Home > ブログ

ブログ

2017.10.2

風立ちぬ。そろそろ仕上げの時ですね。

〈風立ちぬ〉とは、立秋を指す古語。

この季節だからこそ、国語科の池田から一言。

 

沖縄本島でも、そろそろ秋めいた涼風を感じる季節になりました。

……そうです。 そろそろ受験生に焦りが出始める季節でもあります。

特に現役高三生なら、クラスメイトが推薦で受かったり、模試結果に

落ち込んだりして、「大丈夫か、オレ…?」的気分になってしまう時期

でしょうかね。

 

この間、TVのニュース番組を何気に見ていたら、

『世界体操』七連覇(‼)を目指すという、内村航平選手のインタビュー

をやってました。彼曰く、

常に準備は完璧と思えるくらいやっているので、本番前に不安になる

 ことはありません。むしろ、早く今の自分の演技をしたくてワクワク

 しています。」とのこと。

 

そろそろ焦り始めた皆さんへ。

内村選手のコトバを、しっかり噛み締めてみて下さいませ。

自分の「準備」は、今どのくらいなのか

焦ることなく、今の時期こそもう一度自分に問いかけてみて下さいね。

 

マスキングテープ

2017.10.2

文章検、締め切り間近!!

中等部から與儀です

 

 

10月に入り、すっかり秋らしく…

となってませんね

洗濯物が絶好調に乾く天気が

相変わらず続いています

装いだけは秋らしくしてますので

私の授業で秋を感じて下さい

 

 

さて前置きが長くなりましたが、

文章検定の締め切りが今週6日(金)

迫っております

受付は各校舎の受付で行っていますので

興味がある方は問題等をお見せしますので

気軽に来て下さい

 

 

去年、4級を受検した中2生は3級取得に向けて

英検の対策と並行して計画的に対策を進めている

ようです

年に一度しか実施しない検定となっていますので

この機会にチャレンジしておきましょう

マスキングテープ

2017.9.30

勉強のしかた

沖縄受験ゼミナール首里校から、数学科の樋口です。

 

守破離(しゅはり) という言葉があります。Wikipediaによると、以下のような意味があるそうです。

師匠に言われたこと、型を「守る」ことから始める。

その後、その型を自分と照らし合わせて研究することにより、自分に合った、より良いと思われる型をつくることにより既存の型を「破る」。

最終的には師匠の型、そして自分自身が造り出した型の上に立脚した個人は、自分自身と技についてよく理解しているため、型から自由になり、型から「離れ」て自在になることができる。

 

勉強や人生にも通じる、意味深い言葉だと思いませんか?

この言葉は昔、樋口が高校生の時に小論文の練習をしていて、その課題の一つとして上げられていた言葉です。

いい言葉だな~と思い、心にとどめていました。

 

「誰でも最初は真似から始める。しかし、丸暗記しようとするのではなく、

どうしてその人がその航路をたどったのか、どういう過程でそこにたどり着いたのか、

 その過程を理解することが大切だ。」 (将棋棋士 羽生善治)

 

羽生先生も、守破離と同じようなことをおっしゃっていますね?

理系教科は特に、どうしてその解き方になるのか、なぜその方法を使うのか、ということを考えていくと、より成長できると思います。

 

10:00 | 首里教室
マスキングテープ

2017.9.29

そろそろセンター試験まで100日前

沖縄本校から前門です。

 

センター試験まであと106日となりました。早いですね~。

106日前は6月15日です。

この日から今日までの時間が、今日からセンター試験までの残り時間です。

 

早すぎます。

 

6月23日のブログでも書きましたが、

この100日間は文句なしの100日間だったでしょうか。

まだどこか勉強法に不安があれば必ず相談に来てくださいね。

あきらめるのはまだまだ早いですよ。

苦手科目を一緒に克服していきましょう。

 

14:52 | 沖縄本校
マスキングテープ

2017.9.27

心身コントロール

こんにちは! 首里校舎の浦崎志麻です

病は気から」と言われます。

まだまだ暑さが続き体が疲れる事がありますね

受験日が迫ってくるこの時期は精神的プレッシャーも増します。

心身をうまくコントロールできるなら、目標を達成するのが容易になります。

早寝早起きの励行十分な睡眠適切な食事体を適度に動かすことは必須です

自分なりのストレス解消法を見つけて、毎日、短時間でも、心をリラックスさせましょう。

受験日を自信をもって迎えられますように‼

13:04 | 首里教室
マスキングテープ

2017.9.26

精神状態で文系科目と理系科目の習得量が変わる?!!

Hi, everyone! It’s Torren.

When you study, I’m sure you have many different feelings about the subjects you study.

Did you know that your mental state (精神状態)affects your ability to do certain subjects?

Scientists (科学者)have discovered(発見した)that when people feel good or happy, they can

do arts subjects (文系科目)better. When people feel angry or sad, they can do science subjects (理系科目)

better. Isn’t that interesting?

How do scientists know this? Well, they took a group of people and gave them tests. They gave them

a math test and a reading test. They compared the results of both tests and the results were recorded (記録された).

Then, they showed half of the people a sad movie clip. They showed the other half a funny movie clip.

After that, the two groups were given 2 more tests.

What happened? The group that had watched the sad movie clip got better scores on the math test,

but worse scores on the reading test. The group that had watched the funny clip got better scores on

the reading test, but worse scores on the math test.

What does this mean for you? Well, if you are feeling sad or angry, you should concentrate on math and science.

If you feel happy and good, you should concentrate on English and Japanese!

Of course, we cannot always feel happy and good during a mock exam (模擬試験)or the center exam. But if we

try to become serious during the science and math tests and happy during the English and Japanese tests,

maybe our scores will go up! That sounds like something anyone can try, doesn’t it? (誰でも試めしてもいいよね?)

