Home > 合格実績&サクセスボイス

合格実績&サクセスボイス

高等部合格実績

2019年度合格者一覧

県外国公立大学

合格大学・学部生徒名(高校名)
東京大学
理科一類具志堅 英雄(ラ・サール)
京都大学
慶田 開(昭薬)
大阪大学
基礎工屋良 朝之(昭薬)
基礎工玉榮 友雅(具志川)
国際教養大学
国際教養山城 椋雅(那覇国)
弘前大学
理工福田 公博(昭薬)
横浜国立大学
経済玉那覇 慧志(那覇国)
理工久積 翔(昭薬)
千葉大学
石原 佑真(球陽)
上原 佳祐(昭薬)
北海道大学
医・医株木 黎(昭薬)
総合入試文系瑞慶山 拓希(開邦)
広島大学
医・医島尻 向平(昭薬)
医・保健新垣 凛(沖尚)
下地 拡(昭薬)
仲井真 充輝(那覇)
経済宇根 壮一朗(開邦)
教育金城 美紀(開邦)
佐久田 太郎(那覇)
総合科仲村 和歌乃(昭薬)
神戸大学
医・医石原 圭修(昭薬)
医・医小橋川 薫(昭薬)
経営名嘉村 美言(球陽)
筑波大学
生命環境学群仲尾次 晴空(那覇国)
社会国際学群甲斐 ひかり(球陽)
東京外国語大学
国際日本山城 椋雅(那覇国)
東京工業大学
山城 魁里(普天間)
赤嶺 侑飛(開邦)
北海道教育大学
教育髙良 豪(那覇)
山形大学
伊計 彩花(那覇国)
東京学芸大学
教育崎濱 果暖(球陽)
電気通信大学
情報工新垣 竜世(北谷)
茨城大学
教育八幡 綺竜(那覇)
中本 歩(普天間)
群馬大学
医学群島 花暖(球陽)
埼玉大学
吉田 誠(昭薬)
富山大学
柴田 尚槙(那覇)
金沢大学
医薬保健学域大嶺 一葉(球陽)
静岡大学
金城 敬太(球陽)
情報翁長 駿光(那覇国)
地域創生学群仲原 凪歩(普天間)
鳥取大学
山内 靖葉(球陽)
島根大学
生物資源科外間 栄美(沖縄カトリック)
岡山大学
医・医喜舎場 朝基(UWC英国校)
医・保健新垣 凛(沖尚)
教育波平 千慧(昭薬)
山口大学
経済梶野 脩(読谷)
小濱 千明(沖尚)
国際総合科久田 陽希(首里)
香川大学
金城 蓮(那覇)
九州工業大学
情報工城間 亮(開邦)
福岡教育大学
教育眞榮城 武(首里)
教育宮里 花(那覇国)
教育吉野 亮(那覇)
教育新垣 佐和(首里)
長崎大学
泉 龍昇(首里)
教育伊波 優香(読谷)
多文化社会伊禮 舜(那覇国)
多文化社会伊禮門 大(開邦)
大分大学
理工原田 奈々(首里)
宮崎大学
新垣 裕都(首里)
宮城 紘果(球陽)
鹿児島大学
医・保健新垣 凛(沖尚)
法文糸村 宏國(那覇)
鹿屋体育大学
体育新垣 慶晃(那覇)
富山県立大学
岩尾 隼平(与勝)
翁長 凜(球陽)
長野大学
社会福祉我謝 すもも(普天間)
長野県立大学
具志堅 花音(沖尚)
大阪府立大学
地域保健学域照屋 菜月(開邦)
兵庫県立大学
看護外間 璃子(那覇)
国際商経杉山 優月(那覇)
島根県立大学
総合政策園原 理佳子(向陽)
岡山県立大学
保健福祉N.Y(向陽)
山陽小野田市立山口東京理科大学
小谷 恭介(具志川)
香川県立保健医療大学
保健医療香村 卓(普天間)
北九州市立大学
田仲 美咲(那覇)
外国語大城 青空(普天間)
長崎県立大学
経営宮城 竜斗(普天間)
熊本県立大学
環境共生佐久川 佳乃(昭薬)
宮崎公立大学
人文宮平 一輝(那覇)
防衛医科大学校
具志堅 龍生(開邦)
仲村 理栄(昭薬)
水産大学校
金城 勇気(興南)
他多数
東京大学 理科一類
具志堅英雄(ラ・サール高校)

私は自習を中心に受験勉強をすすめていたのですが、沖ゼミの各科目の先生方が親身に授業で指導して下さったお陰で、平坦な道のりにアクセントができ、一年間飽きずにやり抜くことができました。また、困ったことがあれば担当のアドバイザーに相談して解決を図ることができたため、精神的にとても楽になりました。私が受験生活で意識したのは、勉強を通して「賢くなる」といことです。学問と生活を切り離さず、数学で論理を学び、英語で文化を感じ、国語で感性を養い、理科や社会で世界に目を向ける、といった具合です。主体的に疑問を持ち続けることで様々なことが有機的につながり、学力はもちろんのこと。人間としても成長することができたと思います。後輩の皆さんに伝えたいことは、限界まで努力するということです。私はこの一年間、人生で最も勉強に集中し努力しました。その結果、面白いことに東京大学への執着は薄まっていき、自分はどこの大学へ行ってもやれるという自信がつきました。受験生活では確かに厳しく辛いものではありますが。一生懸命に取り組めば必ずや良い経験になると思います。
 私が東京大学を志望した理由のひとつに。学部選択までの猶予があるということがあります。私は具体的な将来の目標が定まっていないので、大学に入ってから様々な分野を覗いて進路を決めようと思っています。私と同じような境遇の後輩も多いと思いますので、このような魅力のある東京大学も、進学先の候補に入れてみてはどうでしょうか。
 受験生活を支えてくれた家族、沖ゼミの先生方、アドバイザー、友達、母校の先生方に心から感謝しています。本当にありがとうございました。

北海道大学 総合入試文系
瑞慶山拓希(開邦高校)

沖ゼミには浪人してから入りましたが、入ってよかったと思います。開校の時間も他の予備校よりも早く、個人の自習場所も設けてくれているので、浪人生としてはとても助かりました。浪人生に優しい塾だと思います。
今から浪人するという人は、自分で生活リズムを調整することが重要なことだと覚えておいてほしいです。正直な話、勉強する云々よりもまず、朝何時に起きて、何時に塾に行き、何時に帰るのかというリズムを大事にすべきです。現役時代には高校が生活の中心になっていたと思いますが、それがない浪人生活では、100パーセント自分の生活は自分次第になります。たまには全く勉強しないで遊ぶ日を設けるのもいいと思います。
浪人して私が一番強く感じたことは、現役時代に大学に合格しておいてよかったということです。絶対に浪人しようと考えている人でも、志望校からレベルが落ちるとしても、現役時代にとりあえず大学に合格できていた、という事実は浪人中の大きな精神的支えになると思います。
大学の二次試験勉強に関しては、まず覚えることが重要です。センター試験のレベルでは、英単語なんか勉強していなくても、ある程度日本語ができれば点数はとれますが、二次は全く違います。私は二次の科目は国語・英語・日本史でしたが、やはりセンター試験の勉強では全く間に合いませんでした。国語・英語・日本史ともに、単語は覚えていて当たり前、そこからどのように自分なりの解答を出すかということがあり、毎日毎日書くことが大事だと感じました。特に日本史の論述は、書く練習をしていないと全く歯が立ちません。はじめは答えを見てもいいので、こういう問われ方をしたらこう答えると綺麗な解答になるという感覚を身につけてください。日本史を勉強する上でよく聞くのが、教科書を繰り返し読むことですが、実際これが最適解なのではないかと思います。

