Home > ブログ

ブログ

2017.11.15

撮影クランクアップ?

2学期制の地区ではもうすぐ中間テストですね。
そこで特に理・社に関して念押しですが…
テスト前だけ慌てて勉強している生徒はいませんよね?
ただの「暗記」で終わらせない「理解」ができるようにするには
どんな科目も日頃からの定期的学習が必要です。

 

皆さんこんにちは。
映像授業で地理を担当している秀島です。

 

中学1、2年生は学校での社会の授業が
地理から歴史に切り替わる時期が来ました。
学習そのものはまだまだ続きますがひとまずお疲れ様です。
もうすでに一部の学校では歴史分野に入っているところもあります。
歴史担当の新垣先生の授業を視聴して満点を狙ってください。
一部の学校では今から地理というところもあります。
これから宜しくお願いします。ですね。

 

さて今年度分の撮影がクランクアップ秒読みに入りました。
顔を合わせたこともない他教室の生徒なのに素敵なアイディアを教えてもらったり
映像授業があったからこそ休み時間の生徒との会話が弾んだり
定期テストで100点続出に大喜びしたりとか
いろいろと思い出もできました。

 

また会う日までさようなら…みたいな流れの文になりそうですが
でも映像授業の進化は止まりません。
皆さんからいただいた要望や
新しく思いついたネタを採り入れて
改良したいと思っていることがたくさんあります。
(すでに改訂版に変わっている映像もありますよ)
これからも機会があれば改訂版を撮り続けていきたいと思っています。

 

予習に、復習に、趣味としてでも、何度も視聴できるのが映像授業です。
以前見た分でもいつでも再視聴できます。
「おっ、前と変わっている。」
というところが見つかるかもしれません。
が、こんなマニアックな楽しみ方をする人はいるのかな?

 

今後も映像授業を上手に活用して
皆さんの成績向上に役立ててください。

マスキングテープ

2017.11.14

模試では弱点がわかった方がよい。

こんにちは。沖縄校比嘉です。

11月も中旬になり、ひんやりしてきましたね。風邪など引かないように気を付けてください。

 

さて、11月上旬に模試がありましたが、どうでしたか?

模試の点数がよかった生徒も、よくなかった生徒も、本番で目標点数をとるために、しっかり復習して、自分の弱点を強化していきましょう。

 

模試の点数がよかった生徒

→たいへんすばらしい! 今までがんばってきた成果が点数につながって

きましたね。ただ、見直しはもちろんやってください。

解けたところも、正しい筋道で答えにたどりつけていたか

確認しましょう。

 

模試の点数がよくなかった生徒

→これは本番ではないので落ち込むことはありません。

むしろ、今回自分の弱点がはっきりしたのはよいことです。

弱点がわかったのが本番だったら泣けたでしょ?

この模試で明らかになった自分の弱点をしっかり補強し

マスターすれば、その分確実に成長できます。

今回弱点がわかってよかった!

がんばっていきましょう!

 

これから、演習問題をどんどん解いていきますよね。

解くだけでは力になりません。

しっかり復習して力をつけていきましょう。

「どこをどうすれば…」と、疑問・質問・心配などあったら、

それぞれの先生に声をかけてください。

いっしょにがんばっていきましょう。

 

17:32 | 沖縄本校
マスキングテープ

2017.11.13

文章検定お疲れ様でした

中等部から與儀です

先週の土曜は文章検定でしたね

 

 

今年も多くの生徒が挑戦していましたので

結果で楽しみで待ちきれません

 

 

中1の時から受験し始めると習慣化されますので

当たり前のように挑戦しています

文章検定に限らず、各種検定でいえることなので

何事も早いうちから取り組むといいのかもしれませんね

 

 

文章検定は英単語を地道に覚えるという英検と違って

本来持っている読解力や記述力を試す、という部分が

大きいので対策が困難です

 

 

それゆえに対策をしても仕方がないと思う生徒達も

多いのですが、言うなれば毎日が対策なんですよね

 

 

聞き覚えのない言葉や言い回しなどを調べているのか、

教科書以外の文章に触れているのか、

ということなんですが、まあ「否。」でしょうね

 

 

授業の際には語彙力テストを行うようにしていますが、

個人的には読書から漢字や言葉は学んでほしいです

 

 

つきましては沖縄もやっと秋らしくなってきましたので

中等部では語彙力アップのために読書の秋を全面的に

打ち出そうと思います

 

 

 

 

 

マスキングテープ

2017.11.13

個人と社会の関係とは?

那覇本校の畠山です。今日はまじめに…(*^^)v

 

みなさんは何を求めて大学に進学しますか?

「大学に行かないといい仕事に就けない」と言われていた時代もありましたなぁ…(-_-)/~~~ピシ!ピシ!

