お問い合わせ

フリーコール 0120-995-039
【お問い合わせ受付時間】月~土     14:00~22:00

沖ゼミブログ

2017.11.30

絶対に浪人したくないなら…  ~確率の計算を受験に応用してみよう~

沖ゼミ那覇本校の加納です。

2018年センター試験まで残り50日を切りましたが、受験生の皆さん、勉強は順調に進んでいますか?

出来ることなら受験は今年で終わりにしたいですよね。浪人はしたくない。かと言って妥協して第一志望校を諦めたくないし…。ジレンマに悩んでいる受験生も多いと思います。

今日のblogでは浪人しないですむ秘策を、数学Aで習う「余事象の確率」の考え方を使って説明したいと思います。

 

まず余事象の確率の考え方を説明します(分かる人は読み飛ばして構いません)。

「表、裏が出る確率がそれぞれ50%(=0.5)ずつのコインを3枚同時に投げたとき、少なくとも1枚は表が出る確率はどれだけでしょう?」

「少なくとも1枚は表が出る」でない場合(余事象)を考えるとそれは「3枚とも裏げ出る」で、その確率は

0.5×0.5×0.5=0.125

となります。

よって「少なくとも1枚は表が出る」確率は、全体の確率である1.0から上で求めた0.125を引いて

1-0.125=0.875

残りの0.875 となります。これが余事象の確率の考え方です。

 

       1枚目         2枚目         3枚目         すべて

 

        裏           裏           裏          裏裏裏

 

        0.5    ×     0.5     ×     0.5   =     0.125

 

       ∴ 少なくとも一つ表 1 – 0.125 = 0.875

 

さてここからは受験の話です。あなたの第一志望の合格可能性が50%(=0.5)だったとしましょう。そうすると50%の確率で不合格になり浪人することになりますよね。

ところで第二志望、第三志望の合格可能性も50%、50%だったとして3つとも受験可能だったらどうでしょう? やはり大学生になれる可能性は50%、浪人する可能性は50%でしょうか?

ここで「余事象の確率」の考え方を登場させます。合格する可能性が0.5の大学を3校受験したとき「少なくとも1校は合格する」可能性はどれだけあるでしょうか。

少なくとも1校は合格する場合の余事象を考えると「3校とも不合格になる」で、その可能性(確率)は

0.5×0.5×0.5=0.125

すなわち12.5%です。よって「少なくとも1校は合格する」つまり浪人しない可能性は

1-0.125=0.875

87.5%もあります!

 

        1校目        2校目      3校目        すべて

 

                             否         否否否

 

        0.5   ×    0.5   ×   0.5      0.125

 

       少なくとも一つ合格 1 – 0.125 0.875

 

さて、上記の話はいかがでしたか? 偶然だけで決まるコインの裏表と、本人の学力で決まる受験は違う!と感じた人も多いと思います。確かにそういう面もあります。しかし一発勝負の受験では偶然に左右される要素もあるので、上記の話はあながち間違いではありません。一般に、受験機会が増えるほど浪人しない可能性は増えていきます

 

私立大は複数校受験するのが当たり前ですし、国公立大でも前期・中期・後期と最大3回の受験機会があります。中期・後期や私立の受験をまだ考えていない人は、この機会に検討してみてはいかがでしょう?

12:31 | カテゴリー: 那覇本校数学のハナシ

2017.11.29

良い緊張感を!

首里校舎浦崎です

センター試験がだんだん近づいてきて、様々なストレスや緊張を抱えている

生徒が増えてきていると思います。

ストレスや緊張は必ずしも悪いものではありません。

人が、緊張するとアドレナリンが出ると言われます。

それによって自分の持っている力を最大限に発揮するよう促されます。

試験の際に経験するある程度の緊張感は、良いパフォーマンスをする原動力となります。

ストレスや緊張感をうまくコントロールして試験に臨めますように‼

14:33 | カテゴリー: 首里教室

2017.11.28

高1・2生は早めに受験意識を高めよう!

沖縄本校から前門です。

 

センター試験まであと46日となりました。

46日前は10月13日です。あっという間ですね。

受験生はセンター試験も近づいてかなり気合が入っていますよね~。

 

一方で高1・2生はどうでしょうか。

「まだまだ時間あるし大丈夫!」

と思っていませんか?