大阪大学 基礎工学部 電子物理科学科
屋良朝之(昭和薬科高校)

私は一浪したので、現役生に言える事は一つだけです。浪人はするな。今年一年浪人して分かった事は、浪人は地獄の三丁目です。本当に辛いです。しない様に頑張って下さい。
 次に浪人が決まった人へ。現役の時の失敗の原因を分析して、隙のない一年間を過ごして下さい。私の場合、理科はある程度出来ていたので、数学と英語を中心に勉強しました。数学は、去年、後期試験が終わって沖縄に帰ってきてからすぐに取り組みました。現役の頃は、ただ数をこなしているだけでしたが、今年はその本質を掴むことに重点を置きつつ、授業、演習も真面目に受けました。授業の復習はオススメです。加納先生の授業は、受験数学の本質が詰まっています。一対一対応と同時に行うとより効果的です。東大志望の人と一緒に毎月解いた学コンも非常に役に立ちました。他の人がどういうアプローチをとるのか知ることができ、磨けば自分の武器にすることができます。是非、取り組んでみて下さい。英語に関しては、知識不足が弱点だったので、高一レベルの単語、熟語、文法からもう一度取り組み、阪大でどうにか戦えるレベルに仕上げました。英作文も添削してくれたトレン先生、センターと長文を担当してくれた岩崎先生には感謝しています。
 一年間ちゃんと自分が必要だと思った授業に出続け、復習にその倍の時間をかけ真面目に取り組んだおかげで、現役の頃落ちた大学だけでなく、早稲田大学にも合格することができました。浪人は悔しさをバネにどれだけ頑張れるかが勝負です。成績が伸びたら、悔しさだけでなく、自信も原動力となります。悔しさを忘れないうちに行動に移して下さい。

筑波大学 社会・国際学群 国際総合学類
甲斐ひかり(球陽高校)

◯沖ゼミに入った理由
 自分が行きたい大学に行くには自分1人の力だけでは情報量的にも学力的にも足りないと思って塾に入ろうと思った。
学校前で配られたチラシとかをみて、夏期講習を受けた。授業や自習する環境が整っていて良いと感じたので、部活引退後に入塾した。
◯なぜ合格できたか
 私は英語が得意科目だったので、その強みを活かせる試験内容だったことが一番だと思う。また、時事問題に関する本や新聞を読んで知識を蓄えていたので、試験内容が理解しやすかったという点もある。面接では、自分を客観的に見て、英語でも日本語でも的確にアピールできたからだと思う。
◯沖ゼミをどう活用してきたか
 授業を受けたり、自習をするだけではなく、アドバイザーの方と何度も進路について話ができたのがよかった。学校の先生以外から受験のアドバイスをもらえる機会は少ないので、積極的に活用して自分の進路の理解を深めるべき!
◯沖ゼミでどのように勉強してきたか
 沖ゼミに入ってから復習の大切さが改めて分かった。今まで復習はあまりしていなかったけど、やうようになってからは自分のできていない部分や理解が浅い部分の傾向がわかるようになった。復習後、苦手分野の勉強をしていた。参考書を1ページ目からやり通すよりも、飽きることはないし、効率的に得点アップが狙えると思う。
◯メッセージ
 私は学校の先生から推薦を出すのを大反対されていて、自分で悩んでいた時に津堅さんに相談して、自分の意思を再確認できて、推薦を出しました。ただただ評定平均がいいからだそうという気持ちでは受かってなかったと思います。どうしてもこの大学に行きたいという強い気持ちあれば、推薦対策も頑張れるし、落ちても後悔することは少ないと思います。推薦入試は楽ではないし、リスクも伴うけれど、是非チャレンジすべきだと思います。

静岡大学 情報学部 行動情報学科
翁長駿光(那覇国際高校)

1年間沖ゼミに通ってなんとか合格することが出来ました。授業は面白く、先生やアドバイザーは質問を熱心に考えてくれて、辛い時も頑張ることができました。わからない所は、先生に教えてもらい、分かるまで繰り返して勉強しました。だんだん、できることが増えていったのが、楽しく、自信にもつながったと思います。たくさん応援をもらえて本当に良かったです。
 これから受験に挑む皆さん、あきらめずに頑張ってください。

岡山大学 医学部 保健学科
新垣凜(沖縄尚学高校)

私は、高校3年の11月中旬まで、IB(国際バカロレア教育)の勉強をしていました。そのため、大学受験は、国際バカロレア入試という方式で受験して(特別に併願受験が可能だったため)国立大学3校(岡山・広島・鹿児島)に合格することができました。入試では、面接も評価基準の1つとして含まれていて、塾ではアドバイザーに何度も何度も面接練習をしてもらいました。面接は、何回も練習する機会をつくり、積極的に”話す”ことで上達していくと思います。私たち受験生は、普段机に向かっての勉強が多いため、知らず知らずのうちに言葉数が減っていきます。そのためにも、面接練習をして”話す”ことに慣れることが大切です。私はそのおかげで、本番当日緊張したなかでも、予想外な質問にも落ち着いて答えることができました。私の時間に合わせて沢山面接練習の時間を組んで下さり、ありがとうございました。11月中旬のIB試験が終わってからは、すぐに授業に参加して、センター試験の勉強に取りかかりました。センターについては何もわからない状況でしたが、授業で何度も演習を繰り返しやっていたので、それを丁寧に復習したことが私の成績上昇につながったと思います。復習すればするほど自分ができないところがわかってきました。また、時間もなかったので、どの教科をできるだけ向上させきれるかどうか考え、うまくバランスのとれた時間の使い方を心がけました。時間が足りない状況はどの受験生もみんな共通していることだと思います。だから、使える時間をどれだけ有効的に活用できるかが重要なので、当たり前の事ではありますが、睡眠と食事はしっかり健康的にとるようにしていました。生活習慣を整えることって意外にも難しいことなので、意識するだけで自分自身のモチベーションにもつながってきました。でも1番は、受験期間中、家族に沢山サポートしてもらったり、アドバイザーや先生方に指導してもらった事、一緒に頑張る友達がいたことが、私のモチベーションとなっていました。本当に有難う御座いました。



医・歯・薬・獣医学部

合格大学・学部生徒名(高校名)
北海道大学
医・医株木 黎(昭薬)
広島大学
医・医島尻 向平(昭薬)
下地 拡(昭薬)
神戸大学
医・医石原 圭修(昭薬)
医・医小橋川 薫(昭薬)
琉球大学
医・医島崎 雅史(コザ)
医・医稲嶺 明香利(沖尚)
医・医翁長 大誠(昭薬)
医・医四海 美羽(昭薬)
医・医伊良波 梨奈(開邦)
医・医Y.M(昭薬)
医・医渡久地 ジュリ亜(球陽)
医・医仲村 理栄(昭薬)
医・医上原 和子(昭薬)
医・医岸本 恵拓(沖尚)
医・医佐喜眞 夢馨(球陽)
医・医内間 庸一朗(昭薬)
医・医金城 澪(昭薬)
岡山大学
医・医喜舎場 朝基(UWC英国校)
長崎大学
泉 龍昇(首里)
山陽小野田市立山口東京理科大学
小谷 恭介(具志川)
防衛医科大学校
具志堅 龍生(開邦)
仲村 理栄(昭薬)
日本医科大学
医・医石原 圭修(昭薬)
東京慈恵会医科大学
医・医石原 圭修(昭薬)
昭和大学
医・医石原 圭修(昭薬)
医・医小橋川 薫(昭薬)
国際医療福祉大学
医・医石原 圭修(昭薬)
医・医内間 庸一朗(昭薬)
仲嶺 磨耶(普天間)
杏林大学
医・医仲村 理栄(昭薬)
東京理科大学
屋良 朝之(昭薬)
神奈川歯科大学
大城 雄太郎(弘学館)
鶴見大学
大城 雄太郎(弘学館)
立命館大学
岸本 恵拓(沖尚)
兵庫医療大学
知念 花(興南)
第一薬科大学
玉城 あみか(那覇)
長崎国際大学
本村 桃太郎(コザ)
小谷 恭介(具志川)
九州保健福祉大学
本村 桃太郎(コザ)
他多数
北海道大学 医学部 医学科
株木黎(昭和薬科高校)