僕たちは自分たちの人生において「生存権」「自由権」を持っています。

ですので、どんな仕事でもいいし、どのようにでも生きることができます(公共の福祉には反しないでね)。

でもどうやったら「いい人生」なるものを過ごせるでしょう。

それはまず

僕らの側が社会に対して価値があり目的となる存在になれる

が大切です。

そして社会を僕らが生きる上で「手段化できるか」が鍵になります。

たとえば、将来の自分のヴィジョンに価値をおく僕らがそれを達成するために、「手段として」

大学の授業や人間関係の構築、学習内容、経験などを「利用」するのです。社会に出てからは

あくまでも仕事は僕たちの人生の目的をかなえるための「手段」であり、現在は

「キャリアマネジメント」や「キャリア開発」などを支援する企業などもあります。

だがしかし!だがしかしですよ!

今の世の中は、景気が良いというにもかかわらず雇用環境が不安定。

企業に就職しても「雇用してやってるんだから」と企業側も強気に出るところもあります。

すると、企業(社会)の側に価値があり、われわれは企業(社会)の手段として

利用されてしまうことになりかねないのです。

僕らが「使われる」側にあると、

ドラマなどで出てくる「君のかわりはいくらでもいるのだから…」的発言をされてしまうかも。

あくまでも、われわれは「個人」として価値を持ち、目的実現のために社会は

手段として存在している状態が望ましく、それを「個人主義」と呼びます。

その逆で、個人が社会の手段として、社会の目的達成や価値の実現に供される状態を「全体主義

といいます。

みなさんはどちらの状態を望みますか?よく生きるために一回考えてみることが大切ですよ~。

 

 

 

 

14:34 | 那覇本校
マスキングテープ

2017.11.11

勉強するのはどうして?

沖縄受験ゼミナール首里校から、数学科・樋口が担当しています今日のブログ。

 

まずは、twitterで見て、その通りだと思った言葉をご紹介します。

勉強しないと視野が狭くなる。

勉強しないとわずかな知識のみでこの世を理解しようとするせいで、

ありえない仕組みを仮定して「分からない」を埋め立て始める。

分からないものの多さが分からないから何でも知ってる気分になってしまう。

 

大学に入っても、社会に出て行っても、勉強することは重要です。社会はどんどん変わっていきます。

例えばスマホは、10年前には全くなかったものです。しかし、今や確実に社会を変えていますよね。

さらに10年後どうなっているでしょうか? 自動車は自動運転? AIが仕事をする?

社会の変革のスピードが、IT技術によってどんどん加速しています。

将来の変化に対応するための「勉強の地頭」をつくるために、今一緒にがんばりましょう!

12:00 | 未分類
マスキングテープ

2017.11.10

数学的帰納法

こんにちは。数学科の遠山です。

今日は数学的帰納法についてお話します。

数学的帰納法とは高校数学で学ぶ証明の方法の1つです。

あるnについての命題に対してまずnが1の時に成り立つかどうかを確認する。

そしてnが任意の数の時に命題が成り立つと仮定した場合に任意の数+1でも成り立てば

その命題は正しいということになる、というものです。

表現が悪いですが高校の先生から教えてもらった簡単な例として、一本しか髪がない人はハゲと呼べる。

さらにある本数しか髪がない人をハゲとするとその人より一本髪が多い人もハゲと呼べる。

よって髪の毛がある人は全てハゲと呼べる、というものだった。理解しやすかった上に面白かったので今でも覚えている。

ただこの理論でいくと無限に食べられることにもなるし、気合を入れれば一生息も瞬きもしないでいけるかもしれない。

結局何が言いたいかというと、この方法は数学的な問題においては有効なものだが、

日常生活に帰着させるとなんとも曖昧なものになってしまうなと思ったのです。

数学って楽しいですね!

 

15:05 | 那覇本校
マスキングテープ

2017.11.9

今日は何の日? ~11月9日編~

こんにちは、中等部那覇教室から前里です。

タイトルにある通り、今回は本日・11/9にまつわるエピソードをいくつかご紹介したいと思います。

 

①119番の日

消防・救急の緊急通報用の電話番号が119番であることから1987年に制定されました。火災の予防意識をはかるとともに、適切・迅速な119番通報を呼びかける啓発活動が行われ、さらに「秋の全国火災予防運動」の初日にもなってます。これから空気の乾燥・気温低下による暖房器具の使用によって、火事が多くなる季節になるので、火の元には十分注意しないといけませんね。また、ニュースでも特に救急車の不適切な使用が多く取りざたされているので、この問題について考えてみるいい機会だと思います。

 

②太陽暦採用記念日

1872(明治5)年の旧暦11月9日に、明治政府が、太陽暦を採用するという詔書を布告し、その年の旧暦12月2日の翌日を明治6年1月1日とすることになりました。お正月が急に一か月も前倒しになるなんて・・・当時の人々はさぞ新年の準備に追われたことでしょう。

 

③ベルリンの壁崩壊の日

1949年に東西ドイツが成立し、唯一ベルリンでは、東西の行き来が自由になっていましたが、東ドイツから西ベルリンを通って西ドイツに逃れる人々が続出したため、第二次大戦後の1961年から突如東ドイツが西ベルリンの通行を禁止し、西ベルリンの周囲を囲むように壁を作りました。それがいわゆる「ベルリンの壁」です。1989(平成元)年、その「ベルリンの壁」が取り壊され、東西ドイツの統一や東ヨーロッパの国々の民主化、冷戦終結のきっかけになりました。

 

上記の他に、今日は11月の第二木曜日なので、ギネス世界記録の日でもあります。沖縄でも、3973人での空手の集団演武や、9.7キロメートルの折鶴のレイ、324人で沖縄そばを麺から作るなどが、ギネス世界記録に認定されています。一見何でもありのようですが、世界記録になるための条件なども結構あるようなので、ギネス世界記録に挑戦したい人はぜひ、公式HPをチェックしてみて下さい。健闘を祈ります。

 

そして、忘れちゃいけないのが・・・今日で高校受験まであと117日です!!

