Home > ブログ

ブログ

2017.12.27

年末年始からセンターに向けて

こんにちは!

首里教室から浦崎です

センター試験まであと少しですね。

試験などで極度に緊張しすぎると実力を出し切ることができなくなります。

深呼吸をして心も体も脳もリラックスさせましょう

そのあとは、落ち着いて、冷静に問題を解き進めましょう。

英語に関していえば、直前まで、英単語、長文の音読に励みましょう‼

皆さんの健闘を祈ります

17:57 | 首里教室
マスキングテープ

2017.12.26

年末年始の予定(沖縄本校・普天間校・読谷校)

こんにちは。中部地区でも昨日から冬期講習が始まりました。

はやいもので、今年も残すところ1週間をきりました

ここで、少し年末年始の予定を確認しておきましょう

12月25日(月)~1月12日(金)

・冬期講習

12月31日(日)~1月3日(水)

・通常授業お休み

12月31日(日)・1月1日(月)

・沖縄本校、普天間校、読谷校ともに完全閉館

1月2・3日(火・水)

・普天間校と読谷校は閉館 ・センター直前模試(申込者のみ)

1月4日(木)

・通常授業再開

1月13・14日(土・日)

・センター試験

1月15日(月)

・センターリサーチ(過卒生)※現役生は学校で実施

1月16日(火)~1月20日(土)

・面談期間 ・私大対策開始

1月22日(月)~

・国公立2次対策開始

 

昨日からまた寒くなってきているので、体調管理には十分に気を付けて

頑張っていきましょう職員皆で全力でサポートしていきます

16:11 | 沖縄本校
マスキングテープ

2017.12.25

明日から冬期講習本番!!

中等部から與儀です

明日から中3生も本格的に

冬期講習がスタートします

 

 

中等部各教室で敏腕講師が

待ってまーす

 

短いですが、本日はこれにて

マスキングテープ

2017.12.25

今日はクリスマス

沖ゼミの小田島です。今日は、クリスマスですね。浪人のために、初めて東京で過ごすクリスマスは、新聞奨学生として仕事を一緒にしていた大人の方々に御馳走してもらいました。寒い中、鴨鍋を食べたことを今でもよく覚えています。大学生になった年は、大宮で奨学生の仲間同志で自販機の前で寒さの中、熱燗をバイト後に朝まで飲み明かし、そのまま新聞配達に行ったように記憶しています。2年生になると、東京ドーム(かつての後楽園球場)のある水道橋に移動し、大学のゼミ研究の入室試験に合格し、そのゼミの先輩たちと過ごしたことを覚えています。当時としては有名だった、西新宿の京王プラザホテルの一室を借りて20人程が朝まで飲み明かしたことを覚えています。就職を控えた先輩たちの話は、まだ東京に慣れていなかった自分には、とても興味深いものでした。大学2年生以降は銀座でケーキ屋兼レストランでバイトをしていたので、クリスマスの時期は大忙しで過ごしていました。銀座三越に加え、有楽町駅前が再開発され、2つの大きなデパートが出来、それ以外にも3つほどの老舗デパートもあって、休日にもなると大童でした。高級クラブやホストクラブへのケーキやクッキーの配達も頻繁にあり、銀座1丁目から銀座8丁目はもとより東銀座(歌舞伎座のある所)や時には築地にまで歩いて配達しました。30箱のケーキを何度も往復しながら運んだこともありました。銀座4丁目の交差点(銀座三越の前)でOLさん向けのビラを寒空の下、なかなか受け取ってもらえなかったことも、今となってはいい思い出です。みなさんにも様々なクリスマスの過ごしかたがあるとおもいますが、特に、受験生の皆さんは体に気を付けて過ごして欲しいとおもいます。

 

 

 

 

 

14:15 | 那覇本校
マスキングテープ

2017.12.23

センター試験まであと少し

こんにちは!沖ゼミ首里校の数学担当の辻です。

 

急な気温の変化で体調を崩したりしてませんか?