 僕が通塾して感じたことは、沖ゼミには、素晴らしい学習環境があるということです。自習室では、他の生徒達が一生懸命勉強しているため、疲れてしまったときも「頑張らなきゃ」と感じます。先生方は、授業以外でも自分のレベルに合わせて個別を見て下さいますし、アドバイザーの方は、受験について様々な助言をして下さったり、面接の練習までして下さいました。この受験勉強に最適な環境があったからこそ、合格できたのだと思います。
 勉強方法は、ひたすら勉強することです。勉強方法や参考書の使い方ばかりに気をとられてしまうと、なかなか実際に勉強を始められなかったりします。勉強法などは、自分にあったやり方を先生方と相談するなどして、早々と決めて、後はひたすら勉強をするべきだと思います。
 僕が受験勉強で最も大切だと感じたことは、モチベーションの維持だと思います。受験勉強も中盤になると、少しダラけてしまったりすることもありますが、そんな時こそ、塾の自習室に来て、一生懸命頑張っている仲間とともに勉強すると良いと思います。また、僕の場合は、後半になってくると、どんどん自信がなくなってきて、志望校を下げようかと迷ったりすることもありました。そんな時でも、先生方が励ましてくれたおかげで、なんとか第一志望校に合格することができました。
 最後に、これから受験に臨む方々に向けて、僕の受験に対する考えを書きます。受験勉強は決して楽なものではなく、辛い時も多々あると思います。しかし、勉強というものは、自分が努力した分、必ず返ってくるものだと僕は信じています。なので、皆さんも苦しい時は、仲間と励ましあったりして、決して逃げだすことなく、合格をつかみとって下さい。

神戸大学 医学部 医学科
小橋川薫(昭和薬科高校)

 私は一年間の浪人生活を通して、妥協しないことが大切だと痛感しました。沖ゼミの授業は、自分の知識のヌケ・モレを毎回発見させてくれて、そのたびに教科書や参考書などを読み直し、着実に基礎を固めることができました。自分では理解できたと思っていても、どこかに穴はないか、という意識を保つことができた、という点では沖ゼミの授業がとても有効だったと思います。また、アドバイザーさんは、とても生徒のことを気にかけてくれて、見るたびに声をかけられたり、また、面接対策もしてくれたので、とても頼りになりました。勉強方法やその他のことで気になることがあれば、何でも相談した方が良いと思います。そして、苦手科目からは絶対に逃げない方が良いと思います。現役の時に、私は苦手科目に対する意識が甘く、それが不合格の大きな要因になったと思います。浪人生活では、苦手科目を作らない、という意識でコツコツと妥協することなく勉強し続けました。そのおかげで、センター試験、二次試験共に、落ち着いて取り組むことができました。やはり、妥協せずに毎日努力することが大切です。合格した今となっては、浪人した甲斐があったと思います。沖ゼミの先生方は、すばらしい先生方ばかりです。先生方は、生徒のことを絶対に応援してくれているので、先生方を信じて必死で食らいついて下さい。そして、どんな大学を受けるにしても基礎を徹底的に固めて、理想の将来をイメージして努力し続けて下さい。皆さんの第一志望合格を願っています。

琉球大学 医学部 医学科
島崎雅史(那覇高校)

私が沖ゼミに入った理由は、高校の友達が沖ゼミに入っており、沖ゼミの話を聞いて自分もここで頑張りたいと思い入塾しました。
入塾が7月だったのですぐに受験勉強に本腰を入れて取り組みました。もともと国語がある程度とれていたので、点数に伸びしろのある英語と苦手な数学ⅡBに力を入れていました。また、社会は早めに終わらせと言われていたので、夏休み中盤から毎日少しずつやっていました。夏休みは毎日13時間、学校の日は平日5時間、休日は毎日13時間勉強していました。理系科目と文系科目を交互に勉強し頭が疲れないようにしていました。また、理科の2科目が全然点数が取れなかったので基礎から取り組み一つ一つしっかり理解するように勉強していました。沖ゼミの授業はとても内容が濃いので、先生が言ったことはしっかり理解するように頑張りました。このとき予習と復習の大切さに気付きました。予習で授業の内容理解を早め、復習で理解をさらに深めていけばしっかりとした点数がとれていくと思います。
沖ゼミでの推薦対策は先生やアドバイザーがしっかり対策してくれるので、言われたことをしっかりこなしていけば大丈夫だと思います。特に自分の学校には過去問がなかったので、学校で対策が難しい部分を沖ゼミで活用していくことが大切だと思います。
私は7月から点数が伸びることも落ちることもなく、点数が伸びないことに焦りを感じていましたが、本番まで点数が伸びるという言葉を信じて最後まで頑張り、最後の模試から80点伸ばすことができました。次の受験生である皆さんも最後まで諦めず、『自分を信じて』頑張ることが合格へとつながっていけると思います。
皆さんが第一志望の大学、やりたいことや将来の夢への第1歩を踏み出すことができることを祈っています。

琉球大学 医学部 医学科
稲嶺明香利(沖縄尚学高校)

私が沖ゼミに入塾したのは、一人で勉強するだけではなく、同じ夢や目標を持った人と切磋琢磨して勉強がしたいと思ったからでした。沖ゼミには、自分の志望する大学に合わせたクラスや授業が設定されているので、そのことが勉強に対するモチベーションの維持にもつながったと感じています。
 また、先生方は、授業を通して生徒に教えるだけではなくて、授業以外の時間の質問対応や添削指導、個別指導、面談などあらゆる面で合格までのサポートをしてくれました。特に、個別で対応してくれたことで英語の小論文、日本語の小論文の両方ともしっかり対策出来たことは大きな自信につながりました。
 私は、最初は遠慮してしまっていた部分もありましたが、自分から積極的に質問やお願いをして先生たちやアドバイザーに頼れたことが合格にもつながったと思っています。
 沖ゼミで関わることが出来た全ての人に感謝したいです。これからも、自分の目指す医師像に近づけるよう、日々感謝を忘れず頑張ります。ありがとうございました。