定期テストを直前でチョチョイ!とやってきた生徒は特に危ない!

センター試験はそんなもので乗り越えられるものではないです。

普段コツコツ勉強してきた努力で勝ち取るものです。

 

では、高2生までにやってほしいことは何かというと、すごく当たり前ですが

高1・2生でやった内容の復習です。

特に高2生は、高1生でやった内容は手を付けてない生徒が多いですので

しっかり復習しましょう。

特別に何か参考書、というわけではないです。

今まで習ってきた単語や公式をしっかり覚えて理解して下さい。

今まで習ってきたことが「普通にできる」ことが大事です。

「あの単語の意味なんだっけ?」「あの公式どんなだっけ?」って

ならないようにすることです!

そしてゴールは「高3生の6月のマーク模試」と思って下さい。

受験生最初のマーク模試でなるべくいい結果を取るようにして下さい。

もちろんそこから半年以上も先にセンター試験があり、逆転もできますが

そこにゴールを設けることで受験意識を高めることが重要です。

 

さて、高2生はそのマーク模試まであと半年ほどあります。

早速計画を立て、復習を始めて、受験意識を高めて、

現役合格できるようがんばっていきましょう。

16:03 | カテゴリー: 沖縄本校・普天間校

2017.11.28

期末テスト、頑張れ沖ゼミ生!

那覇本校からアドバイザーの伊佐です。

首里高校や開邦高校では先週で期末テストが終了しました。

今週からは、昭和薬科、那覇国、那覇、興南高校のテストが始まります。

そのため、一昨日も日曜日にもかかわらず多くの高1・2生がテスト勉強で来校してくれました。

沖ゼミ那覇本校ではたくさんのスタッフに出勤してもらいテスト対策を行いました。

学習広場では特に、数学や理科の質問で大忙し。

暗記科目であれば、自分でコツコツ取り組めるようですが、理科や数学となると話しは別。一旦わからないモードになると、自力ではその迷路から脱出できなくなるようです。

それでもヒントを出すと「ハッ」と気付き、スッキリした表情に。

わからないというよりも、忘れてるといった感じでしょうか。

正確に言うと、完全に理解しないままで次に進んでしまって今に至る、という状態。

普段、部活動で疲れているのはわかる。学校の課題が多いのもわかる。

学習広場はテスト前だけではなく、月~金で毎日利用できるようにしています。

高1・2生の授業は週に3日。授業のない日は、学習広場を思いっきり利用してほしい。

5、6年前だったか。学習広場(当時は巡回指導)をフル活用して、席次2番まで登り詰めた生徒がいました。学校の授業で理解が浅いと感じたところを、コツコツと潰していった結果、気付けば、わからないところが無い状態に。

 

「もっと難しいの解いてみたい」

 

絶頂期のその生徒から言われた一言です。

 

15:56 | カテゴリー: 那覇本校

2017.11.27

今週末はプレ入試!!

中等部から與儀です

 

朝夜の冷え込みで体調は崩していませんか?

体調を整えるのも受験対策の一つです

体調が悪くて100%、

体調がよかったら120%の力が出せるように

学力は仕上げていきましょう

 

 

今週の12/2(土)に沖ゼミ中等部の各教室で

プレ入試が実施されます

今年の最後の模試なので気合十分

受けて下さいね

 

 

受験者数が最大になるのこの模試で

判定Aは当たり前として

第一志望校の志望者の中で自分がどのくらいの

位置にいるのかがわかるいい機会です

 

 

年明けにある模試は恒例の那覇地区合同の

会場模試になります

入試と同じ状況で模試を受けてもらおうと

いう目的で実施していますので、

制服着用での受験となります

毎年うっかり私服で来て動揺してしまう生徒が

いるのですが、今年はどうでしょう?

 

 

会場模試については次回また告知します

もちろん外部受験もです

16:04 | カテゴリー: 中等部・小学部

2017.11.24

高1・高2生は志望校決定を早めに!

