的は、不仲になった二人の弟子の間を取り持つことでしたが、芭蕉の説得を受け入れることなく弟子の一人が失踪してしまい、この心労のためか体調を崩し、一月後には逗留先の大阪で息を引き取りました。

病床の中で詠んだ句が、「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」です。これが芭蕉の詠んだ最後の俳諧ですが、最後の最後まで芭蕉は推敲を繰り返していたようです。

 

松尾芭蕉の遺骸は、遺言に従って、滋賀県にある義仲寺の木曾義仲の墓の隣に葬られています。滋賀県に行く際はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

18:29 | カテゴリー: 中等部・小学部国語のハナシ

2017.8.31

答え:「おおつごもり」

こんにちは、中等部那覇教室の前里です。

忙しさにかまけて久しぶりの更新となってしまいましたが、いかがお過ごしでしたでしょうか?

 

8月も早いもので今日が最終日!!

公立中学校の生徒たちのほとんどは、夏休み明けすぐの期末テストの洗礼を受けている真っ最中です。夏休みの宿題と平衡してテスト勉強をしていた人も多かったので、結果の報告を楽しみに待ちたいと思います。

 

さて、ここで月末に関する知識を1つ・・・

月末は古文中では「晦日(つごもり)」という言葉で表現されます。

これはかつて使用されていた太陰暦(月の満ち欠けによって1ヶ月の周期を表す)で、月が隠れて見えなくなる頃が月末にあたることから「月隠り(つきごもり)」の音が変化した形だと言われています。 「みそか」とも呼びます。

 

これをふまえて考えると、現在年末(12月31日)のことを「おおみそか」と呼ぶということは・・・古文では年末のことをどう呼ぶか、もうおわかりですよね。

 

 

 

 

21:22 | カテゴリー: 中等部・小学部国語のハナシ

2017.8.21

「無駄」のすすめ

「無駄遣い」「無駄話」など無駄には何かとマイナスなイメージがあり、

「無駄なく行動する」などが求められる昨今。

 

本当に無駄っていらないのですか?

授業中に僕は「雑談(無駄話)」をいれます。入れすぎることも多々ありますが・・・(汗)

まぁ、それはいいとして、雑談には状況を緩和する効果があります。

 

ここに初対面の二人がいます。互いに緊張しているうえに話をしたことがないとき、

彼らが話すとしたらおそらく「核心」をついた話ではなくおそらく「無駄話」です。

その場においては必要でもない内容(天気・その人の出身地・ひとがらなど)でしょう。

話の内容よりも言葉を交わすことに意味があるのです。ですから話の内容は「雑」で「無駄」でいいのです。

もし互いに「核心」をついた話しかできないとしたら・・・。想像してみてください。

 

「自分が今欲しい情報だけがあればいい」とすると、とても狭い知見しか得られません。

様々なことに興味を持ち、それが将来使えるかどうかだけではなく、何か役立つことがあるかも・・・

くらいの感じで付き合えるようになってもらいたいものです。

今みなさんにマネジメントの話をしても「無駄」でしょう。でも、社会人になってみたらどうでしょう?

 

その時だけを見て「無駄」と考えるのではなく、将来「どっかで何かの役に立つかも」という姿勢で

情報と向き合ってみませんか?その方が豊かな感性と多様な視点を得られます。

 

14:21 | カテゴリー: 那覇本校講師日記国語のハナシ

2017.7.11

― 夏期講習でやること ―

夏期講習が近づいてきました。夏期講習でやることについてお話しましょう。

 

夏期講習の前に

前期講習(学校では1学期)の振り返りをしましょう。

受験対策への取り組み方は、どうだったでしょうか?

 

たとえば、・・・計画を立てて、受験対策を進めたか?

毎日学習したか? やる気はあったか?

英数国の基礎知識は確認できたか?覚えたか?   ・・・など

 

もし、うまくいかないことや困ったことがあれば、教科担当講師やアドバイザーに相談してみるのもよいでしょう。

 

 

夏期講習でやること(1)

 

 《 英数国の基礎知識の確認

 

英数国の基礎知識はかなり数が多く、理解して覚えるのに時間がかかるものです。

夏期講習のうちに、何度も見返して覚えましょう。

 

 

夏期講習でやること(2)

 

 《 入試問題を見る

 

自分が受ける試験の過去問題を見ておきましょう。

基礎知識がある程度分かった状態で、センター試験や国公立二次試験や私大の入試問題を見れば、

今の実力と入試レベルの“ギャップ”が分かります。

入試問題と自分の実力との差を測って、後期講習(9月以降)でその差を埋めるように対策していきましょう。

 

 

 

高3生などで受験対策をはじめて間がなく、基礎知識の学習が十分でないと思う人は、まず(1)の《 英数国の基礎知識の確認 》を進めましょう。

 

 

また、夏期には、大学のオープンキャンパスが多く開かれます。志望校のオープンキャンパスに出かると、やる気がアップするかもしれませんよ!

 

オープンキャンパスで大学の先生と会って、よい話が聞けるといいですね。

 

 

最後に、暑い時期ですから、体調をよく保つようにしましょう。

睡眠、食事に気をつけるようにしたいですね。

 

 

☆レアな人へのアドバイス

前期講習でもうこれ以上できないというほど頑張った人は、ちょっと休息することもありです。

心や体がとても疲れたら、無理せず一休みです。

 

国語科 大石

18:00 | カテゴリー: 沖縄本校・普天間校国語のハナシ

1 2 3 4
各種申込
資料請求
体験授業
お問合せ

Page Top