琉球大学

合格学部・学科生徒名(高校名)
医学部
島崎 雅史(コザ)
稲嶺 明香利(沖尚)
翁長 大誠(昭薬)
四海 美羽(昭薬)
伊良波 梨奈(開邦)
Y.M(昭薬)
渡久地 ジュリ亜(球陽)
仲村 理栄(昭薬)
上原 和子(昭薬)
岸本 恵拓(沖尚)
佐喜眞 夢馨(球陽)
内間 庸一朗(昭薬)
金城 澪(昭薬)
保健伊波 あかり(普天間)
保健仲里 優希(普天間)
保健比嘉 未来熙(読谷)
保健伊波 大哉(普天間)
保健宮城 もも(読谷)
教育学部
山城 祐喜(具志川)
眞壁 姫乃(具志川)
学校教育教員養成課程安里 琉(那覇)
学校教育教員養成課程金城 紅杏(普天間)
学校教育教員養成課程外間 星(普天間)
学校教育教員養成課程比嘉 あかね(コザ)
学校教育教員養成課程平安 恭(普天間)
学校教育教員養成課程・小学校教育島袋 真緒(向陽)
学校教育教員養成課程・小学校教育與那嶺 駿介(普天間)
学校教育教員養成課程・小学校教育上江洲 美優(コザ)
学校教育教員養成課程・小学校教育高松 日向(豊見城)
学校教育教員養成課程・小学校教育久保田 美咲(那覇国)
学校教育教員養成課程・小学校教育仲西 裕太(首里東)
学校教育教員養成課程・小学校教育久高 宙大(コザ)
学校教育教員養成課程・小学校教育金城 幸香(球陽)
学校教育教員養成課程・中学校教育仲村 祐真(興南)
理学部
海洋自然科学楳田 航紀(首里)
海洋自然科学小橋川 凜(球陽)
海洋自然科学・生物系大嶺 千智(与勝)
数理科学嘉手苅 圭吾(那覇)
数理科学喜屋武 秀磨(那覇国)
数理科学宮城 優月(向陽)
数理科学仲里 公希(知念)
数理科学當山 志依称(読谷)
数理科学慶田 万里奈(普天間)
物質地球八木 樹(球陽)
物質地球川田 琉晴(那覇国)
物質地球幸地 佑(知念)
物質地球新城 優音(首里)
物質地球中村 哲平(美里)
工学部
宮城 幸平(読谷)
K.T(G高校)
仲村渠 駿(読谷)
兼久 涼斗(読谷)
知念 大翔(コザ)
仲村渠 健介(普天間)
照谷 理久(読谷)
大城 洋貴(浦添)
新城 百華(普天間)
照屋 寛隼(普天間)
上地 真綾(普天間)
金城 蒼(美里)
大城 朝之介(読谷)
伊波 亮(読谷)
機械工川畑 拓夢(那覇)
農学部
亜熱帯生物資源科学幸地 空(那覇国)
亜熱帯生物資源科学知花 理久(読谷)
亜熱帯生物資源科学旭 朝生(首里)
亜熱帯生物資源科学伊集 日向人(読谷)
亜熱帯生物資源科学・健康栄養科学新田 宗生(球陽)
亜熱帯地域農謝名堂 響(北谷)
亜熱帯地域農山崎 澪二(コザ)
亜熱帯農林環境科学仲村 昌一郎(読谷)
亜熱帯農林環境科学座間味 龍成(普天間)
亜熱帯農林環境科学福里 明也(向陽)
地域農業工町田 璃美乃(コザ)
地域農業工森松 光梨(那覇)
国際地域創造学部
国際地域創造安座間 郁人(具志川)
国際地域創造後小橋川 梨帆(コザ)
国際地域創造上原 大貴(知念)
国際地域創造喜舎場 大智(知念)
国際地域創造謝花 桃子(那覇国)
国際地域創造普久原 秀斗(普天間)
国際地域創造仲程 祐輝(小禄)
国際地域創造山入端 力也(球陽)
国際地域創造高良 予野(那覇西)
国際地域創造中村 みく(那覇国)
国際地域創造島袋 礼生(普天間)
国際地域創造大城 昂大(那覇)
国際地域創造仲村 空海(興南)
国際地域創造高良 未来(球陽)
国際地域創造入江 美帆(普天間)
国際地域創造山入端 里紗(普天間)
国際地域創造石川 哲也(首里)
国際地域創造城間 大知(那覇)
国際地域創造漢那 宗一郎(那覇)
国際地域創造請藏 朱音(普天間)
国際地域創造新城 諒也(普天間)
国際地域創造照屋 日奈子(那覇国)
国際地域創造新垣 黎(首里東)
国際地域創造池田 竜也(具志川)
国際地域創造玉那覇 彩香(首里)
国際地域創造金城 百香(普天間)
国際地域創造大城 かなえ(開邦)
国際地域創造安座間 美緒(与勝)
国際地域創造上里 愛莉(普天間)
国際地域創造(夜間)山城 快(具志川)
人文社会学部
国際法政金城 涼太(那覇)
国際法政當眞 百合子(知念)
国際法政森 凜(那覇)
人間社会片野坂 奈美(読谷)
人間社会喜屋武 柊也(那覇)
人間社会天久 勝斗(那覇)
人間社会東江 将也(首里)
人間社会半田 樹音(首里東)
人間社会又吉 夏奈(普天間)
人間社会柴引 咲良(球陽)
人間社会宮城 琉華(球陽)
人間社会山田 辰巳(読谷)
琉球アジア文化杉岡 央翔(コザ)
琉球アジア文化上地 陽輪(普天間)
琉球アジア文化新里 真央(那覇国)
他多数
琉球大学 医学部 保健学科
伊波あかり(普天間)

私は、高3の4月に友人や先輩の勧めで沖ゼミに入りました。
部活動をしていた分、周りの人より勉強時間が少なかったり、受験勉強に取りかかるのが遅かったこともあり、不安や焦りもたくさんありましたが、アドバイザーからの「焦らずにやるべきことをしっかりとやる」という言葉に励まされ、自分の苦手の克服や、配点の高い国語と英語を重点的に勉強しました。また、NEXUSを使って、行けなかった授業や分からない部分の授業を見て、抜け穴がないようしっかり復習復習しました。これは私が部活との両立を達成することができたポイントです!
その結果、夏休み前の模試ではDやE判定でしたが、夏休みでB判定まで上がり、センター試験では、最後の模試から140点も高い自己採点の点数を取ることができました。
沖ゼミでは一緒に勉強する仲間や、信頼できる先生やアドバイザーがたくさんいます。だから、つらいことがあっても乗り越えることができたと思います。部活と勉強の両立も不可能じゃないです。後輩のみなさん、”絶対合格する”という強い気持ちをもって、ぜひ最後まで諦めずに頑張ってください。

琉球大学 人文社会学部 国際法政学科
金城涼太(那覇高校)

僕は高3の春に入塾しました。その時は点数も300点台と非常に低い点数と合格とは明らかな差でした。そこから6月頃までは部活に行きながら塾に通いました。そして夏休みへ突入して、明けの模試で志望校はD判定とセンター目の前にもかかわらず結果はよくありませんでした。今振り返ると自分はなかなか思うようにいきませんでした。でも本番で一番の点数をたたき出せたのは授業へ出続けたからなのかなと思いました。その日その日の授業では先生達がこれをやってとか、あれしかないとかはっきりと言ってくれました。自分はもうそれを信じてやり続けられたことが上手くつながったと思います。自分一人では絶対にできないとわかっていたので、授業は絶対に休まないと決めていたので本当に2次の最後の授業まで出て良かったです。そしてアドバイザーさんにも心の面で支えてもらいながらなんとか合格できました。本当に自分一人ではできませんでした。本当にありがとうございました。でもここで満足せず、これ以上に勉強していきたいと思います。沖ゼミで勉強できて良かったです。ありがとうございました。

琉球大学 人文社会学部 人間社会学科
又吉夏奈(普天間高校)