I look forward to hearing your personal experiences

16:56 | 首里教室
マスキングテープ

2017.9.26

1,2年生は英語・数学・国語中心の勉強を

こんにちは,沖縄本校,読谷校で英語を教えている安里です。

 

今回は,特に高1・高2の合格を目指す受験勉強の重点項目について書きます。

 

まず,学校での勉強と塾・予備校(つまり沖ゼミ)での勉強に違いについて。

 

学校では,英語・数学・国語と理科・社会のすべての教科・科目を全部やる。沖ゼミでは高1・高2の間は,英語・数学・国語をやり,理科・社会は高3からスタートする。

 

つまり,受験という観点からは,英語・数学・国語を先にマスターせよということだ。英語・数学・国語は力が一度上がるとなかなか下がらないものだ。

 

そして,学校での授業はすべての科目に力を入れるようなカリキュラムになっているが,英語・数学・国語に力を入れる勉強をしたい。それ以外は,ついていける程度でよい。それから,学校の課題や宿題は多いかもしれないが,要領よく片付けて,勉強時間の多くを英語・数学・国語にあてたい。

15:39 | 沖縄本校
マスキングテープ

2017.9.25

文章検の申込スタート!!

中等部から與儀です

タイトルにあるように文章検の申込が

スタートしました

 

 

新大学入試に求められる力を養うために

去年から沖ゼミでは取り入れたのですが、

大学入試だけに関わらず、社会人になってからも

必要な力なので目先の入試のことだけではなく、

先々のことも考えてぜひ取得してほしい検定と

なっています

 

 

文章検を人材育成に取り入れている企業もあり、

企画書の作成能力が格段に上がるなど効果が

目に見えてわかるそうです

 

 

取得するといいこと尽くしの文章検、

この機会にぜひ取得しておきましょう

申込締切は10/6(金)です

 

 

 

 

 

マスキングテープ

2017.9.25

アルバイト

沖ゼミの小田島です。私は中学生の頃からアルバイトをしてきました。最初は月に数回のチラシ配りから始め、数千円程度の小遣い稼ぎをして部活のウェアーやシューズなどの購入に充てていました。高校生になると、全国模試の結果に面食らい、当時出始めた福武書店のチャレンジ講座を始めようと思いました。英語と数学を受講することにしたのですが、当時でも7,8千円ほどしたように記憶しています。勿論、家計から出してもらえないので、日曜日以外毎日夕刊の新聞配達をすることで賄うことにしました。雨の日や雪の日が本当に大変でした。自転車で50軒ほどを2時間弱で配り、それから帰宅しその添削講座をやったりラジオ講座に取り組んだりしていました。自宅から遠い所を配達していたので、販売所のおばさんがタクシーチケットだしてくれ、それを使って帰宅したこともありました。しかし、思いのほか成績も伸びず大学受験に失敗し浪人することになり、予備校の学費と生活費を捻出するために日本経済新聞の新聞奨学生になり、新たなバイト生活がはじまったのでした。これもなかなか大変で午前3時には起床し、それからチラシを200から250部の新聞に手作業で挟みいれ午前5時前には販売所を出発し午前8時過ぎに終了することがほぼ毎日続きました。それから予備校に通い、午後3時には夕刊の配達、また、休日でも代金の集金もしなければなりませんでした。真夜中の集金というのもありました。なんとか大学に合格したもの、私立大学であったため学費の工面でもう一年間奨学生を続けることになりました。予備校の時は、東京の品川でしたが、大学1年次は埼玉県大宮市になりました。ここでも大変なのは変わらなかったのですが、似たような境遇にある学生や若者達が全国から集まっていたのも事実でした。ただこのような生活から抜け出ようともがいたあげく、もう一つべつのアルバイトを見つけ、奨学金の返済をして新聞奨学生をやめることにしました。大学2年次以降は千代田区神田になるので、これを機に世田谷区に引っ越し、知り合いの伝手で東京銀座でのケーキ屋兼レストランでのウェイターとしてのアルバイト生活が始まることになったのでした。

14:04 | 那覇本校
マスキングテープ

2017.9.25

皆でサポートしてます♪

こんにちは, 沖ゼミで数学を担当する井上です。

まだまだ日差しは強く暑い日が続きますが時々吹く風で秋を感じる今日この頃です。

今回は沖ゼミ泉崎校(那覇高校近く)での嬉しかった話をしたいと思います。

今週, 泉崎校に新入会員としてO高校のMさんが入塾しました。

皆さん知り合いがいない人ばかりの中に入っていくのはちょっと不安ですよね。

そこで,  塾の数学の内容が, 彼女が学校で習ってないところだったこともあったので, 次の日に個別学習の約束をしました。

彼女の入塾アンケートでは苦手科目に数学と書いてあったにもかかわらず, 結構理解してたのでそのように伝えたら

塾で初めてあったN高校のAさんとYさんが教えてくれたとのことでした。

授業が終わった後の復習時間に, AさんとYさんが教えてあげてたんですよ。素敵な話でしょ!!!

も~嬉しくて嬉しくて胸が熱くなりました。

考える,  わからなかったら調べる, それでもわからなかったら聞く, そして復習。

それを彼女たちはさらに自分の言葉にして教えてたんです。完完完璧!

教えることで本当にそれが分かっているかがわかります。だから彼女たちは伸びます!

他にもいますよ, 例えばY君はR君に教えてくれてます。泉崎はそんな温かさを持つ生徒ばかりです!

14:02 | 未分類
マスキングテープ
1 2 3 4 5 6 7 8 45
資料請求はこちら体験指導のお申込みはこちら