受験生のみなさんは、学校の二学期中間テスト期間の人も多いと思いますが、それと並行して受験勉強も頑張っていきましょう!!

 

 

 

マスキングテープ

2017.11.8

僕は「頑張れ!」と叫びたい。

那覇本校英語科の町田です!

 

11月に入ってもう数日が経過しましたが、受験生にとっては推薦入試の時期でもありますね。その報告を少しずつ耳にするようになりましたが、僕は毎年、そんな推薦入試受験者にエールを送るべく、尚巴志ハーフマラソンに出場しています。今回で出場4回目となりましたが、無事に完走してきましたよ!

23244566_1662397847169006_7520172617184451098_n

僕はマラソンに出るまでは「いくら周囲が頑張れと叫んでも、結局頑張るのはその人だし、意味なんてないのでは?」なんてひねくれた考えを持っていました。でも沿道で声を張り上げてランナーを応援してくれている人々を見ると(特に老人や子どもたちの声援には涙出ます)、そんなことはないと、今では思っています。

 

だからやっぱりみなさんに「頑張れ!」と僕は叫びたいと思います!

 

頑張れ!

 

因みにセンター試験の応援としてNAHAマラソン、二次試験の応援としておきなわマラソンにも出場します!

マスキングテープ

2017.11.7

君たちには伸び代しかない!

皆さん、こんにちは、数学・化学担当の島袋です。

朝晩は沖縄でも寒くなったこの時期、さらに生徒からのピリピリ感も伝わってきて、あっ、

いよいよ受験本番が近づいて来たなと感じます。

また、模試の結果に不安、というよりは絶望!?の声が聞こえ始めるのもこのころです。

模擬試験というのは自分の合格までの“現在地”を知る事ももちろん重要ですが、

さらに大切なのは“自分の弱点を見つける”事にあると思います。もし、模試でそれが見つかったのであればそれは合格への道を開く千載一遇のチャンスなのです!

そう、君たちには伸び代しかない!

受験勉強とは、自分のできないことを見つけ、それを一つ一つ潰していく作業だと思います。それを受験本番が来る前に見つけられたことは非常に幸運だと思いませんか。

合格できるかどうかは、その作業を受験のその時まで続けられるかどうかです。

最後まで、自分を信じて励ましつつ、頑張って行きましょう!

15:53 | 沖縄本校
マスキングテープ

2017.11.6

十五の春と島のおばーが教えてくれたこと

こんにちは、受験アドバイザーの小湾です。

本日は、僕が大学時代に研究してきた離島について、「教育」を織り交ぜながら少しだけお話しします。

まずは、基本的な沖縄の離島情報について紹介します。

沖縄には、149の離島が存在します。(伊計島などの本島と橋でつながっている島は除く)

そして、離島には有人島と無人島の2種類あり、人が住む有人島は39島あります。

その39の有人島の中でも、小中学校がある島が29島あります。

では、ここでクイズです!!

小中学校がある29島のうち、高校がある島は何島あるでしょうか。

①4島

②8島

③12島

④24島

 

 

 

 

 

正解は

①の4島でしたー!!

高校がある島は、宮古島、伊良部島、石垣島、久米島の4島で、残りの25島には、高校がありません。

え!?じゃあ25島に住んでいる小中学生は、どうするのか

親元を離れて、高校のある島や本島に移住するんですね。「十五の春」とも呼ばれています。

今でこそ、離島の学生向けの寮などは増えつつありますが、ほとんどの学生が、1人暮らしや兄弟で暮らすといった生活をしているんですね。

もちろん、親は一緒に住んではいないので朝起きるのも、弁当を作るのも、制服にアイロンをかけるのも全部、自分でやるしかないんですよね。僕は最初この現実を知ったとき、とても驚きました。

15歳で親元を離れ、親から生活費の援助はあるものの「自立」して生活していかなければならない。僕の高校生活を振り返ってみると、すごく自分が子どもだったなぁと痛感します。

 

コンビニとかなく、携帯の電波の入りづらい場所もある離島のおばあちゃんに、言われた言葉で

心に残っている言葉が「ないもの以外全部ある。ないものねだりをすれば、終わりが見えない。

ただ、あるものに感謝して生きたら、幸せな生活を送ることができるよ」と教えてくれました。

みなさんは、ないものねだりばかりしていませんか?時には、自分の周りにあたりまえにあるものに感謝してみる時間を設けてはいかがでしょうか。

 

 

 

16:03 | 那覇本校
マスキングテープ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 51
資料請求はこちら体験指導のお申込みはこちら