沖ゼミに入ったきっかけは、兄と姉が二人とも沖ゼミに入って合格していたからです。受験勉強を始めると決めた際に高2から始めたストリートダンスを一旦やめようと考えていましたが、結局9月の終わりごろまで月に1,2回練習やイベントに足を向けるようになっていました。その時にNEXUSが大活躍してくれました。沖ゼミの授業はどの教科もわかりやすく復習がしやすかったです。授業を休んだ時にはNEXUSを使って復習していました。面接対策ではいろんなパターンを練習できるうえに、答え方などの相談にも乗ってくれたりして、力をつけることができました。
勉強をしていく中で、私は『12時にはベッドに入る』というルールを決めていました。睡眠時間を削ると次の日に影響が出ることや時間を伸ばしていくとキリがないことを自分の過去の経験から知っていました。どの曜日にどの教科を勉強するかはほどんど決めていませんでしたが、12時までに寝るということとこのプリントは〇日までに終わらせるというような時間や期限は自分で設けていました。また、面接練習をするうえで私が工夫していたことは、自分の面接練習を録音し、後でノートにすべて書き取るということです。練習の前に答え方をあらかじめ用意し、それを暗記し、練習を録音し、あらかじめ用意した内容が言えてるかどうか、どこで言葉に詰まったか、予期していなかった質問にどう答えたか、敬語の使い方や言い回しは誤っていないかなどを確認しました。自分の練習を何度も聞くのは少し抵抗がありましたが、面接練習の内容を忘れてしまうのはもったいないので、忘れっぽい私にとっては合うやり方だったと思っています。私のように面接重視の学科を受ける方にはお勧めです。ただし、必ず許可をもらってから録音するようにしてください。
これから受験するみなさん、頑張って下さい。運も味方につけてください!ありがとうございました。

琉球大学 国際地域創造学部 国際地域創造学科
大城昂大(那覇高校)

泉崎校は先生との距離が近い為、勉強でそこまで病むこともありませんでした。第一志望に受かることができたのも、このような精神的な支えのおかげでもあります。私は受験において一番重要なことは自分に合う勉強法の確立だと思います。私の場合、教科書の内容をノートにまとめたり、黒板に書いてある事をノートに書き写すなど、机に向かって黙々とやるというのは全く自分に合いませんでした。だから、10月頃に勉強法を変え、参考書を1ページ読んでは自分の中で内容をかみくだき、自分の言葉で声に出すという作業をひたすらやりました。そうすることで、ノートに書き写すよりも何倍ものスピードで参考書を終えることができ、かつ内容も頭に残るようになりました。4月からやっておけばと今は後悔しています。勉強をやっているのに点数がのびないと感じたら、勉強法を変えるべきです。”自分に合う”の基準は、比較的長時間できることと、自分の頭に残りやすいことです。もちろん私の勉強法はほんの一例であり、教科ごとに多少変えるべきであり自分に合う勉強法の確立は大変ではありますが、確立することができれば、勉強の楽しさに気づくことができます。志望校に受かれるようにがんばってください!応援しています!

琉球大学 国際地域創造学部 国際地域創造学科
請蔵朱音(普天間高校)

はじめ、部活の友達に誘われて体験にいきました。その後、アドバイザーの方の話を聞き、沖ゼミの整った環境で勉強を頑張りたいと思い、入塾を決意しました。もともと勉強するという習慣がほぼなかったので、最初は机に向かうことがとても苦痛でした。なので、はじめは毎日無理なく続けられる程度にノルマを決めて毎日勉強するようにしました。そうするうちに、だんだんと勉強をしようという意識と机に向かう習慣が身につきました。そして、部活を引退してから本格的に勉強に打ち込みました。夏休みには1日1日自分専用の時間割をつくり、勉強しました。上手く予定通りに進まず、焦りもありましたがコツコツ取り組むことができました。でも、夏休み中に受けた模試で思うように結果が出せず、とても落ち込みましたが辛抱強く勉強をしていきました。すると、9月の模試から徐々に点数が上がっていきました。特に、英語が伸びました。今まで塾に入る前はただ解いていたのが夏期講習を受けて解き方のコツを知り、それを鍛えてきた成果が出たとおもいます。
 沖ゼミで基礎からセンターの解法、二次対策、面接対策をしてもらい、また自習スペースなど大学に合格するのに最適な先生と環境で学ぶことができ、とても良かったです。ありがとうございました。

琉球大学 教育学部 小学校教育コース 教科教育
久高宙大(コザ高校)

私が沖ゼミに入ったきっかけは、自習室などの勉強スペースが充実していることや自宅から通える距離にあるということです。
沖ゼミでは午前中に授業が過卒生ではあるので、午前中に受けた授業の内容をその日のうちに必ず復習するということをこころがけていました。バイトをしながらやっていたので、浪人生活では時間の大切さというのを感じました。
後輩に伝えたいことは、受験では「生活リズム」と「集中力」が鍵を握ると私は考えています。しっかりと一定の時間に勉強する習慣をつけておくと、集中力もだんだん持続してきて質の良い勉強ができるとおもいます。また勉強するときはただ漠然と勉強するのではなく、具体的のちいさな目標を設定していくことがポイントだと感じました。
最後に受験は、英語・数学・メンタルで差がつくので勉強始めたての頃から、自分の将来のビジョンなどを想像しておくとモチベーションがあがるとおもいます。

琉球大学 教育学部 中学校教育コース 社会科
安里琉(那覇高校)

大学受験に対して勉強の仕方が全くわからなかった自分が、沖ゼミに入ってからやるべきことが明確になってきたので、スムーズに受験勉強に取り組むことができたと思います。振り返ってみると、入ってきた頃は模試では5割程度しか点数を取れず、第一志望の熊本大学の判定もCでした。しかし、その後の模試では成績が良くなっていき、熊本もA判定をとることができました。そしてセンター試験では自己ベストの点数を取ることもできました。これは授業に出席し続け、先生方の話をよく聞いたおかげだと思っています。先生方が授業で話す、問題を解くコツや必要な知識、勉強の取り組み方などはとても為になりました。
 また、定期的に行われる面談では、担任の先生と今後のプランなどについて相談することもでき、勉強に集中しやすく、進路の不安も無くなりました。二次試験対策で面接や小論文の指導も行ってくださったのでとても感謝しています。自分はせっかく良い点数を取ったにも関わらず琉大に進学することになったけど、自分の進路先を悩むことができたことは贅沢な体験だったと思います。そこまで成績を伸ばしてくれたことには感謝しかありません。
 アドバイザーの方々にも相談に乗ってもらったり、塾でわからないことを教えてもらったりと、とてもお世話になりました。
 様々な人に恵まれ、合格まで辿り着くことができたので、沖ゼミで勉強できてとても良かったです。
 本当にありがとうございました。

琉球大学 理学部 数理科
仲里公希(知念高校)

私は、高校3年間の生活であまり勉強してこなかったため現役で琉大に受かることができませんでした。これまで勉強してこなかったためどのように勉強したらいいのかわからなかったので友達が通っていた沖ゼミに通うことを決めました。沖ゼミの先生方の授業はとても分かりやすく、質問や相談も嫌な顔一つせず、真剣に聞いてくれてとてもよかったです。
センター試験の結果はE判定でどうしようもない結果でしたが、私の学部の2次試験の配点が600点と高いため最後まであきらめず数学と物理の2教科を1カ月のうちにもう1度基礎の確認を徹底し、授業で扱う問題はもちろん琉大の過去問6年分を何回も解いたおかげで問題形式や傾向を自分なりに掴み、どのような問題が出てもあわてずしっかり問題を解くことができました。その甲斐あってか、2次試験で逆転合格することができました。
来年の受験生に伝えたいことは私のようにセンター試験で失敗してしまったとしても最後の最後まであきらめずに努力すれば必ず合格をつかみ取ることができると思います。
将来沖ゼミの先生方のような素晴らしい先生になるように大学生活でもこれまでと変わらず勉強を続け、いつか絶対に沖ゼミの先生方よりも素晴らしい先生になります。
これまで関わった先生方やアドバイザーの方々、受付の方ありがとうございました。1年という短い期間でしたが、私にとって今まで生きてきた中で1番辛い年ではありましたが、とてもうれしい1年でもありました。これもすべて私を支えてくださった方々のおかげで自分を変えることができました。1年間ありがとうございました。