 

3年生、過卒生は年が明けるとすぐ、センター試験です。

 

だんだんセンター試験が近づき、あれもこれもまだ勉強しないといけない、合格できるのか等、様々なストレス、緊張を抱えている生徒が増えてきていると思います。

 

本番で点数を取るためには、学校や、沖ゼミでの授業の演習等、今まで習ったことをしっかり復習し、習ったことがきちんと本番で出来る状態にしておくことが大事です。習ったことができていなければ、どんな問題が出てきても苦しいはず。体調に気をつけて、あと少しの期間しっかり今までの復習を頑張って下さい。

 

14:00 | 首里教室
マスキングテープ

2017.12.22

2年ぶりに再会

皆さんこんにちは
沖ゼミの井上です。数学を担当してます。
お布団から出たくない季節になりましたね。
私はこのひんやりした空気が好きです。
極寒でない限り暖房器具は使わず暖かい格好と温かい食べ物や飲み物で寒さをしのぎます。
皆さん,この寒さだと部屋を長時間締め切ることが多くないですか? 換気をよくしてくださいね。
でないと酸欠で眠くなったり気持ち悪くなったりしますよ。
受験会場などでは体温調整が出来るように脱ぎ着が出来る服をすすめます。,
 
話は変わり沖ゼミ泉崎校で数日前にこんなことがありました。
那覇西2年Rさんが沖ゼミを体験しに来ました。
そのRさんに在籍生の那覇高2年Aさんが気づき勢いよく駆け寄って話かけていました。
何事?と思い後から聞いたら,  小中学生時代の同級生ってことでした。
そのときのAさんの駆け寄り方は尋常でなく(さすが運動部!!!動きが違う!!!ちょっと笑!!!)
私の目にやきつきました。
約2年ぶりの再会だけあって彼女たちの驚きと嬉しさはストレートに伝わってきました。
喜ばしいことに, Rさんは今週入塾しました。 彼女たちは目指す大学は違いますが
また同じ志で一緒に頑張れるんですね素敵です。沖ゼミ職員,精一杯応援させて頂きます!!!
 
受験を考えている外部生の皆さん
沖縄受験ゼミナールでは冬期講習が始まりました。
沖縄受験ゼミナールで頑張ってる受験生をまず見に来てください。
マスキングテープ

2017.12.20

ちょっとした数学の話

沖縄本校から吉川です。

 

たまには数学の話でも…

①「数えきれないほどの○○」

数えきれないものってあるのでしょうかね?そもそも数えきれるとは何でしょうか?

数えきれるとは,

「自然数と1対1に対応させることができる(全単射が存在する)」

ことをいいます。

数えきれないほどの宿題ということは,自然数と対応しきれないということです。

ありえないですよね。

※そもそもこの世にあるもののほとんどは有限なので,数えきれないということはないですね

②「素数」

素数は有理整数の範囲では,これ以上分解できません。

ところが、複素数の範囲で考えると,

2=(1+i)(1-i)

5=(2+i)(2-i)

と分解できてしまいます。

※a+biで,a,bがともに整数である複素数をガウス整数といいます。

ガウス整数は2次試験でも、たまに出できたりしますね。(最近では東北大で出題されたかな

このガウス整数を利用すると,ピタゴラス数に関する性質が簡単に証明できたりするんですよ

③「極限」

数学Ⅱや数学Ⅲで「極限」を学習します。この単元では,数学には珍しく曖昧な表現がされてますよね!

「xが0に近づく」とか,「a_nは0に収束する(近づく)」とか………「近づく」ってなんや!!

どこからが近づいて,何が近づいてないことになるんや!って思いませんか?

それは実はε-N論法(ε-δ論法)というもので解決されているんですね

詳しくは…大学生になってから学んでくださいね

 

 

 

 

20:14 | 沖縄本校
マスキングテープ

2017.12.20

「年末」に関する考察

もう12月も後半になりました。
早いもので今年が終わろうとしています。
けれど「年度」の単位が生活に密着している現代の日本人にとっては
「一年の計は…」という昔の言葉は実感が湧かないかもしれません。

 

皆さんこんにちは。
映像授業で地理を担当している秀島です。

 

「年度」は4月に始まり翌年3月に終わるものだと思っていませんか?実は違います。
いろんな「年度」がたくさん存在していて4月から始まるとは限らないのです。

 