こんにちは,沖縄本校,読谷校で英語を教えている安里です。

 

 今日は,「高1・高2生は志望校決定を早めに!」について書きます。

 

なぜか。それは,簡単に言えば志望校決定が早ければ早いほど,本当の受験勉強が始まり,より合格が近くなるからです。

 

 そのためには,まだ志望校を決定していない場合は,初めはおぼろげでいいので,将来やりたいこと,やりたい仕事について,積極的に動いて考えてみたらいいと思います。

 

例えば,学校の進路指導部に行って資料を読んだり,沖ゼミのアドバイザーにアドバイスを求めたり,ネットで調べたりとか,自分がやりたいこと,やりたい仕事,そしてそれが実現できる大学,学部学科をいろいろ調べて,考えてみる。

 

まだ決めていないというのは,実はまだ先の話だからまだ「決めないことに決めている」ということであるかもしれない。

 

志望校が決まって,本当の受験勉強が始まり,本気になるし,そしてより合格に近づいていきます。

 

まだ決めていなければ,志望校決定に関係するいろいろなことを積極的に調べて,志望校を早めに決定しよう。

16:24 | カテゴリー: 沖縄本校・普天間校

2017.11.21

夢を叶える為のほんとうの秘訣とは

験者が行う荒行「千日回峰行」をご存知ですか、急斜面の山中を1日当たり48km走破し年間120回9年をかけ、1000日間走破し続ける修行です。あまりの厳しさゆえに、1300年の歴史の中でたった一人しか達成できませんでした。

しかし平成11年に、二人目の達成者が誕生しました。当時は大きなニュースとなり一躍時の人になったのが塩沼亮潤氏です

そもそも修験道とは日本古来の山岳信仰と密教・道教などが結びついて平安末期に成立した宗教で霊験を得るための山中の修行と加持・祈祷・呪術儀礼を行います。

夢を叶えた塩沼亮潤氏は自身の講演会で「私は険しい山道を登りながらまた闇の中を走りながらいつも三つの言葉(感謝・反省・敬意)を暗唱していました」と語っていた。

驚くべきことに偉業達成の秘訣はただそれだけらしいのです。

ところで「感謝・反省・敬意」この三つの言葉はそのまま受験生の心に梵鐘のように響きませんか。 

 

感謝(自分の周りにいるすべての人に感謝する)大学進学率30%代の中で受験させて頂くというありがたさ。さらに予備校に通わせていただいている親の優しさ。学校の先生・講師の真剣な指導。

 

反省(必死に勉強しているのか?)授業の復習をせずに夜動画ばかり見ていませんか。授業で別の事考えていませんか。真剣に問題に取り組んでいますか。テレビドラマ欠かさず見ていませんか。自分は常に正しいと思っていませんか。

 

敬意(自分の周りにいるすべての人に敬意を払う)分のクラスメイトに敬意を払っていますか。親・先生・講師を軽んじていませんか。自分の成績があがらないことを他人のせいにしていませんか。

 

本番まであとわずかです、黙々と修行(勉強)をこなし悪縁悪習を断ちきって夢を実現しよう。

 

社会科 田仲。

15:15 | カテゴリー: 那覇本校

2017.11.21

残り55日

沖縄本校受付、野原です

時の流れは早いですね・・・

新学期から既に半月以上過ぎ11月後半になりました。

あまり勉強出来てなかった人は、後悔するのはまだ早い!

出来てなかった点を反省してスグに勉強に取りかかりましょう

 

頑張ってきた人は、疲れがピークになる頃ですが、そのままの

勢いで集中して頑張って下さい

 

朝食は、しっかり食べましょう!

炭水化物を除いたような食事では、脳が働きません。

1日のリズムを作り出し、勉強しても疲れない脳のスタミナや

勉強意欲を生み出す米には記憶力を高めるフォスァジルコリンが

ふくまれているので朝食は、まさに受験勉強の決め手と言えます。

体調も崩しやすい時機(季節)になってきているので、体調管理に

気をつけ羽織るものやマスク等を常備して下さい。

 

みなさんセンターまで悔いのないよう

受験勉強1日1日の時間を大切にして

残り55日ゴーゴーですよ~(笑)

 

14:37 | カテゴリー: 沖縄本校・普天間校

1 2 3
各種申込
資料請求
体験授業
お問合せ

Page Top