琉球大学 理学部 物質地球科学科地学系
中村哲平(美里高校)

今年、自分が合格することができたのは、自分は受験をする為に入るような高校に入っているわけではなく、受験に対する知識は全くといっていいほど無い中で、周りの真剣に受験に対して向き合ってまた友達ができ、勉強方法をさまざまな教科で教えてもらうことができ、また逆に自分の得意科目では今までは無かったような鋭い質問をされたりする中で得意科目での知識を深めて苦手科目を克服することができた。また、先生との距離も近く、質問する為の時間を設けてくれたりする先生もいて、わからないことをしっかり解決することができるようになったことも点数が伸びた理由だと思いました。後輩も頑張ってください。

琉球大学 工学部 工学科
宮城幸平(読谷高校)

工学部の推薦Ⅱを受けるに当たって、科目が数学ⅠA・ⅡB、英語、理科の3教科に力を入れて取り組みました。数学はもともと得意だったので、授業の演習や模試の復習を主にやっていました。英語は苦手科目だったので、まずは単語を覚えました。それにより、長文がある程度読めるようになってきたので次に解き方を意識して取り組みました。模試などでは分からなかった単語や文法の復習をしていました。理科の基礎科目は10月ごろから本格的に取り組み始めて、どちらも塾のテキストやプリントを使って勉強していた。生物基礎に関しては教科書なども使ってやっていました。物理は問題をとにかく多く解きました。授業の中で扱った問題やセンター形式の問題を何度も繰り返して解きました。基礎固めには学校の問題集で公式を確認しつつ、取り組んでいました。
沖ゼミではセンター形式に合わせた解き方や点数アップにつながる勉強法などを教えてくれたのでそれをまずやってみて合っているものを継続していきました。また勉強ができる環境が整っていて、朝早くから開いているので朝から長時間勉強することができました。また、眠くなったら集中できなくなるので軽く睡眠もとれるようにしていました。
これから、勉強する時間や進路について考える時間が多くなってきて、辛くて苦しくなってくると思うけど最後まで諦めずに一生懸命勉強に取り組めば、結果はついてくると思います。とにかく、第一志望に絶対合格するっていう気持ちをもって頑張って下さい。諦めなければ、必ず道は開ける!!

琉球大学 農学部 亜熱帯農林環境科
座間味龍成(普天間)

私は3年6月の模試でE判定でした。2年生の頃から沖ゼミに通っていたのにもかかわらずとてもショックでした。塾に入っていればいいと思っていた自分はバカで塾は環境を与えてくれるだけであって、それを活かすのは自分自身ということに気づきました。なので受けた授業をそのままにするのではなく、自習時間を利用してしっかり授業内容を吸収することが大切だと思います。また、センター試験の日にちは決まっているので勉強計画はしっかりと立てるべきだと思います。毎日なんとなく勉強していても効率が悪いだけであって成績も伸びないと思います。勉強していると挫折とかしたくなってしまうけど、一生懸命がんばっていれば結果はついてくるので頑張ってください。沖ゼミの先生方、今まで本当にありがとうございました。

自習時間 平日3~4時間 休日11~12時間
英語は毎日さわっていた方が良い。音読・単語。
模試の復習は徹底する。会場模試は絶対受ける。



県外私立大学

合格大学・学部生徒名(高校名)
慶應義塾大学
木下 周作(昭薬)
早稲田大学
奥濱 侑奈(昭薬)
教育新川 正之介(昭薬)
スポーツ科学岸本 恵拓(沖尚)
基幹理工屋良 朝之(昭薬)
日本医科大学
医・医石原 圭修(昭薬)
東京慈恵会医科大学
医・医石原 圭修(昭薬)
立教大学
仲尾次 晴空(那覇国)
異文化コミュニケーション金城 風子(八洲学園大学国際)
近畿大学
幸地 空(那覇国)
昭和大学
医・医石原 圭修(昭薬)
医・医小橋川 薫(昭薬)
青山学院大学
理工仲尾次 晴空(那覇国)
理工具志堅 英雄(ラ・サール)
帝京大学
教育長浜 舞(首里)
国際医療福祉大学
医・医石原 圭修(昭薬)
医・医内間 庸一朗(昭薬)
仲嶺 磨耶(普天間)
杏林大学
医・医仲村 理栄(昭薬)
埼玉工業大学
仲島 啓剛(知念)
獨協大学
経済長嶺 芽衣(具志川)
三育学院大学
看護仲宗根 愛(コザ)
秀明大学
学校教師島袋 真緒(向陽)
学校教師吉本 美咲(コザ)
学校教師平川 敦暉(コザ)
跡見学園女子大学
赤嶺 百果(那覇西)
大妻女子大学
比較文化安里 向日葵(那覇西)
国士舘大学
体育池原 琉海(普天間)
駒澤大学
グローバル・メディア・スタディーズ寺瀬 航平(那覇西)
創価大学
東風平 あかり(向陽)
中央大学
経済Y.M
福地 友吾(普天間)
佐次田 やす志(昭薬)
法文佐次田 やす志(昭薬)
知念 雄之輔(球陽)
国際情報福地 佑香(沖尚)
東京理科大学
屋良 朝之(昭薬)
経営髙江洲 健太(那覇国)
屋良 朝之(昭薬)
東洋大学
国際稲福 大伸(具志川)
明治大学
知念 雄之輔(球陽)
髙江洲 健太(那覇国)
理工具志堅 英雄(ラ・サール)
情報コミュニケーション新川 正之介(昭薬)
明治学院大学
経済牧志 佳奈(那覇西)
明星大学
教育長浜 舞(首里)
神奈川大学
経済浜川 龍人(那覇西)
神奈川歯科大学
大城 雄太郎(弘学館)
鶴見大学
大城 雄太郎(弘学館)
金沢工業大学
情報フロンティア赤嶺 伶於(那覇)
岐阜女子大学
家政藤原 萌衣(那覇国)
京都外国語大学
外国語照屋 祐斗(那覇西)
佛教大学
上地 陽輪(普天間)
立命館大学
岸本 恵拓(沖尚)
経済髙江洲 健太(那覇国)
龍谷大学
仲里 華菜(沖尚)
大阪国際大学
国際教養我如古 夏鈴(普天間)
大阪体育大学
教育上地 泰雅(那覇)
体育上地 泰雅(那覇)
関西大学
長嶺 芽衣(具志川)
桃山学院教育大学
教育喜屋武 昂汰(コザ)
関西学院大学
経済古謝 文哉(那覇)
兵庫医療大学
知念 花(興南)
岡山理科大学
T.M
美作大学
社会福祉波平 瑞稀(普天間)
広島経済大学
安座間 郁人(具志川)
広島国際大学
保健医療廣本 花菜(コザ)
安田女子大学
心理藤井 夕希(読谷)
四国大学
看護仲松 桃花(北中城)
板倉 芹夏(小禄)
徳島文理大学
保健福祉吉田 優希奈(コザ)
松山大学
経済髙澤 龍太朗(南風原)
九州産業大学
人間科学川満 彩美(普天間)
純真学園大学
医療技術儀間 絢音(向陽)
西南学院大学
経済杉山 優月(那覇)
杉山 優月(那覇)
第一薬科大学
玉城 あみか(那覇)
福岡大学
人文平敷 由奈(那覇)
人文崎原 美穂(コザ)
法文城間 大知(那覇)
田代 涼乃(那覇)
長崎国際大学
本村 桃太郎(コザ)
小谷 恭介(具志川)
九州保健福祉大学
本村 桃太郎(コザ)
生命医科外間 栄美(沖縄カトリック)
創価女子短期大学
山川 沙耶(嘉手納)
九州女子短期大学
宮城 綾音(読谷)
他多数
早稲田大学 法学部
奥浜侑奈(昭和薬科)