私たちにとってなじみ深い4月開始の「年度」は明治時代に始まりました。
「会計年度」と言って実は税金が関係しています。
平安時代に旧暦での「1月-12月」が制定されて以来
明治維新まで続いていましたが
最初は稲の収穫に合わせるということで「10月-翌年9月」年度に変更になりました。
次に旧暦から新暦への切り替えで「1月-12月」年度になり
それから地租改正による納税期日に合わせて「7月-翌年6月」年度へ
最後に酒税の納期に合わせて現在の「4月-翌年3月」年度制が定着しました。
これらの変化は明治2年から明治22年の間に起きたのですが
度重なる変更の結果21年間に実際には24年間分も納められた税金もあったそうです。
何か計算が合いませんね。

 

税金は行政を行うにはなくてはならないものなので
これに地方自治体や学校のスケジュールを合わせることになり
4月開始の「年度」は生活に定着していったのです。

 

さて年末の話でしたが本格的な受験シーズンの始まりでもあります。
特に受験生の皆さんはクリスマスもお正月も
休憩「オン」の状態で過ごしてください。
そして気持ちを切り替えてから勉強に臨んでください。

 

本当に年末が来るのは合格発表の日の後じゃないでしょうか?
そしてそれは新しい生活の準備が始まる日でもあります。
「オン」アンド「オン」アンド「オン」の考え方で積極的に過ごしてください。

 

映像授業もクリスマスやお正月はありません。
自分にとっての「年末」は2度目の「オン」のところの次の準備です。
もちろん小野先生、新垣先生の新作発表もまだまだ続きます。
これからも映像授業を上手に使って成績を伸ばしてください。

マスキングテープ

2017.12.19

会場模試に行ってきました!

こんにちは、那覇本校から佐久間です。

最近めっきり寒くなってきましたが皆さん元気にしてますか?沖縄の冬は寒すぎて、私は体調を崩し気味です・・。なんかこう、沖縄の冬って精神的にきますね!寒さに対する慣れって不思議なもんで、昔アメリカ(寒いところ)から冬に帰国した際、東京の冬がやけに生暖かく感じられた記憶があります。でも今は沖縄の冬にやられて、トースターみたいな電気ストーブの前でブルブル震えています。(家の中で靴下が必須になったのも沖縄に来てからです。)

さて、昨日は琉球大学にて会場模試を行いました。生徒に結果を聞くと、「英語が難しかった・・・」という声がちらほら。

しかし英語の場合、心配無用。この時期、良くも悪くも皆さんの英語のレベルは極度に変わるわけではありません。これまでの勉強量・蓄えた経験が試験で滲み出てくるのみです。難しかったのは問題であり、皆さんの実力が変わったわけではないのです。また英語の模試の長文問題の場合、設問や選択肢が明らかに劣悪な問題があることにも留意しなければなりません。こういった問題は生徒の皆さんは判断ができないかと思いますが、本番のセンター試験には絶対に出題されません。

なので、特に今の時期大事なことは、そういった悪問は「シカト」して、単語や文法問題など、忘れてしまっていた知識を再度思い出しながら復習してみることです。短期間でできるのはそれくらいです。

ただ、設問や選択肢がひどい長文問題が結構あるとはいえ、本文がひどいパターンはまずありません。このため、もし本文でまったく読めない、意味が分からない個所があればしっかりと見直してみて、それでも分からなければ身近にいる先生に聞いてみてください。英語は読むのをやめてしまうと、とたんに読めなくなりますよ!それでは!

マスキングテープ

2017.12.18

プレ入試の結果

中等部から與儀です

インフルエンザに感染したという話を

ちらほら聞きますが、皆さんはちゃんと

予防はしてますか?

冬期講習でしっかりと勉強をするためにも

予防はしっかりと、あやしいなと思ったら

すぐに病院へ行きましょう

 

 

 

さてタイトルのプレ入試の結果ですが、

先週末に判定結果が届きました

前回よりも点数を伸ばした子は今か今かと

と結果を待ち焦がれていましたが、

点数を落とした子は怯えていました

 

 

 

この時期の模試は3年範囲の内容も入って

くるので勉強がかなり厳しくなるので

どうしても点数は伸び悩みます

 

 

 

しっかりとフォローし、今やるべきことの

確認したのですぐに勉強するために教室へ

向かってくれました

 

 

 

20日から冬期講習、26日からは本格的に

冬期講習の特別授業がスタートします

彼らと合格に向けて頑張れるのが本当に

楽しみです

 

マスキングテープ
1 2 3 4 5 6 7 51
資料請求はこちら体験指導のお申込みはこちら