私は、推薦に向けて面接と小論文の対策をするために、沖ゼミに入塾しました。面接は、アドバイザーの方が何度も練習してくださったり、時事問題について一緒に考えたり、教えてくださったおかげで、思考力やその場での臨機応変な対応力が身についたと思います。また、面接練習で、鋭く難しい質問をたくさんしてもらったことで、本番はリラックスして受けることができました。小論文は、今まで全く書いたことも、教わったこともなかったので、最初は、自分でも驚くほど下手でした。しかし、松本先生が細かく丁寧に添削をしてくださり、小論文を書いていくにつれて、成長していくのを感じました。沖ゼミの先生やアドバイザーの方々が皆さん優しく親身に向き合ってくれたので、辛い時でも頑張れた気がします。とても心強かったです。
 指定校推薦のアドバイスとしては、自分にとって自信がつくような何か(私は委員長としての活動でしたが、他にも部活でのキャプテン、生徒会、英語力など…)をもっておくことです。普段の授業や定期テストを頑張るのはもちろんのことですが、自分ならではの強みを持つことが大切だと思います。高1.2年生のうちに、検定やボランティアなど様々なことに挑戦して下さい!

早稲田大学 教育学部 社会学科
新川正之介(昭和薬科)

 私が1年間の受験生活で大切だと感じたことは、過去問対策と最後まで諦めないことです。私は、4月から早稲田大学を志望していて、1年間早稲田大学の対策だけをしていました。滑り止めのつもりで受験した明治大学は結局対策なしで受けて不合格でした。結果が出た時は、明治に落ちて早稲田に受かるはずがないと絶望しましたが、1年間早稲田を目指してやってきたことを信じ、最後まで諦めずに勉強した結果、見事に早稲田大学に合格することができました。これも試験直前まで対策してくれた沖ゼミの先生達やアドバイザー、1年間支えてくれた両親のおかげだと思います。沖ゼミでの授業は、必ず受験での点数につながるものだと思います。これから沖ゼミで受験生活を送る方は、必ず授業に毎回出席して下さい。絶対に点数につながる知識を手に入れることができると思います。

中央大学 法学部
佐次田やす志(昭和薬科)

私は、現役の7月の夏頃に沖ゼミに入りました。志望校を決定したのも遅く対策不足もあって現役で合格することが出来ませんでした。浪人が決定してからは、この一年間を人生の中でも、経験して良かったと思える年にしようと思い、勉強面だけでなく、生活面や将来に対する考え方なども成長させることを念頭において過ごして来ました。勉強面で具体的に何をしてきたのかを説明すると、「今日やったことを絶対に明日も復習する」「明日やったものは3日後」「3日後やったら1週間後…」そのように、自分のやったタスク管理をパソコンも利用して行い、短期記憶を長期記憶の変えていきました。また、「知識を身に付ける」という観点を初めは重視していましたが、「問題を解く」という観点が大事だと気付き、光岡先生の私大対策はその上でとても役立ちました。担任のトレン先生には、中学時代にも指導してもらったこともあり、面談などでは勉強面ではなく、生活面も指導してもらい、時には厳しい言葉を頂いたことで自分を正しい方向へ修正することが出来ました。毎週の英作文の添削のおかげで少しずつ、記述力をつけることが出来ました。畠山先生は、漢文、古文、現代文全てを担当して頂き、国公立の授業や、先生オリジナルの英語の授業にも積極的に参加することで、豊富な演習の機会を得ることが出来ました。宮良先生の授業では、政経の知識に留まらず、社会人としてのひつような知識を身に付けることが出来ました。沖ゼミは他のどんな予備校よりも、自習環境が整っていると思います。これから受験を迎え、志望校合格を目指す皆さんには、是非一度体験して欲しいと思います。そこには、素晴らしい先生方と自習環境が存在していて、何よりも大切な皆さんの覚悟と適切な努力が伴えば、もっと望ましい結果が得られると思います。この場をお借りして、ご指導又はお世話になった沖縄受験ゼミナール那覇本校にかかわる全ての方に感謝の意を表します。ありがとうございました。

関西学院大学 経済学部
古謝文哉(那覇高校)

生徒一人一人に対して、アドバイザーがついているので、進路の相談がしやすく安心して自分の志望校に向けての勉強ができた。授業では、自分のレベルや進路に合ったものを受講することができ、より学力を伸ばすことにもつながった。さらに、部活動をしながらでも十分に間に合う時間帯に授業が設定されており、とても通いやすかった。授業を休んでしまった場合にもパソコンを使って、過去の授業を観る事ができるので、進捗状況に遅れることなく、授業に取り組むことができた。先生方は親身になって教えてくれて。また、一人一人に個性が合って、楽しく勉強に励むことができた。アドバイザーやたくさんの先生方にも支えられて、自分の行きたい大学に合格することができました。沖ゼミに入ってから、勉強面だけでなく精神面も鍛えられました。合格した時は、たくさんの人への感謝と本当にこの塾に入って良かったと感じました。この塾だからこそ、切磋琢磨して自分を成長させることが出来たと思います。将来は金融関係の仕事に就きたいと考えているので、この塾で得た知識と経験を生かして励んでいきたいと思います。本当にありがとうございました。

福岡大学 人文学部
平敷由奈(那覇高校)

沖ゼミは、自分の今の学力に合わせて授業を選択できるので、私自身とても助かりました。また、授業では、先生たちが質問を入れたりするので、一方的ではなく積極的に授業に参加することができたと思います。少しでも進路のことや自分の授業についていけないと思ったら、アドバイザーの方に相談することができるので一人で悩む時間を減らすことができたと感じています。
 塾の授業で、もう一回聞きたい、分からない所があったと思ったら、ネクサスで確認することができるので、とても活用していました。授業は受けるだけでなく、復習も大事だと聞いていたので、授業を受けたら、次の日に復習して理解を深めるようにしていました。
 推薦を受けると決めてからは、推薦の勉強に力を入れすぎて、一般の科目を疎かにしていたので、今は合格して、とてもほっとしています。なので、推薦を受ける人たちは、しっかりと一般に必要な科目も勉強しながらやってほしいと思います。志望校を早いうちに決定して、その目標に向けて勉強したら、決定していない人よりもモチベーションもとても上がると思うので、志望校は早いうちに決定していることにこしたことはないと思います。
 沖ゼミでは、自分から積極的に質問をするということや、学習の仕方をたくさん学ぶことができました。大学に入ってからも、その姿勢を保ちながら学んでいきたいと思います。



県内大学

合格大学・学部生徒名(高校名)
沖縄県立看護大学
看護東 奈利美(球陽)
看護津波 美幸(知念)
看護比嘉 みなみ(興南)
看護上江洌 瑞紀(那覇)
看護翁長 卓志(那覇西)
看護池原 寿夏(開邦)
看護謝花 真美(首里)
看護照屋 百花(北山)
看護米須 理乃(コザ)
看護林 夏鈴(開邦)
看護荻堂 日菜子(普天間)
看護當眞 愛海(球陽)
看護仲宗根 愛美(球陽)
看護嘉陽 帆夏(読谷)
沖縄県立芸術大学
美術工芸上原 夕依(那覇)
美術工芸喜久本 陽(コザ)
美術工芸刈谷 龍海(開邦)
音楽嶺井 南希(沖尚)
名桜大学
看護當銘 翔太郎(具志川)
人間健康知花 仁(コザ)
人間健康大城 由以奈(コザ)
人間健康大城 葵(小禄)
人間健康名城 琉来(読谷)
人間健康又吉 萌々香(首里)
人間健康安村 日菜(コザ)
人間健康上原 鈴菜(読谷)
人間健康生島 由梨(球陽)
人間健康T.M
人間健康長嶺 佳奈(普天間)
人間健康玉城 有芽子(球陽)
人間健康比屋定 美空(那覇)
人間健康喜納 衿菜(北谷)
人間健康知念 華香(読谷)
人間健康新垣 歩未(首里)
国際学群長嶺 芽衣(具志川)
国際学群波平 愛美(小禄)
国際学群中山 ほたる(コザ)
国際学群當山 俊樹(読谷)
国際学群照屋 知里(コザ)
国際学群又吉 真莉菜(読谷)
国際学群仲宗根 小華(普天間)
国際学群仲村 愛莉(普天間)
国際学群仲宗根 千尋(球陽)
国際学群平良 梨実花(読谷)
沖縄大学
人文島袋 真緒(向陽)
人文大湾 咲希(具志川)
人文知念 直央(コザ)
人文上江洲 美優(コザ)
人文中山 暉野(那覇)
健康栄養下地 真璃恵(浦添)
健康栄養名嘉山 玲菜(コザ)
健康栄養幸地 妃夏(興南)
健康栄養T.M
健康栄養宮城 朱里(コザ)
沖縄キリスト教学院大学
人文松堂 葵華
人文コミュニケーション玉城 萌(那覇西)
沖縄国際大学
當間 あんり(小禄)
新田 涼介(コザ)
護得久 朝大(普天間)
O.A(具志川)
経済多和田 梨那(那覇)
経済金城 沙紀(小禄)
経済知念 真輝(コザ)
経済大城 昂大(那覇)
経済大湾 みのり(那覇)
経済幸喜 佳乃子(具志川)
経済照屋 日奈子(那覇国)
総合文化宮城 菜摘(コザ)
総合文化福里 明也(向陽)
総合文化宮城 克紀(普天間)
総合文化倉本 竜希(小禄)
総合文化宮平 一輝(那覇)
総合文化永吉 哲也(北中城)
総合文化比嘉 菜摘(コザ)
総合文化新里 真央(那覇国)
産業情報大城 聖生(北中城)
産業情報安里 侑汰(北谷)
産業情報新垣 未帆(コザ)
産業情報新垣 海輝(北中城)
沖縄女子短期大学
宮城 綾音(読谷)
上原 瑞生(コザ)
上間 彩乃(陽明)
宮城 奨(コザ)
他多数
沖縄県立看護大学 看護学部
津波美幸(知念高校)

私は、高校1年の時から沖縄県立看護大学を志望していましたが、自分に自信が持てなくなり志望校を変更して沖ゼミに入塾しました。しかし、最初の面談でアドバイザーの荻山さんの言葉で沖縄県立看護大学を改めて目指すことにしました。私が沖ゼミに入塾して強く感じたことは、学習環境の良さです。すべての授業を録画し、自分がもし授業を受けられなかったときやもう1度見たい時などに、いつでもタブレットで授業を受けることができるのでわからなかったところは何度も見直せて理解を深めることができました。また、オープンな職員室であることから生徒が聞きやすい体制にあり、私が苦手だとする分野などを話した時に、それを強化するためのおすすめの参考書をその場で検索をかけて対応してくれるなどの手厚い指導にとても感激し、感謝しています。授業に関しても学校では教えてもらえないような細かい部分まで教えてもらえるので理解しやすいと感じています。推薦入試対策にも力を入れていて、沖ゼミで早めに面接、志望理由書、小論文の指導をしていただけたことで合格することができたと強く思います。面接で上手く答えられずしどろもどろな私に、アドバイザーの吉浜さんや荻山さんに最後まで丁寧に指導していただいたこと、そして国語の指導力抜群の上原先生による小論文の指導が合格のカギだったと思います。また、私が沖ゼミで活力となったことは切磋琢磨しあえる仲間がいるという事です。受験勉強で苦しい時、自分1人じゃない、そう思えることがとても心の支えになっています。最後の最後までさせてくださる先生方やアドバイザー、共に頑張る仲間、この環境で勉強できることがとても励みになります。勉強面においては、復習の大切さを痛感しました。沖ゼミの授業でやったことが模試に出てきたときに解けたり解けなかったりして、復習することの大切さを身をもって感じました。私が第1志望に合格できたことは沖ゼミで多くの方からの支援があったからこそだと思っています。自分に自信が持てなかった私に自信を持たせていただいた先生やアドバイザーの方々、職員の皆さんには感謝してもしきれません。だからこれから受験の皆さんも、最後まで自分の力を信じて粘り強く挑んでください。自分で自分を信じること、それが合格に繋がると思います。私は沖ゼミでの多くの経験を活かし、大学でも勉学・研究に励み看護師として活躍していきたいと思います。本当にありがとうございます。

名桜大学 国際学群
又吉真莉菜(読谷高校)

沖ゼミに入った理由は周りの友達が通っていたからです。
体験授業を受けてわかりやすいと感じ、先生方やアドバイザーも生徒を親身にサポートしてくれると感じ、入塾を決めました。
沖ゼミに入塾したばかりの時は周りの空気に圧倒されて勉強をストレスに感じることもありましたが、周りの生徒たちの努力を見て自分にも自己学習の習慣が身につきました。平日は17時ごろに塾に行き、授業の時間まで自習しました。休日は朝9時から夜10時まで授業の復習なども含め、自己学習をしっかり行いました。
沖ゼミでの推薦対策としては、志願理由書をアドバイザーの先生と仕上げて、小論文を国語科担当の講師に教えてもらいました。面接対策もしっかり行いました。小論文と志望理由書を直前で焦ったのでぜひ早めに取り組んでほしいです。学校の先生とは違う視点で考えてくれるので沖ゼミでも必ず練習してください。
受験のポイントは何事も早めに取り組むことだと思います。私は3年の6月ごろに入塾しましたが、遅れを感じたので3年になる前に入塾すればよかったと思いました。
私の志望校は推薦の人数を校内で絞ることはなかったですが、評定や検定は推薦受験では大きなアピールポイントになりました。校内選考では、評定が最も重要になります。評定や検定は持ってて損はしないので1・2年から努力して、受験生の時後悔しないようにしてください。
評定も受験勉強も3年生になって頑張っても、1・2年から頑張ってる人たちには負けるので早いうちから取り組むことが大切だと感じました。これから受験を迎える後輩達頑張ってください。単語帳を買って1日1階目を通すだけでもきっと得しますよ!

名桜大学 人間健康学部 看護学科
長嶺佳奈(普天間高校)

 沖ゼミに入ったのは2年の2学期くらいで、友達と一緒に入りました。部活を引退したら本格的に受験勉強に入って、自習時間を増やしました。塾の先生達から勉強法や解き方を習って、それを実践するようにしたら点数が伸びたから先生達のアドバイスはちゃんと聞くようにした方が良いと思います。あと進路に迷ったり悩んだりした時はアドバイザーに相談すると色々助言してくれて支えになるからおすすめです。勉強法は人それぞれだから、自分が一番伸びる勉強法を早く見つけて、それを実践して勉強すると効率が良くなると思います。
 受験勉強は長くとっても大変で、嫌になることも逃げたくなることもたくさんあると思いますが、今やっていることは絶対無駄じゃないので、そう思って頑張ってください!応援しています。



資料請求はこちら 体験指導のお申込みはこちら
Copyright © 2013-2018 沖縄受験ゼミナール All Rights Reserved.
[ ご利用規約 ]